ログリー(6579)とコーア商事ホールディングス(9273)初値予想暫定記事になります。ログリーは人気がかなりあるということぜひ当選したい銘柄です。事業は「ネイティブ広告に特化したインターネット広告配信プラットフォーム「logly lift」のサービス提供」となっており急成長が見込める案件です。上場による資金使途も自社開発の「logly lift」に使われ、新機能追加開発費用へと回すようです。


ログリーの主幹事はSMBC日興証券なので私はインターネット抽選になります。公開株式数は448,900株でオーバーアロットメントは67,300株になり、市場から吸収する金額は約8.7億円です。仮条件は6月04日なので少し増額される可能性があります。売上が急成長している企業なのでこれからの期待も高いはずです。

ログリー(6579)初値予想暫定


キーワード的にも「ビッグデータ」や「アドネットワーク」と言った言葉が出てきておりIPOでは特に人気の部類です。同社はただのインターネットプラットフォームではないためその辺りが評価につながっているようです。ネットで気になることを探しているとマッチングした広告が出てくるサイトもあるため時代は進化したな~と思います。


初値予想3,800円~4,300円


大手初値企業の数値も良いですが、将来性があることからPER100倍も1年後には達成か?といった期待もあるようです。PERを参考までに計算してみると想定発行価格1,680円ベースで26.43倍となります。上値はかなりありそうなため上場当日の初値形成は難しいように思います。頑張って当選狙いで抽選に参加しましょう!


ログリーIPOの詳細は下記の記事からご確認ください。仮条件発表後にサイド情報を追記します。

⇒ ログリー(6579)IPO新規上場と初値予想


コーア商事ホールディングス(9273)初値予想は人気なのか検証

コーア商事ホールディングスの初値予想はそれほど期待値が高くないようです。東証2部でニッチな銘柄なので評価が低いようです。2018年6月決算の業績は減収減益になるようなのでそのあたりも影響がありそうです。販売先大手の日医工(4541)との提携はありますが、減益なのはなかなか評価しずらいですよね。


コーア商事IPO初値予想


主幹事は三菱UFJモルガン・スタンレー証券になります。公開株数は369,600株、オーバーアロットメントは55,400株、上場に際し市場から吸収する金額は仮条件の2,590円~2,670円の上限算出で約11.35億円となります。想定発行価格は2,590円だったので主幹事は強気で攻めているようです。


日本ではジェネリックを進めているため同社も恩恵を受けると思われますが、追い風とまではいかないようです。高齢化社会のピークは2040年と言われており、まだ先は長いため最終的には追い風かもしれませんが、上場時点ではそれほど評価が高くないようです。


初値予想2,800円~3,200円


同日上場が3社あり一番選ばれない銘柄になるのは間違いないでしょう。しかし考え方を変えてみると、残りの2社は上場当日に初値つかずになることが予想されコーア商事ホールディングスに資金が回ってくる可能性もあります。上場当日は1時間でもいいので買い需要が集まればもう少し高い初値も期待ができるかも?と思っています。


初値が低ければセカンダリー期待も多少できそうですが、他の銘柄が売買開始になると資金が逃げていく可能性もあります。個人投資家からはあまり注視されないでしょうが個人的には狙いに行きます。他のIPOに当選するならいりませんが、あまり人気がない銘柄の申込みをしないと当選歴が増えない事情があります。IPOブログ運営者は参加でしょうか。


コーア商事ホールディングスの詳細記事は下記でまとめています。項目ごとにまとめているのでよかったら参考にしてください。

⇒ コーア商事ホールディングス(9273)IPO新規上場と初値予想


PERを計算してみるとEPS246.24算出で約10.84倍となります。また配当が70円出ることになっているため利回りを計算すると約2.62%となります。悪くありませんが、業績見通しが減収減益なのは痛いですね。IPOに参加される方は自己責任でお願いします。


コーア商事ホールディングスと同日上場の銘柄は下記関連記事に掲載しています。銘柄名はZUUとSIGになります。こちらは全力参加間違いないでしょう。


ログリー(6579)IPO主幹事なんです! 【私はネット口座だけで当選しています】
⇒ SMBC日興証券公式サイト