ライトアップ(6580)の初値予想暫定記事になります。個人的に気になっている銘柄なのでIPOチャレンジポイントを使うのか悩んでいます。皆さんもそうだと思いますが、前回のエヌリンクスのような微妙な結果は何ともいえません。ポイントボーダーラインがあらかじめわかれば良いのですが今回も微妙かもしれません。


人気があるのか無いのかと言えば、人気はあります。主幹事はSBI証券が務め、公開株数710,000株でオーバーアロットメント71,000株となっています。本日、東証から発表された仮条件は2,660円~2,820円となり想定発行価格2,570円から大きく上振れしています。上場による市場からの吸収額も約20.1億円から約22億円と1.9億円増えています。


ライトアップ(6580)の初値予想暫定


事業は、「コンサルティング・研修サービスの提供、ITツール等の商材の卸売、Webコンテンツ制作」を行っており、中小企業向けの経営改善サービスによる売り上げが多いそうです。経営課題解決エンジンであるJエンジンを開発し年間1,517社にコンサルティングや企業内研修を提供しています。また、登録会員はWeb経由で累計1万2,650社 、勉強会経由累計4万2,533社と規模も大きいものになっています。


ブックビルディングには強気で攻めて問題なさそうです。株数もそれなりにあることから当選を狙える可能性はあります。ベンチャーキャピタルのロックアップが1.5倍なので4,230円あたりで初値形成意識となりそうです。SBI系のベンチャーキャピタルが多いため初値段階では売ってこない可能性も?株数的には180,000株になるようです。
オプトホールディングも1,072,800株あり、ロックアップ1.5倍で解除されるようです。


初値予想3,500円~4,000円


仮条件が引き上げられ今後予想が上向く可能性はありますが、SBI証券のIPOチャレンジポイントを使うと300株セットの可能性があり、ざっくり計算で42万円程度の利益が見込めそうです。あとはIPOチャレンジポイントが何ポイントなのか?
これから考えないといけませんが迷いますね。


上場日程を考えると前日のSIG(4386)やZUU(4387)の初値持越しも考えられます。そうなれば分が悪いですね。ただセカンダリーで株価が上昇するときにまだライトアップの初値がついていなければ買い需要が増加しそうです。空想の範囲ですがこれも楽しみの一つです。


参考値としてPERは28.4倍、PBRは6.3倍あたりになります。
2019年3月単独の業績予想は売上5.7%増、経常利益5.2%減と増収減益見込みとなります。上場による効果も今後出てくると思うため業績の上方修正期待も?あるかもしれません。ライトアップの詳細は下記記事から確認ができます。

⇒ ライトアップ(6580)IPO新規上場と初値予想


IT関連企業なのでIPOでも人気となりますが、上場規模が少し大きいため初値が伸び悩む可能性があります。マザーズで同様に規模が大きかったSOU(9270)は大きく株価を伸ばしているため同社にも期待したいですね。IPOチャレンジポイントを300ポイントつぎ込むのはどうでしょうか・・・


続くSBI証券主幹事はエーアイ(4388)とパデコ(7032)ですよね。使うならライトアップだと思いますが、本当に悩みます。今回のIPOラッシュで使わなければ多分11月あたりまで使えない可能性もあります。ボーダーラインは何ポイント?


ライトアップ(6580)IPOなどの主幹事です! 【IPOを始めるなら口座は絶対に必要です】
⇒ SBI証券公式サイトへ