ライトワークス(4267)の抽選結果がわかりました。主幹事で取れないと厳しいと考えています。公開株数が少なく当選者は売渋りを行う可能性もあると考えています。


中堅証券が主幹事のため微妙な評価になりますが公募組は利益が見込めそうです。コロナ禍によりテレワーク需要も増え同社業績は増収増益傾向にあります。


ライトワークスIPOの抽選結果


2022年のIPOがこれから始まるため初動が肝心です。Recovery Internationalやセイファートの初値が今後を左右しそうです。


今年も1号案件で利益で出るような相場環境だと良いのですが、新興市場の下げが止まらず市場コンセサンスは意見が分かれているようです。


ライトワークスの場合は需給逼迫となる予想が出ているため期待できそうです。


2023年1月期の決算予想はまだ出ていませんが2割成長の期待が見込まれているようです。DXに取り組み企業からの需要が旺盛のためニーズが高まっていると観測されています。


地合いが悪くなければ初値3倍も見えたIPOなのかもしれません。


ただ現実は政権が変更になり株価下落が止まらず投資家は冷ややかな目で見ているようです。思うことはそれぞれあると思いますが、最近の株式市場は厳しい環境だと感じます。


ライトワークス(4267)IPOの公開価格が決定しました

公開価格は仮条件上限の2,100円に決定しました。


ブックビルディングは申告された総需要株式数が公開株式数を十分に上回る状況だったそうです。需要の価格毎分布状況も仮条件上限に集中していたとあります。


また、幹事引受け価格は1,932円に決定しています。


ブックビルディングの状況は問題なさそうです。人気が見込めるテーマを事業にしているため需給不安はありません。


業績や事業内容などは下記記事でまとめています。初値予想第1弾も掲載しています!

ライトワークスの上場データと初値予想を考察


ライトワークス(4267)IPOの幹事別抽選結果はこうなりました!

ライトワークスIPOの抽選結果を確認してみました。このクラスで当選できれば利益が転がり込んでくると言っても良さそうです。


幹事名抽選結果
エイチ・エス証券(主幹事)落選
SMBC日興証券落選
SBI証券落選
岡三証券落選
東洋証券口座なし
楽天証券抽選待ち
マネックス証券落選


ライトワークスIPOの抽選結果は落選


公開株数が32万株しかないため激戦です。OAを含めても36.8万株ですからね。当選できるほうが奇跡に近いかもしれません!


さらに主幹事がエイチ・エス証券のためネット組はほぼ全滅でしょう。店頭配分が基本ですからね。


仕方がないため次のIPOを狙いたいと思います。


2022年に入り当選できたのはRecovery Internationalだけなので公開価格割れしなければ嬉しいです。市場の雰囲気がなんか怪しいですよね。


ライトワークス(4267)IPOの最新の初値予想は?

最新の初値予想を確認してみました。予想値は良いため当選者が羨ましいです。


最新のIPO初値予想


最新の大手初値予想は2,800円~3,000円となっています。第1弾が5,000円~8,000円予想だったためもしかしたら3,000円以上の初値が期待できるかもしれません。


投資家のノリが初値に影響されると思います。上場規模が小さいため短期間でも祭り化すれば面白いと思います。


続くIPOに大きな影響を与えるため初値上昇が好ましいです。そしてセカンダリーに続けば嬉しいです!!


セカンダリーが長く続かなくても高値を狙えるのであれば初値は上昇するはずです。FOMCも通過したため投資市場が落ち着けばいいのですが、その他の問題も多くあります。


類似企業のカオナビ(4435)やスタメン(4019)などを確認するとPERが高いため、もしかしたらライトワークスも期待できるのでは?と思う気持ちもあります。ちなみにライトワークスのPERは44.7倍です。


配当が14円出ますが1月本決算なので上場時は関係がありません。上場日は2月09日ですからね。


バンカーズの口座開設で2,000円分の楽天ポイントが貰えるタイアップを行っています。よかったら頂いてください。


私は本日、投資キャンペーンで楽天ポイントを1,000円分頂きました。Amazonギフト券も数千円分貰えると思います。キャンペーンに参加したら4等が当選していたためただ貰いです。


頂けるものは全て頂いておきましょう。今まで数万円分貰ったかもしれません!


上場企業に投資できるFundsのスキームが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)代表にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・口コミを徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは魅力的です!!