L is B(エルイズビー)[145A]IPOの初値予想と幹事割当数などを評価したいと思います。現場DX関連株になり新味はあまりないようです。


同日上場が4社となっていることで資金分散の懸念があります。大手の初値予想上限は2倍超となっていますがそこまでは厳しいかもしれません。


L is B(エルイズビー)[145A]IPOの評価


項目株数データ
想定価格920円
仮条件3月07日
公開価格3月14日
公募株数800,000株
売出株数654,500株
公開株数(合計)1,454,500株
オーバーアロットメント218,100株
幹事団野村證券(主幹事)
SBI証券
岡三証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
あかつき証券
水戸証券
東証証券
むさし証券
委託見込SBIネオトレード証券
岡三オンライン
DMM.com証券


同社はフィードワーカー向けビジネスチャットを提供している企業です。


対象となる業種は建設業、流通小売業、インフラ業、運輸・交通業等になるそうです。


類似企業だとサイエンスアーツ(4412)が参考になると観測されています。サイエンスアーツは上場時に盛り上がったため同社も少し期待できるかもしれません。


想定発行価格920円による吸収金額は約15.4億円、時価総額は約45.6億円になります。


黒字転換したばかりなのでPERが割高となっているようです。来期期待の銘柄でしょうか。


一時期人気だったSaaS形態になりますがあまり意識されているようには感じません。業績規模も小さく安心できる業績とは言い難いですからね。


L is B(エルイズビー)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。初値持越しの勢いはなく最大で公開価格2倍程度の期待値となっているようです。


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想1,500円~2,000円
※注目度B


3月のIPOラッシュに突入し同日上場が4社となっているため少し心配します。


公開価格割れはないと思いますが他の銘柄よりも資金流入が少ない可能性がありそうです。個人投資家主体のIPOになりそうですからね。


同社の事業内容や上場承認時のデータは下記記事でまとめています。

「IPO承認」L is B(エルイズビー)[145A]の上場データと初値予想を考察!


L is B(エルイズビー)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事は野村證券が単独で引き受けます。


幹事名割当株数引受割合
野村證券(主幹事)1,316,800株90.53%
SBI証券72,700株5.00%
岡三証券14,500株1.00%
岩井コスモ証券14,500株1.00%
マネックス証券7,200株0.50%
あかつき証券7,200株0.50%
水戸証券7,200株0.50%
東証証券7,200株0.50%
むさし証券7,200株0.50%


野村證券主幹事なので当選確率は低そうです。1単元あたり公募組は5万円利益でも嬉しいため申込み忘れのないように頑張りましょう。


ブックビルディングが重なると申込み忘れしがちですからね。


セカンダリーは他の銘柄次第だと思います。先に上場するセカンダリーが弱いと同社の初値に影響があると思います。


kimukimu

また、2023年12月期の売上はストック93.7%、プロフェッショナルサービスその他6.3%となっています。



未上場企業への投資に興味がある方はファンディーノがお勧めです。投資しなくても口座開設でアマギフ1,000円分をプレゼントしています。


口座開設しないと見れない情報があるため興味があれば面白い投資先だと思います。詳しい内容は下記記事でまとめています。




L is B(エルイズビー)IPOの業績予想と抽選参加スタンスまとめ

最新の業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。


結局、2024年3月上場分のIPOはどれも初値が高くなると予想が出ているため申込んでおいてよさそうですね。


L is B(エルイズビー)[145A]IPOの業績予想
※エルイズビー公式サイト引用


業績を確認すると2024年12月期の単独予想を確認することができました。それによれば売上16.64億円となり前期12.79億円から30.10%増、経常利益1.32億円となり前期0.32億円から312.5%増となります。


四半期利益は1.06億円となり前期0.46億円から130.43%増となる予想が出ています。


想定発行価格920円から指標を計算するとEPS22.28からPER41.29倍、BPS284.41からPBR3.23倍になります。


直近の第三者割当増資の発行単価が1,500円となっていることでこの辺りまでは期待できるようです。


kimukimu

ただしベンチャーキャピタル(VC)のロックアップは発行価格の1.5倍以上で解除されます。頭に入れておきましょう。想定発行価格920円の1.5倍は1,380円です!



バンカーズに投資すると選べるe-GIFTがたくさん貰えます!


30万円投資で2,000円分、50万円投資で4,500円分、100万円投資で7,250円分になります。最大だと120万円分以上の選べるe-GIFTが貰えます。資金力勝負のキャンペーンだと思います。


詳しい内容は下記記事にまとめています。公式サイトだと「Bankersノート」の項目に書かれています。


上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフトカード1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じて最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。