グリーンモンスター(157A)のIPOがグロース市場に新規上場承認されたのでご紹介したいと思います。投資を無料アプリで体験(学習)できるサービスを提供している企業です。


主幹事はみずほ証券が務め公開株数1,000,000株、オーバーアロットメント150,000株です。上場規模は想定発行価格920円から計算すると約10.6億円になります。


グリーンモンスター(157A)IPOが上場承認
※グリーンモンスター公式サイト引用


IPO地合いが良いため、新味がなくても意外と人気があるかもしれません。


株高や円安などが続き投資をしたいと考える方が多くなっています。上場タイミングはバッチリだと思います!


また、新NISA(少額投資非課税制度)が2024年1月から始まり収益も期待できそうです。既に同社サービスを利用している方も読者の方にいると思います。


政府が決定した「資産所得倍増プラン」も追風です。


何時まで株高が続くのかわかりませんが株価が高いうちは業績期待ができるためIPOでも注目されそうです。同社は投資家デビュー支援市場の中でライト層をターゲットとしているそうです。


グリーンモンスター(157A)IPOの上場基本データと引受幹事について調べました

項目上場基本データ
上場日3月29日
市場グロース市場
業種サービス業
事業内容体験型投資学習支援事業
ブックビルディング3月13日~3月19日
想定価格920円
仮条件920円~980円
公開価格980円
初値結果1,700円(公開価格1.73倍)
企業情報https://greenmonster.co.jp/
監査人太陽有限責任監査法人
手取金の使途
  • 採用費及び人件費
  • システム開発費
  • 広告宣伝費


項目株数データ
公募株数750,000株
売出株数250,000株
公開株数(合計)1,000,000株
オーバーアロットメント150,000株
上場時発行済み株数3,190,000株
※公募分を含む
想定ベースの時価総額約29.3億円
幹事団みずほ証券(主幹事)
楽天証券
松井証券
マネックス証券
SMBC日興証券
SBI証券
岡三証券
極東証券
委託見込岡三オンライン
DMM.com証券


グリーンモンスター(157A)の事業内容と上場に伴う評判を考察してみました

想定発行価格920円を基に吸収金額を算出すると約9.2億円となり、オーバーアロットメントを含めると約10.6億円規模の上場となります。


同社グループは、グリーンモンスターと連結子会社の株式会社FPコンサルティングの計2社で構成されています。


主要事業として「FX」「株式投資」「資産形成」について、座学ではなくゲーム感覚のデモトレードやシミュレーションを通して体験型で学習できるスマートフォン向けアプリの開発・運営を行っています。


また、株式会社FPコンサルティングの主要な事業として、法人・個人向けに金融教育やライフプランニングの提案、住宅購入、相続対策のアドバイス等のファイナンシャルプランニングサービスを提供しています。


グリーンモンスター(157A)の業績
※有価証券届出書引用


ユーザー向けには無料でアプリを提供しています。


同社アプリを介して証券会社やFX会社の口座開設がなされた場合、アフィリエイト・サービス・プロバイダー(ASP)を介して成功報酬を得る仕組みになります。


アフィリエイトとは成果報酬型広告のことを指し、広告主が期待する成果が発生したことを広告主により承認された場合に、アフィリエイト広告を掲載する媒体が、ASPを介して成果報酬を受領する仕組みの広告形態です。


ASPは証券会社・FX会社から広告費を受領して口座開設数増加のための広告運用を行っています。


グリーンモンスターIPOの経営戦略
※有価証券届出書引用


同社主要アプリのユーザー獲得経路は主に動画広告による流入となっています。


安心して投資家としてデビューしていただくため、デモトレードやコラム等の学習コンテンツの充実により学習効果向上を図っているそうです。


証券会社・FX会社にとっては、同社アプリで投資学習を行ったユーザーの流入により、一般的なWeb検索やアフィリエイトからの流入と比較して投資に積極的な顧客を獲得することで広告効果の向上が見込まれるそうです。


グリーンモンスターIPOの販売実績と取引先
※有価証券届出書引用


この他、連結子会社で法人・個人向けに金融教育やライフプランニングの提案、住宅購入、相続対策のアドバイス等のファイナンシャルプランニングサービスを提供しています。


特に法人顧客においては、所属する従業員の「ファイナンシャルウェルビーイング」の一環として、「おかね」についての不安をとりのぞくため、


法人ごとのニーズや制度に沿ったオーダーメイドセミナー、独自のeラーニングシステムを利用したオンライン研修、従業員個別の相談サービス等を提供しています。


グリーンモンスター(157A)の株主状況とロックアップについて調べました

会社設立は2013年7月29日、東京都渋谷区富ケ谷一丁目3番8号第22SYビルに本社を構えます。社長は小川亮氏(1978年9月10日生まれ)、株式保有率は46.76%(1,290,000株)です。※資産管理会社保有分は除く


従業員数36人で臨時雇用者0人、平均年齢33.6歳、平均勤続年数2.2年、平均年間給与5,843,000円です。連結従業員数は39人です。


連結のセグメントは投資学習支援事業の単一セグメントになります。


氏名又は名称所有株式数(株)所有株式数割合(%)ロック
小川 亮1,290,000株46.76%
WMグロース4号投資事業有限責任組合670,000株24.28%
藤沢 亜理沙316,400株11.47%
中村 直樹180,000株6.52%
久保 ひふみ110,000株3.99%
株式会社KINOCOS40,000株1.45%
Don’t Look Back in Anger株式会社30,000株1.09%
※株主上位7名の状況、△表示は新株予約権を表します


上位株主には180日間(2024年9月24日まで)のロックアップが付与されています。ロックアップ解除倍率の記載は目論見にありません。


WMグロース4号投資事業有限責任組合と久保ひふみ氏には90日間(2024年6月26日まで)のロックアップ付与、ロックアップ解除倍率が発行価格の1.5倍以上となっています。


上場前の第三者割当等による新株予約権の割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っています。


親引けはありません。


グリーンモンスター(157A)IPOの初値予想と幹事引受け株数をチェックしました

大手初値予想は仮条件発表後に掲載を予定しています。しばらくお待ちください。最新業績予想の他、仮条件発表後のPERやPBRなども後日追記します。


仮条件が920円~980円に決定し上場による吸収金額は最大で約11.3億円、時価総額は約31.3億円になります。


個人投資家主体の売買となる見込みのためVCにはやや警戒が必要です。


ベンチャーキャピタル保有株は公開価格1.5倍以上で売却可能となっていますが1社しかないため売り急ぐことはなさそうです。高値で売却してくると考えられ一度に大きな売り玉は出てこないかもしれません。


大手初値予想1,500円~2,000円
修正値1,700円~2,000円
最終予想2,000円

※注目度B


業績を確認すると2024年6月期の連結予想を確認することができました。売上20.71億円となり前期比21.04%増、経常利益3.23億円となり前期比91.12%増となります。


四半期利益は2.13億円となり前期比76.03%増を予想しています。


公開価格が980円決定の場合の指標はEPS81.15からPER12.08倍、BPS469.64からPBR2.09倍になります。配当や株主優待の設定は現時点でありません。


成果報酬型広告(アフィリエイト)を行っている企業は各社苦戦していると言われていますが同社の業績は好調です。広告規制強化などは気になります。


上場タイミングも良いと観測され高い初値が期待されています。市場環境に影響されやすいビジネスモデルなのは覚えておきましょう。


kimukimu

株高や新NISA効果で直近の業績に期待でき話題性もありそうです!



幹事名割当株数引受割合
みずほ証券(主幹事)850,000株85.00%
楽天証券50,000株5.00%
松井証券50,000株5.00%
マネックス証券30,000株3.00%
SMBC日興証券10,000株1.00%
SBI証券5,000株0.50%
岡三証券2,500株0.25%
極東証券2,500株0.25%


2024年3月はみずほ証券主幹事のオンパレードのようです。ただ当選しにくいため悩みものです。ネット組は申込続けるしかありません。


店頭組は担当者経由で申込めば何か貰えるのでは?と思います。積極的に手数料を落としている方は複数銘柄の配分がありそうです。


また、最近思うことですがみずほ証券と楽天証券は仲良しですよね。楽天証券HDの出資比率51%が関係していそうです。


kimukimu

楽天証券がこれまで引受幹事上位になることはあまりありませんでした。これからIPOでは必要な証券会社になるかもしれません。口座だけ開設している方は多いでしょうけどね。



株高で何に投資していいのかわからない方でロボアドバイザーに興味があればROBOPROがお勧めです。


ほったらかしでETF投資ができます。金融庁が公表したロボアド過去3年のパフォーマンスがNO.1になりました。※記事作成時点


公式サイトには2023年11月末までの成績でプラス64.15%と表記があります。SBIグループなので安心だと思います。




上場企業のCREAL(クリアル)から当サイト特典を付けていただきました。投資家登録だけで1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントしています。


投資を行うと最大5万円分なのでお得です。詳しい内容は下記記事でまとめています!


上場企業なので四季報なので業績を確認しながら投資できるため安心できます。業界では珍しく信託銀行経由の信託保全、そして劣後出資とマスターリース等も行います。




類似企業のPERやPBRを調べました

類似企業とPERやPBRは仮条件発表後に記載したいと思います。


類似企業PER
PBR
ディー・エヌ・エー(2432)PER-倍PBR0.67倍
アドウェイズ(2489)PER30.41倍PBR1.23倍
東京通信グループ(7359)PER-倍PBR6.04倍
※2024年3月13日の株価基準

ストックオプションの株数や発行価格を調べました

ストックオプション行使期間株式の数発行価格
2021年11月29日~2029年11月28日180,000株186円
2022年4月01日~2030年2月28日24,000株185円
2022年9月01日~2030年7月31日27,500株185円
2023年10月01日~2031年8月31日21,800株370円
2024年10月01日~2032年8月31日22,000株370円
2025年10月01日~2033年8月31日43,700株600円


ストックオプション(新株予約権)は253,300株が上場時に行使期限を迎えます。


発行済株式総数3,190,000株に対する新株予約権の割合は10.0%に相当します。新株予約権による潜在株式数は319,000株です。自己株式を除く場合は13.07%になります。


グリーンモンスター(157A)IPOの評価と申し込みスタンス!まとめ

グリーンモンスターのIPOは積極的に抽選に参加しておきましょう。


公開株数が100万株を超えるため他の銘柄よりも当選確率は高いと思います。落選当たり前で申込みましょう!


グリーンモンスター(157A)IPOのまとめ
※グリーンモンスター公式サイト引用


テレビでも投資セミナーが活況だと言っています。そのため同社サービスも人気が見込めます。


目論見によれば2023年の調査で、特に20代・30代・40代では約70%が「今後の資産運用意向がある」と回答したそうです。


また、グリーンモンスターのユーザーの約8割が投資未経験者だそうです。男性割合は67.2%で女性は32.8%だそうです。


kimukimu

国民の75%が投資をしていないそうなので勿体ないと思います。投資をすればリスクもありますが儲かるチャンスも同時にありますからね。

私は自己レベルを引き上げれば儲かると考えています!!




クラウドバンクに1万円投資したら2,500円分の楽天ポイントが貰えます。最大4,500円分なのでお得です。


私が初めて投資したクラファンになり今でも投資しています。毎月分配金なので運用金額が大きくなればお小遣いになります。入出金も無料にできます。


詳しい内容は公式サイト、又は下記記事を参考にしていただければと思います!


上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフトカード1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じて最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。