カラダノート(4014)IPOの初値予想と幹事割当数などを今回も自己評価したいと思います。上場前の抽選参加スタンスや業績予想などについても調べています。


既にネットで盛り上がっているようにロコガイド代表取締役の穐田誉輝氏がカラダノートの株主になっています。しかも19.01%を保有する大株主です。株数は100万株保有していることから将来の売り圧力になる可能性があります。


しかし、既に株主名簿に名前がある時点でカラダノートIPOへ投資家の期待が向かっているようです!株価も手掛けやすい水準のため初値に期待できそうです。


カラダノート(4014)IPOの初値予想と幹事割当


項目株数データ
想定価格430円
仮条件10月07日
公開価格10月16日
公募株数1,000,000株
売出株数499,000株
公開株数(合計)1,499,000株
オーバーアロットメント224,800株
幹事団みずほ証券(主幹事)
SBI証券
SMBC日興証券
マネックス証券
いちよし証券
岡三証券
東洋証券
楽天証券
委託見込岡三オンライン証券
ライブスター証券
DMM.com証券


事業は妊娠育児ママ層向けのアプリ提供をメインに行い、自社コンテンツ等へ応募するとプレンゼントが貰える「アンケート付キャンペーン」に誘導後、個人情報を預かり、そのデータをもとにユーザー(妊娠育児層の母親)のニーズに沿ったサービスを提供しています。


そして蓄積されたデータをもとに保険や食材宅配、幼児教育に関連した商品を登録者に勧めています。


アクティブファミリーデータベースは約80万世帯に達し、登録者がこれからも増え続ける見込みとなっています。取得した個人情報をユーザーのライフステージに合わせ、ニーズと合致するようなタイミングで電話やメールなどで勧誘を行っています。


また、中高年向けの健康アプリとして「血圧ノート」「お薬ノート」「通院ノート」などの提供も行っています。


少子高齢化の影響などはあると思いますが、どうやら業績よりも穐田誉輝氏が絡んでいるため上場後の値動きに期待する流れになるようです。


ちなみにロコガイド(4497)は2020年6月24日に上場し、公開価格2,000円で初値4,605円の結果が出ています。現在2020年10月05日の株価は5,200円あたりを推移していることから強烈に人気があると考えられます。


カラダノートの業績は売上が増加している割に利益が横ばい水準のようです。ただ2021年7月期の業績予想を確認すると利益が大きく伸びると予想されています。


岡三オンライン証券でカラダノートIPOの取扱いが発表されました。またプレミアアンチエイジングも抽選が行われるそうです!IPO抽選ルールは下記記事でまとめています。


 

カラダノート(4014)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値なので、投資家のブックビルディングスタンスにも影響を与えると考えています。


IPO初値予想


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想1,700円~3,000円
修正値2,000円~2,500円

※注目度A、修正値は10月09日に追記


想定発行価格430円から大手初値予想上限3,000円と考えた場合は初値倍率6.98倍にもなります。IPO需要が見込まれているため仮条件引上げも十分考えられると思います。


某社によれば需給がひっ迫する期待があるそうです。大株主の穐田誉輝氏にはロックアップが掛かっていませんが、上場時に売却する可能性は低そうです。ロコガイド上場でも大きな資金を得ていますからね。


もっと詳しく知りたい
カラダノートの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。
カラダノート(4014)IPO上場承認と初値予想!妊娠育児のテーマで爆益か

Twitterでも情報発信しているのでよかったら参考にしてください。IPOの情報共有の他、POや立会外分売などの投資スタンスにも利用しています。


カラダノート(4014)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

カラダノートの幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事はみずほ証券になります。


株数がオーバーアロットメントを含め1,723,800株あるため当選が狙えると考えています。1回の当選で数十万円の利益は厳しいかもしれませんが、初値後に保有しておくと株価上昇の期待があるように思います。


どの銘柄もセカンダリーが賑わっているため、リスクが取れる方は面白そうです。確実に利益を得たい方は初値売却でしょう!


幹事名割当株数引受割合
みずほ証券(主幹事)1,274,700株85.04%
SBI証券89,900株6.00%
SMBC日興証券45,000株3.00%
マネックス証券29,800株1.99%
いちよし証券14,900株0.99%
岡三証券14,900株0.99%
東洋証券14,900株0.99%
楽天証券14,900株0.99%


みずほ証券から当選を狙いながら平幹事で申込を行っておきましょう。SBI証券の引受けが89,900株あるため単元株配分で899人が当選できます。


IPOチャレンジポイントを200ポイントくらい使えば当選できる気がしています。200ポイントで20万円抜けたら美味しいかもしれません!ただし考えることは皆さん同じかもしれませんね。


ポイントインフレ状態になる前に使ってしまうのもありでしょう。SBI証券のIPO抽選ルールは下記記事でまとめています。




カラダノート(4014)IPOの業績予想と抽選参加スタンス

カラダノートの最新業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。人気が見込めれば積極的に参加しIPOで利益を狙いたいと思います!


業績予想とBBスタンス考察



業績を確認すると2021年7月期の単独業績予想が確認できました。売上は8.56億円になり前期7.32億円から16.9%増、経常利益1.90億円で前期1.24億円から53.2%増の増収増益を見込んでいます。


四半期利益は1.26億円で前期0.83億円から51.8%増になるようです。これまでの利益横ばいが嘘のような利益になるそうです。アプリ開発の費用などがかさんでいたのかもしれませんね。


想定発行価格430円を基にPERを計算すると19.83倍、PBR3.11倍になります。配当や株主優待はありません。類似企業のPERは35倍~160倍あたりになるようです。※2020年10月05日計算


類似企業はカカクコム(2371)やWelby(4438)などがあてはまりそうです。


同社は「妊娠育児ママ層」をターゲットとしていることである程度絞られた領域になると思います。ただ上場後はヘルスケアアプリの充実化を行い、最終的には「孫育て世代の中高年」までサービスを拡大し、日本の全5,300万世帯で同社サービスが利用されることを目標としています。


それよりも「クックパッド」や「ロコガイド」を上場させた、エンジェル投資家でもある穐田誉輝氏が絡んでいることで売買が賑わいそうです。


エンジェル投資に興味がある方は、株式投資型クラウドファンディング(ECF)への投資を行ってみませんか?ユニコーンでは第9号案件の募集がもうすぐ行われます。詳しくは下記記事でまとめています。ガチガチのAI(人工知能)銘柄で主幹事も選定されているそうなので期待しています。


業績最大手はファンディーノになり、こちらでもECF投資が可能です。取扱い銘柄が多くどれに投資してよいのか悩む案件が多いです!


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!