IPOは儲からないというのは嘘だと思います。しかし今後儲からなくなる可能性はあると思います。現状は利益見込みが高いIPOを獲得すればリターンを得られます。


昔と異なり新しい投資が増えているためIPO(新規公開株式)に魅力を感じない方もいるようです。


IPO投資は儲からない?


「金融所得増税をする」と表現した岸田文雄首相の発言、さらに政府意見で「IPOの公開価格が安すぎる」問題など個人的には受け入れがたい事もあります。


その反動によりIPO市場はあまりよいとは言えない環境です。さらにウクライナ問題など世界が揺れているためIPO環境は悪化しています。


このままだとIPOで利益を得ようという考え自体が縮小する可能性があります。さらに初値が付いた後のセカンダリー投資も賑わいを取り戻せないと思います。


過去にはIPOに当選すれば100万円の利益が得られると言った銘柄も出ていましたが、今では夢の話です。


このままIPOに資金が流れない環境が続くようであれば、他の投資に資金が流れると思います。既に外人はIPOに資金を投入していない観測があるようです。


IPOが儲からない理由に追い打ちをかける事態が発生!?

IPOで利益を得るには証券会社の抽選に申込んで当選するだけです。ここ最近は資金不要で抽選に申込める証券会社も増えているため投資しやすい環境だと思います。


IPOが儲からない理由


しかし、資金不要で抽選に参加できる証券会社が増えることはデメリットになります。これまで資金を必要とする証券会社が殆どでしたが、入出金を行う投資家が多く証券会社も手数料負担など経費が発生しています。


そのためなのかもしれませんが、資金不要でIPO抽選に参加できる証券会社が増加しています。資金が乏しい方には嬉しい材料でも、これまで頑張ってきた投資家には残念な話です。


せめて重複申し込み可能のシステムであれば良いのですが、このままだとネット組は当選確率が今以上に落ちることになります。


しかもIPO人気が薄れているため初値倍率が低くなり、期待したような利益を得られなくなっています。この流れは個人的に良くないと思います。


儲からないと思う投資家はIPOから離れていくでしょう。株式利益にかかる金融所得課税も投資家に負担となり厳しさを増すでしょう。


現状は復興税を除いて20%となっていますが、30%という話も過去に出ています。30%も税金を払うのであれば株式投資から離れる方もいるでしょう。


富裕層であれば事業を起こし利益を得たほうが得かもしれません。


日本は何かおかしいですよね?と思うこともあります。税収が思うようにいかなければ増税という考えに疑問があります。日本に住んでいたら仕方ありませんけどね。


日本株は長期低迷から脱することができない

ここ数年、日本株よりも米国株に資金が流れています。証券会社も米国株が含まれた投資信託やETFを勧めています。


日経平均とNYダウ平均の30年比較
※auカブコム証券公式サイト引用


IPO人気に陰りもありますが、日本株と米国株式を比較すると上記のようになります。比較は日経平均とNYダウ平均をもとに作成されています。


比較表を見る限り日本株は駄目駄目です。


そんな状況でもIPOに関してはある程度のパフォーマンスとなっているため投資妙味がありました。


1年を通せば1回の当選で50万円~100万円程度の利益を得られる機会もありました。ただ直近のIPOは10万円~20万円得られれば良いほうです。


しかもIPOに当選するにも激戦が続いています。その割にリターンが少ない環境です。この状況はもうしばらく続くと考えています。


日本株は投資を行ってもデータ的に利益を得られる可能性は低そうです。米国株を見習ってほしいですよね。


日本の株価が上がらない要因と言ったレポートも見かけるようになりました。せめてIPOを行うタイミングくらい儲けさせて欲しいと願います。


IPOで利益を得るために行ったほうが良い事とは?

野村證券やみずほ証券では資金不要でIPO抽選に参加できます。中堅証券も資金不要でIPO抽選に参加できる企業が増えています。


そいうなると大和証券やSMBC日興証券も続くかもしれません。そうなればIPO投資は終わるでしょう。


IPO(新規公開株式)が終わる


これまでIPOに取り組んできた投資家は積極的にIPOを行わないでしょう。利益見込みが低いのであれば他の投資を選択すると思います。


暗号資産(仮想通貨)ではNFT人気が続いています。NFTでは様々なことができ投資の幅が広がっています。


暗号資産(仮想通貨)も課税区分が雑所得から変更されるようであればさらに資金が流入します。


クラウドファンディングもジワジワ人気が出てきています。こちらも課税区分が雑所得になるため投資を見送っている方が多いようです。


業界では課税区分の問題を把握しているため取り組んでいきたいと伺っています。


kimukimu

世界を見てもIPO投資はなくならない!?一時的に低迷している可能性



ただ現状はIPO投資が終わったように感じますが、低迷している状況を脱すれば再度盛り上がると思います。しかし、今回課題に挙げた資金不要でIPO抽選に参加できる企業の増加は懸念材料です。


支店で配分を受けている方のお話を聞く機会もありますが、これまでまとまった株数で配分があったけど「最近は厳しい」と感じている方が増えています。


もしかしたら支店でも配分傾向に変化があるのかもしれません。


IPOが儲からないのであれば支店で投資信託などの販売が縮小することも考えらえます。投資家も勉強しているため証券会社の利益も落ちる可能性があります。


店頭系の証券会社で金融商品を買うリータンとしてIPOを貰っていた方もいるようです。この流れが難しくなると投資家は資金を引き揚げるかもしれません。※抱合せ販売は違法です


IPOに限ったことでなくPO(公募増資)の配分にも最近は影響が出ているように感じます。富裕層でも配分が少なかったりする話が出ています。悪循環が続いている気がします。


スマホ証券と言われる証券会社も複数確認でき、益々店頭証券の利益が落ちる可能性があります。


「まとめ」IPO投資は儲からない?今後どうすれば良いのか考察

IPO投資で儲かるためには諦めずに抽選に参加することです。資金不要の証券会社が増えてもコツコツ申込むことが重要だと思います。


ある程度の資産を持っている方限定になりますが、他の投資と組合わせ利益を狙う方法にスイッチしたほうが良いと思います。


IPO投資は儲からない?まとめ


私は株式投資で負けた過去がありIPOを選択しました。ローリスクハイリターン投資になるためこれ以上の投資はないと考えました。


リスクが低く利益の大きさに驚愕したことを覚えています。IPO投資を16年~17年程続け得た利益は2,800万円以上になります。この他1,500万円程IPOで利益を得ていますが内容は公開していません。


未上場株式を得ることができ売却を行い利益が出ました。当時はNISAなどなくガッツリ税金を支払っています。


これからもIPO投資は行っていきますが、儲からない環境が来た場合は他の投資も同時に行うと思います。今でもクラウドファンディングには継続して投資を行っています。


kimukimu

未上場株式(非上場株式)への投資も人気が高まっているため、IPOが儲からないのであれば株式投資型クラウドファンディング(ECF)への投資も選択肢の一つになりそうです!



海外では投資先にECFを選択する投資家も増えていますが、日本ではこれからだと考えています。IPOがオワコンになるようであれば他の投資も真剣に考えたほうが良いでしょう。


ただ、IPOはある程度のサイクルで人気化します。今現在は低迷していますがそのうち盛り上がりを見せることもあると思います。


その時までじっと我慢を行い抽選に参加し続けましょう。確実なのはネットよりも店頭配分に期待できる現実が待っていると思います。


これまで甘い汁を吸ってきましたが考え方を改める時期がそろそろ到来しそうです!!


未上場株式の売買が行えるファンディーノさんで特典を付けて頂きました。口座開設だけでAmazonギフト券が1,000円分貰えます。


未上場株式の売買をネットで行える環境を整えた日本初の企業になります。私も利用している企業なので未上場株に興味があればお勧めします。


口座開設後にしか見れないデータもあります。詳しくは下記記事を参考にして頂ければと思います。


クラウドバンクを使った投資を6年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。