HEROZ(4382)IPOが東証マザーズへ新規上場承認されました。ホームぺーージを見た瞬間に藤井聡太棋士が思い浮かびました。これはなんだかビビットくるIPOですね。取引先には世界を先導するアップル(Apple)やグーグル(Google)、ポケモン、DNAの名前が出ています。今期の業績は急拡大となっているため期待したいIPOです!


HEROZ(4382)IPO初値予想と上場


上場規模は約7.2億円と小粒上場となっています。主幹事はSMBC日興証券で株数がオーバーアロットメントを合わせても20万株以下です。しかも株価設定が高いため初値2倍でも相当な利益となります。ぜひ欲しい銘柄です。AIやビッグデータ系のIPOは特に人気のため狙っていきましょう。


HEROZ(4382)IPOの詳細データ

項目上場基本データ
市場マザーズ
業種情報・通信業
事業内容人工知能(AI)を活用したインターネットサービスの企画・開発・運営
公開予定4月20日
ブックビルディング期間4月05日~4月11日
想定価格3,640円
仮条件3,940円~4,500円
公開価格4月12日
企業情報https://heroz.co.jp/


【手取金の使途】

差引手取概算額568,663千円及び本第三者割当増資の手取概算額上限86,096千円については、以下のとおり充当する予定であります。

① 高効率かつ安定的な機械学習アルゴリズムの開発を目的とした計算機クラスタ(複数の計算機を連携させて使用できるようにネットワーク接続した計算機群)の構築のための自社サーバの購入に係る資金として200,000千円(平成31年4月期:200,000千円)

② 機械学習や通信トラフィック増加に対応するための外部サーバ費用として266,000千円(平成31年4月期:66,000千円、平成32年4月期:100,000千円、平成33年4月期:100,000千円)

③ 高度なアルゴリズム開発のための技術研究に係る研究資金として45,000千円(平成31年4月期:15,000千円、平成32年4月期:15,000千円、平成33年4月期:15,000千円)

④ 今後のビジネス拡大のための優秀な新規エンジニア等の人件費及び人材採用教育費として111,000千円(平成31年4月期:39,000千円、平成32年4月期:72,000千円)

⑤ 当社サービスの知名度及び認知度向上のための広告宣伝費とし9,000千円(平成31年4月期:3,000千円、平成32年4月期:6,000千円)

なお、残額は自社サーバの購入、研究資金、人件費及び人材採用教育費、広告宣伝費の一部として平成33年4月期までに充当する予定です。また、上記調達資金は、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。


項目株数データ
公募株数172,200株
売出株数0株
公開株数(合計)172,200株
オーバーアロットメント25,800株
上場時発行済み株数3,333,839株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額約121.4億円
幹事団SMBC日興証券(主幹事)
マネックス証券
みずほ証券
大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 au カブコム証券
SBI証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
エース証券
岡三証券 岡三オンライン証券
極東証券


HEROZ(4382)上場評判とIPO分析

想定発行価格3,640円を基に吸収金額を算出すると約6.3億円となり、オーバーアロットメントを含めると約7.2億円規模の上場となります。


人工知能(AI)を活用したサービス展開し、個人向けには頭脳ゲーム等のアプリケーションとしてスマートフォンやタブレット端末上で展開し、企業向けには様々な領域における機械学習等のAIサービスとして提供している企業です。


HEROZ(4382)IPOの業績



同社が開発してきた「将棋ウォーズ」「Backgammon Ace」「CHESS HEROZ」といった頭脳ゲームに代表されるアプリケーションの開発を通じて、蓄積した機械学習等のAI関連技術は同社のコア技術になっています。一般社団法人「人工知能学会」の賛助会員として最先端の動向を把握するなど、AIを戦略的な重点分野と位置付け、ビジネスを行っています。


収益はAIサービスの使用料やスマートフォンアプリでの有料課金収入となります。AIは継続的にデータを入力し、その結果をフィードバックして機械学習を続けることにより、その精度が高まっていくという性質を持つため、同社のAIサービスを活用しているユーザーには継続利用するインセンティブが働くことになるそうです。


HEROZ(4382)IPO事業内容



事業はAI関連事業となりますが、ビッグデータと呼ばれる従来のデータ処理技術では処理することが困難であると考えられる膨大なデータ群から、機械学習等の技術に基づいて重要な示唆を導き出す技法「AI(BtoC)サービス」と将棋等のAI開発で蓄積したAI関連の技術を活用することにより、インプットとなるデータを変えることで頭脳ゲーム以外の問題を解決することが可能な「AI(BtoB)サービス」に分かれます。


AI(BtoB)サービスでは、金融等の各業界に当社AI基盤技術を複製してBtoB向けAIを提供しているそうです。収益構造については、AIの提供開始時において、顧客から初期設定フィーを受領し、その後、継続する顧客から月次で継続フィーを受領する収益構造です。何やら難しい話になっていますが、金融や建設、人材、品質管理、ロボット、エンターテイメントなど様々な領域で使えるそうです。


HEROZ(4382)IPOの取引先が凄い


将棋ウォーズというアプリが代表作となり会員420万人以上となっています。日本将棋連盟公認のアプリになります。人工知能アプリケーションもだんだんと増えていますが、AI領域はさらに加速化すると思われるためHEROZ(ヒーローズ)のような企業は注目されそうです。


HEROZ(4382)の企業財務情報と配当性向

回次第8期第9期
決算年月平成28年4月平成29年4月
売上高1,155,693877,623
経常利益又は経常損失△23,03594,352
当期純利益又は当期純損失△87,00794,062
持分法を適用した場合の投資利益
純資産額106,73374,795
総資産額464,301363,814
1株当たり純資産額33.3525.79
1株当たり当期純利益金額△27.1929.44
自己資本比率(%)23.020.6
自己資本利益率(%)103.6
株価収益率(倍)
配当性向(%)
営業活動によるキャッシュ・フロー△138,959111,250
投資活動によるキャッシュ・フロー△4,2992,527
財務活動によるキャッシュ・フロー170,000△171,000
現金及び現金同等物の期末残高261,989204,767
※数値は千円単位


第10期第3四半期累計期間(平成29年5月01日~平成30年1月31日)
売上高871,896千円
営業利益305,237千円
経常利益303,948千円
四半期純利益223,938千円


HEROZ(4382)従業員と株主の状況

会社設立は2009年4月30日、東京都港区芝5丁目31番17号PMO田町2Fに本社を構えます。
社長は林隆弘氏(昭和51年12月20日生まれ)、株式保有率は35.19%です。
従業員数は34人で平均年齢は33.8歳、平均勤続年数は3.1年、平均年間給与約4,521,000円です。臨時雇用者などはありません。


氏名又は名称所有株式数(株)所有株式数割合(%)
林 隆弘1,250,00035.19
高橋 知裕1,250,00035.19
MICアジアテクノロジー投資事業有限責任組合300,0008.44
HEROZ株式会社126,7103.57
ビッグローブ株式会社100,0002.81
※株主上位5名の状況


【目論見抜粋】

本募集に関し、貸株人かつ当社役員である林隆弘及び高橋知裕、当社役員かつ当社新株予約権者である浅原大輔、並びに当社新株予約権者である井口圭一、池田立野、山本一成、岩下直人、川嶋直樹、近村学、清田英寿、平岡拓也、伊藤久史、一丸貴則、今井達也、二神権一、鈴木義規、石川明洋、岩元智春、田島龍二、坂井靖弘、石井直樹、大井恵介、及川亮太郎、安藤周作及び窪田慈恵奈は、SMBC日興証券株式会社(以下「主幹事会社」といいます。)に対して、本募集に係る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して180日目の平成30年10月16日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含む。)の売却等を行わない旨を約束しております。

当社株主であるMICアジアテクノロジー投資事業有限責任組合、ビッグローブ株式会社、藤野英人及び片山晃は、主幹事会社に対して、本募集に係る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して90日目の平成30年7月18日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含む。)の売却等(ただし、その売却価格が募集における発行価格又は売出における売出価格の1.5倍以上であって、東京証券取引所における初値が形成された後に主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)を行わない旨を約束しております。


上位株主には180日間(平成30年10月16日)のロックアップが付与されています。
その他、ベンチャーキャピタル等には90日間(平成30年7月18日)までのロックアップと解除倍率1.5倍が適用されます。


HEROZ(4382)IPO大手初値予想と各社配分

想定発行価格3,640円に対して仮条件が3,940円~4,500円と大きく上振れ決定しています。
仮条件上限の4,500円をもとに吸収額を算出すると約7.75憶円、オーバーアロットメントを含めると約8.91憶円となります。上場規模は小さいため公開価格割れはないでしょう。また、公開株数やOAの変更はありません。


EPS72.87を基にPERを算出すると約61.75倍、BPS7,176.51を基にPBRを算出すると約0.63倍となります。仮条件上限を考慮してもまだ上値期待が出来そうな気がします。2018年4月単体業績予想では売上約25.8%増、経常利益219%増の増収増益見込みとなっています。将棋ブームに拍車がかかっているため同社の「将棋ウォーズアプリ」が安定的な収益をもたらすそうです。


初値予想7,500円~8,600円

初値予想9,000円~10,500円


人工知能というワードが特にIPO市場では特に好まれます。先日上場したRPAホールディングス(6572)の株価推移からもわかりますが、どこまで株価が昇るのか面白そうな銘柄です。公開株数が少ないためIPOに当選する可能性はかなり低いと思いますが、毎回誰かに当選しています。あきらめずに申込はしておきましょう。


すでに詳しい方はご存知だと思いますが、レオス・キャピタルワークス創業者の一人である藤野英人氏や個人投資家で有名な片山晃氏の名前もあります。2018年上半期の注目株でしょうね。HEROZの取引先も世界で有名な企業が多く市場からの注目も高いようです。


70万株のベンチャーキャピタル持ち分がどこで消化されるのかも勝敗を分けそうです。


幹事名配分単位(株)
SMBC日興証券(主幹事)145,100
マネックス証券6,800
みずほ証券3,400
大和証券3,400
三菱UFJモルガン・スタンレー証券2,500
SBI証券
2,500
いちよし証券1,700
岩井コスモ証券1,700
エース証券1,700
岡三証券1,700
極東証券1,700


類似企業PER
PBR
KLab(3656)PER18.88倍PBR4.94倍
コロプラ(3668)PER20.13倍PBR1.63倍
PKSHA Technology(3993)PER449.13倍PBR29.74倍


SMBC証券からの申し込みに徹するべきですね。
しかし、マネックス証券が副幹事となり少しは期待ができるかもしれません。その他の証券会社で申込んでも期待できなさそうですね。それでも口座があれば申込んでおきましょう。


マネックス証券のIPO配分は完全抽選だった

SMBC日興証券の口座がなければIPO当選期待はかなり難しいでしょう。口座がない方はこの機会に情報収集されてみてはいかがでしょうか。


SMBC日興証券IPO抽選ルール完全版

HEROZのストックオプション詳細を調べました

ストックオプション行使期間株式の数(株)発行価格(円)
平成29年5月01日~平成37年4月25日198,900557
平成30年5月15日~平成38年3月31日30,100563
平成31年9月27日~平成39年9月20日35,500570
平成31年10月25日~平成39年9月20日500570


ストックオプションは198,900株が関係します。売ってくるかどうかは別の話ですが、20万株弱あることは覚えておきましょう。全体的に多くはないみたいです。


HEROZ(4382)IPO私見と申し込みスタンス

HEROZ(ヒーローズ)IPOの初値は高くなりそうです。
主幹事のSMBC日興証券、マネックス証券、SBI証券(IPOチャレンジポイント)くらいしか当選できなさそうです。当選確率1%以下は間違いないでしょう。当選すれば50万円程度のリターンが生まれそうです。


IPO市場においてAIやビッグデータは魅力的な投資先なので初値期待は大きいでしょう。この領域だと100万株規模でも吸収できるような力を持っています。額にして新興市場で50億規模ならいけるでしょう。今回は7億円程度の上場です。個人的期待値もかなり高いものとなります。


当選するのかは別ですが、当選しなくても板を見るだけでワクワクできそうですね。
上場当日は初値つかずになる可能性も高いのではないでしょうか!当選したいですね~


HEROZ(4382)IPO主幹事です! 【私はネット口座だけで当選しています】
⇒ SMBC日興証券公式サイト


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!