今回も幹事配分などを基に独自評価を行います。IPOキムでもつぶやいているのでよかったらフォローお願いします。基本的にフォロー返しを行っていますが業者さんだとフォローしない場合があります。


kimukimu

HENNGEの情報を調べてみると株数が多く当選期待があります。

さらに初値2倍が狙えそうな雰囲気です!


地合いも好転気味なので期待したいと思います!野村證券からでも普段より当選確率は高めなので忘れないように申し込みを行っておきましょう。


HENNGE(へんげ)幹事配分と初値予想


項目 株数データ
想定価格 1,040円
仮条件 9月19日
公開価格 9月27日
公募株数 50,000株
売出株数 1,258,000株
公開株数(合計) 1,308,000株
オーバーアロットメント 196,200株
幹事団 野村證券(主幹事)
クレディ・スイス証券
大和証券
いちよし証券
エース証券
岡三証券
岡三オンライン証券 ←前受け金不要
丸三証券
SBI証券
マネックス証券 ←完全平等抽選


HENNGE(へんげ)は企業向けにパッケージソフトウエアをクラウド化させるサービスを行っています。高品質かつ短時間でサービス提供することを目標とし低価格で提供していることに定評があります。


また売上の殆ど(2018年は93.6%)はストック型の収益となっているため新規顧客と解約のバランスを維持できれば安定収益となります。現在のところ解約数は少なく売上が好調に推移しています。


2019年9月の連結業績予想は売上33.8億円で前期比19.1%増を見込み、経常利益は1.5億円で前期比30.1%減の増収減益を予想しています。四半期利益も同時に計算すると29.3%減となるようです。


想定発行価格からPERを計算すると約183.09倍、PBRは約23.87倍です。配当や株主優待の設定はありません。詳細は下記記事にまとめているのでよかったら参考にしてください。


⇒ HENNGE(へんげ)IPO上場承認と初値予想!クラウド系IPOで利益狙い


kimukimu

減益でも初値2倍以上の予想が出ていることに驚きです。しかもPERは183倍を超えています・・・


maronmaron

企業ネーミングも一役買っていて初値上がりそうだよね。


初値予想2,000円~2,500円!


幹事名 配分単位(株) 引受割合(%)
野村證券(主幹事) 1,086,100 83.04
クレディ・スイス証券 104,600 8.00
大和証券 52,300 4.00
いちよし証券 13,000 0.99
エース証券 13,000 0.99
岡三証券 13,000 0.99
丸三証券 13,000 0.99
SBI証券 6,500 0.50
マネックス証券 6,500 0.50


ベンチャーキャピタルファンド保有株は少ないと考えていましたが、「株式会社ブイ・シー・エヌ」は名前から推測されるようにベンチャーキャピタルです。上場承認時に見逃していました。保有株式は960,000株で5.91%を所有しています。



しかもロックアップ90日間でロックアップ解除倍率が発行価格の1.5倍となっているため早期売却の可能性もあります。他のVCも1.5倍でロックアップが解除されるため初値1.5倍~2倍あたりで落ち着きそうな気がします。


現在のところ初値持ち越しもあり得る予想が出ています。修正されないことを願いたいと思います!


SAMURAI証券Amazonギフト券キャンペーン詳細記事へ


最近は何でもIT化され便利になりスピードを持った対応が望まれています。同社はその環境下にあり時代についていけない場合には減益方向に向かうでしょう。ITへ投資できなくなれば事業に大きな影響があります。


主なサービスは複数のクラウドサービスへ「セキュリティーが高いアクセス」と「シングルサインオン」を実現するIDaaSを提供することです。競合他社と比較するとまだIDaaSを提供している企業は少ないため同社の優位性があります。


上場による知名度アップ効果で業績が急上昇する可能性を秘めていると言えるかもしれません。既に大手企業へサービスを行っているため業界では知名度がありそうです。上場により契約増となることでしょう。直近ではトヨタファイナンシャルサービスやファミリーマート、都築電気などの名前が挙げられています。


IPOでは人気の高いクラウド系の企業になり、ストック型ビジネスを展開していることで上場当日は買い気配から始まるでしょう。ただ同日上場にAI CROSS(エーアイクロス)もあるため資金分散となり思ったほと初値が高くならないことも考えられます。


それまでに上場する銘柄の初値次第だと思いますがセカンダリー投資で盛り上がれば人気集中となる希望もあるでしょう。チャットワークが公開価格割れになり個人投資家の買い意欲が減退することだけはないことを祈りたいです。


本日上場のアミファ(7800)とサイバー・バズ(7069)のセカンダリーは少し弱弱しいですが、サイバー・バズが高値引けすればIPOに資金が大きく流れ込むかもしれません。また、ワシントンホテルの予想が出ているようですが公開価格を超えてくるようです。


株数が多いため期待したいです!


ワシントンホテルIPO取扱い決定しました 【後期型抽選による配分がポイント】
⇒ カブドットコム証券公式



※カブドットコム証券のIPO抽選ルール【三菱UFJフィナンシャルGで取扱い銘柄多い】






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事