Funds(ファンズ)でメルカリのメルペイを使った投資ができるようになりました。またファンズに投資を行うとメルペイが最大9,000円(ポイント)貰えます。ポイント還元を考えると強烈な人気だと思います。


そこで特徴や注意点をまとめてみました!「メルカリ サステナビリティファンド」に投資を行う方は、強烈なデメリットがあるため気を付けてください。


Funds(ファンズ)でメルカリ(メルペイ)投資
※ファンズ公式サイト引用


ネットでも凄く話題となっているファンドです。実は決済方法がメルペイだけなんですよね。


興味があってもメルカリのサービスを利用していないと投資ができません。投資を行うにはメルペイ残高がないと駄目なので利用者が限定されます。しかし予想に反し1号案件は41秒で満額になる強烈な人気となっています。


メルカリ サステナビリティファンドに投資を行うには、ファンズの口座とメルペイを利用していないといけないため少し面倒です。


業界初の試みとなっており、これから似たような取り組みが進んでいくと思います。ポイント投資なども時代だと思います!


Funds(ファンズ)メルカリ サステナビリティファンドの内容を確認すると利回りは低めだった

組成されたファンドの名前は「メルカリ サステナビリティファンド」になります。1号案件が1億円の募集で運用期間は10ヶ月、利回りは2.00%になっていました。今回の2号案件は募集額が2倍の2億円となっています。


詳細は下記画像を参考にしてください。このシリーズは続くと思うのでメルペイのポイント還元を受けたい方は早めに行動したほうがよいでしょう。


Funds(ファンズ)でメルカリファンド
※ファンズ公式サイト引用


項 目その内容
予定利回り2.00%
予定運用期間2021/3/01~2021/12/24
※約10ヶ月
募集金額200,000,000円
元本償還方法満期一括
利益配当方法満期一括
担保・保証担保なし・保証なし
最低成立金額30,000,000円
※メルカリ サステナビリティファンド#2のファンド条件


抽選方法は先着募集のみとなります。ファンズでは抽選募集が行われることもありますが、「メルカリ サステナビリティファンド」は先着方式のようです。状況を見ながら抽選方式を採用してくるかもしれません。


通常のファンド組成でも先着方式と抽選方式の混合などもあります。先着方式を嫌う方もいますからね。


ファンドの資金使途はメルカリグループが提供するメルペイ事業に利用するそうです。メルカリの業績は回復傾向にあり株価も上昇しています。一時は株主からの批判も大きかったようですが現在は応援する投資家が多いと感じています。


色々ありましたが、コロナ禍の追い風に乗ることができ業績期待ができそうです。先行投資でテレビCM効果も大きそうです。スマホ決済のメルペイ事業も拡大しているため今回の取り組みも歓迎できます。


2億円規模でも即売なのかもしれませんね。


メルカリのメルペイを使ってFunds(ファンズ)に投資をする方法

メルカリのメルペイを使って投資を行うためには事前準備が必要です。通常ののデポジット口座は利用できないため既存口座開設者はご注意ください。


Funds(ファンズ)のメルペイ投資
※ファンズ公式サイト引用


メルペイネット決済という仕組みを導入し、メルカリファンドでメルペイを利用した投資ができるようになっています。


メルペイポイントやメルペイスマート払いは利用できないため注意してください。投資を行うには「メルペイ残高」が必要となっています。


また分配金はメルペイ残高としてFunds(ファンズ)のデポジット口座に反映されます。完全にこの2社はこれからの事業拡大を相互に狙っていると感じます。


【事前準備】
  1. 最新版のメルカリアプリをダウンロード
  2. メルカリアプリ内から「アプリでかんたん本人確認」を実施
  3. メルカリアプリ内から「お支払い用銀行口座登録」を実施


投資を行うにはファンズに口座開設を行い、上記の3ステップが必要になります。メルカリアプリは常に最新の状況を保つようにしたほうがよさそうです。


手間がかかるくらいでそれほど難しくはないと思います。

メルペイを利用して投資を行う流れを調べてみました

メルペイを利用して投資する流れを調べると投資上限が98万円となっています。メルペイ残高に事前チャージは必要ないためこれは嬉しい材料だと思います。


私も高額入金は行ったことがありませんが、メルカリアプリでは事前チャージ20万円以上の入金ができないそうなんですよね。20万円以上投資をしたい場合は、決済時に「チャージしてお支払い」機能を利用しなければならないそうです。


メルペイ(メルカリアプリ)支払い方法
※ファンズ公式サイト引用


  1. メルカリアプリがスマートフォンにあるか確認
  2. Fundsからメルカリのファンドに投資申込
  3. 画面の案内に従ってメルペイ(メルカリアプリ)でお支払い


話が難しくなっていますが、事前チャージが必要ないため投資を行いたい方はまずファンドへ申し込みを行ってみましょう。


支払い方法を「チャージ払い」にすると支払い手続きができるそうです。

メルペイにチャージできる金融機関は限られている

メルペイにお金をチャージする金融機関は限られています。何処でも良いわけではありません。一時停止中となっている金融機関もあるため詳細はメルカリガイドで確認が必要になります。


既にメルカリを利用している方はご存知の内容だと思います。


メルペイチャージ
※メルカリ公式サイト引用


メルペイを利用する際の手数料やチャージ(入金)や支払い手数料は無料となっていますが、振込申請を行う際は所定の振込手数料が発生することになっています。


メルペイへのチャージ方法は2種類あり、セブン銀行ATMからのチャージと銀行口座からのチャージがあります。


気を付けることはチャージの取消ができないことくらいだと思います。利用している方には常識的な事でしょう。


Funds(ファンズ)のメルペイポイント還元が凄い!

気になるメルペイポイント還元について調べてみました。日本のキャッシュレスに貢献しているメルペイだと思いますが、メルペイの利用者数が800万人を超えているそうです。※2020年9月時点


そんなに?と思いますが、タモリさんがテレビCMしている影響もありそうです。政府が掲げるキャッシュレス社会に貢献するビジネスとなっています。


メルカリのフリマアプリ月間利用者数
※ファンズ公式サイト引用


投資額還元ポイント
30万円~49万9,999円2,000ポイント
50万円~69万9,999円4,000ポイント
70万円~89万9,999円6,500ポイント
90万円以上9,000ポイント


資金は必要ですが、90万円以上の投資を行えば9,000ポイント貰えることになっています。投資額の1%上乗せになります。ただし運用期間が10ヶ月なので年利だと1%以上になります。


資金力ある投資家は美味しい思いをすることができそうです。他社でも似たようなキャンペーンを行っているためメルカリファンドにこだわる必要はないかもしれません。


ただファンズではコンスタンスにファンド組成が行われる期待があると思います。面白い取り組みが多いため期待している投資家は多いでしょうね。


Funds(ファンズ)のメルカリファンドに投資を行った投資家の口コミは?

投資家の口コミを探していると意外に投資した人が多いと感じました。だって1号案件はわずか41秒で完売すからね。2号案件は数分くらい大丈夫かもしれません。










メルペイを利用している投資家も多いようです。身近にあまりいませんが実は利用者が多いのかもしれません。


ジワジワ世の中に浸透しているように思います。対峙する企業はPayPay株式会社でしょうね。応援もしたいけど将来的にどうなるのかも気になります。統一は個人的にないと考えています。


メルカリファンドは上場企業に投資ができる安心感があると思います。


Funds(ファンズ)のメルカリファンド投資まとめ!メルペイ還元をGETせよ

メルカリ(4385)の業績も赤字から黒字化が見えています。企業規模も大きくなりM&Aなども行いました。これから事業拡大に向け様々な企業と提携してくると考えられます。


メルカリの将来性はあるのではないかと感じています。「メルカリファンド」の展開もありC2C事業やシェアリングエコノミー事業、マーケットプレイスの活性化を促進する事業を行う企業等を対象として投資を行うことも行っています。


メルカリファンド
※メルカリファンド公式サイト引用


将来性あるビジネス展開を行っていることで投資家はワクワクできそうです。


また今回の「メルカリ サステナビリティファンド」に投資をお考えの方は下記内容を再確認しておきましょう。


  • ファンズの口座開設が必要(無料)
  • メルペイの登録は無料
  • 投資はメルペイでしかできない
  • 1ファンドにつき1度しか投資できない
  • 分配金はメルカリアカウントのメルペイ残高に反映


法人アカウントの方はメルペイを利用した投資ができないことになっています。個人アカウントのみ投資が可能となっています。


メルペイで投資を行っているため分配金もメルペイになります。メルペイを利用して投資したファンドの分配金は、Fundsのデポジット口座ではなくメルカリアカウントにメルペイ残高として反映されます。


今後サービスが変更される可能性はあると思いますが面白い取り組みだと思います。


このようなサービスがどんどん増えると面白いと思う反面、投資先が増えたり複合的なサービスになると投資できない年齢層の方も出てくるかもしれません。まだ私はついていけますがあと10年もしたら難しと感じるかもしれません。


ついていける方だけが得をする世の中になりましたよね。ポイ活などはまさに知っている方だけガンガン稼いでいるように思います!




私も同社に投資を行っているため機会があれば積極的に資金を投下していきたいと思います。ファンズは主に上場企業を対象としてファンド組成を行っているため投資先としての安心感があります。


詳しくは下記記事でまとめています。またインタビュー記事も参考になると思います。最後に今回のデメリット1つとは既に予想できると思いますが、メルペイを利用していないと投資できないことです!




上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!