フリーとウィルズIPOの初値予想がかなり高くなっています。特にフリーについては当選をキャンセルした方も多いようなので高く初値が形成されると凹む方もいると思います。


私も補欠当選分を購入をしていないため少し残念です。本当に予想された価格をクリアーできるのか楽しみにしています!


フリーIPO上場直前の初値予想


項 目気配運用の内容
板中心値段2,000円(公募・売出価格)
上限値段4,600円(更新値幅100円、更新時間10分)
下限値段1,500円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲500円以上、8,000円以下


フリーは当選しやすかったIPOなので積極的に参加された方は複数株の当選となっているようです。店頭経由だとまとめて頂いた方もいるようです。ただし上場承認時はあまり良い評価ではありませんでしたし、地合いも現在の様に好転していなかったように思います。


難しいIPOとなりましたが獲得された方は利益が出るようです!最終初値予想は2,700円となり公開価格2,000円を35%程超えてくるようです。IPO投資を専門にされている方もスルーした方が多かったように思います。


この銘柄に積極的に申し込めた方は凄いと思います。マネーフォワード(3994)との比較情報では買う材料として評価はできませんでした。35%上昇となれば驚きです。


赤字グロースになり360億円の吸収で時価総額も905億円になります。今期も2020年6月決算で-31.4億円となるため前期よりも赤字が拡大します。海外勢はそれでも買ってくるようです。


ブックビルディング段階で海外勢の買い需要が盛んだとわかっていれば参戦したでしょうが情報がその後なので今回は難しかったと思います。


パルサーさんツイート


おのじーさんツイート


ファンド出口案件で上場規模が大きかったため不参加でも仕方がないIPOだったと思います。


逆に積極的参加で複数株を手に入れている方もいるため運命の別れ道みたいですね。今回は余計に情報を知っていた人か負ける感じです。フリーの詳細記事は下記に書いています。


⇒ フリー(freee)IPO上場承認と初値予想!爆損覚悟で挑みVC被弾か


ウィルズ(4482)IPOの上場直前初値予想と気配運用はこうなる!

ウィルズは初値3倍を視野に入れているようです。上場規模がわずか3.5億円と言うことで上場当日は初値が付かず2日目に突入するそうです。読者の方にもご当選された方がいたようです!


私は完全に落選していますが、殆どの方が落選するため上場規模が小さいIPOは仕方がありません。


ウィルズ最終初値予想


項 目気配運用の内容
板中心値段960円(公募・売出価格)
上限値段2,208円(更新値幅48円、更新時間10分)
下限値段720円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲240円以上、3,840円以下


最終初値予想は3,000円となり3.13倍まで上昇する見込みです。公開価格960円で20万円以上の利益見込みとなっています。


これがバブル期のIPOですよね。このような銘柄がどんどん出てくると市場が活性化します。年間を通してもこの規模は少ないですが投資家の意欲がかきたてられるため面白いと思います。


株主優待関係になり東証1部を目指すような企業が同社サービスを利用してくるそうです。株主を増やすためには株主優待が必須です。しかしクオカードなどだと事務経費が発生するためポイントサイトが重宝されるようですね。同社の詳細は下記でまとめています。


⇒ ウィルズ(WILLs)IPO上場承認と初値予想!初値3倍でイベント化?


同社ではブロックチェーン技術の活用も行っていることも人気化する材料のようです。また、同社運営のプレミアム優待倶楽部は投資家がかなり意識しているサービスのようです。


業績も急拡大し利益が大きく出ていることでよい初値期待が出来そうです。ロックアップが1.5倍なので一部の法人株主が売ってくると考えています。ベンチャーキャピタル出資も1.5倍以上で解除されます。


ご当選おめでとうございます!セカンダリーがどうなるのか予想がつきませんが2019年12月16日(本日)上場の3社はどれも初値から下落しています。


また、2020年1月31日までSAMURAI証券でAmazonギフト券キャンペーンを行っています。ソーシャルレンディングに興味があればお勧めのキャンペーンになります。


SAMURAI証券Amazonギフト券キャンペーン詳細記事へ


ランサーズとJMC、ベースは揃って下落し安値を付けている!

あまり良い状況とは言えませんがランサーズ(4484)とJMDC(4483)、ベース(4481)が安値で引けています。ランサーズは公開価格730円を15.3%上回り842円で初値を付けています。個人的には大成功だろ?と思っています。


ランサーズ(4484)IPOの初値結果


フリーランスと企業をマッチングさせるクラウドソーシング企業でした。事前人気は低く投資家の間ではなんで上場させるの?的な感じて情報発信している方もいます。赤字でVCのために上場的なイメージですよね。


ロックアップが解除される180日間後(2020年6月12日)あたりになると株価が乱高下でしょうか。それまで株価が横ばいならいいですけどね。


始値は842円で高値960円までありました。結局上場1日目は779円で引ています。

JMDC(4483)も初値だけ高く公募組が儲かった構造か?

JMDCも初値では盛り上がったようです。ただ明日以降様子見となる投資家が多いのかもしれません。海外勢がクリスマス休日に入る前に動けばセカンダリー投資家も利益を上げやすくなります。


ただし親子上場の時価総額問題があるようです。


JMDC(4483)IPO初値結果


公開価格2,950円を32.5%上回り初値は3,910円でした。複数株を手に入れた方が多くいたためおめでとうと思っています。自己判断で積極的に申し込みできなかったことはやや悔やみます。高値は4,270円で安値は3,575円です。


個人的にはJTOWE(4485)を全力で取りに行ったので他の銘柄を軽めにしていました。そうしたら吸収額が大きいIPOは全て落選しています。こんなもんですよね。なんだか恥ずかしいです!

ベース(4481)上場1日目にストップ安になる

ベースは酷い状況です。東証2部のため流動性に問題があるとわかっていてもセカンダリー参加者が多かったようです。


公開価格4,700円の初値は9,050円と公開価格を92.6%上回りました。その後、9,290円まで上昇するも大引けは7,550円のストップ安となりました。


ベース(4481)IPO初値結果


PTS取引を確認するとさらに下落し7,205円まで下げています。明日以降どのような値動きになるのか気になりますが、多くの方は次に上場してくるIPOの方が気になるでしょう。


直近に上場した銘柄の株価を確認すると下落している銘柄が多いです。特にダブルエー(7683)は下方修正でストップ安となっています。


ALiNKインターネット(7077)も-10.99%の下落となっています。2019年12月上場中盤に入ってきている中で買い疲れか?もう少し粘ってくれると個人的に嬉しいです。


フリーとウィルズの初値後の値動きはどうなるでしょうね。楽しみにしておきたいと思います!


CREALは優先劣後方式を採用している数少ないソシャレ企業! 【高利回りで人気上昇中】
⇒ CREAL(クリアル)公式

CREAL

※CREAL(クリアル)評判を徹底リサーチ!メリット考察と投資家口コミの真実の記事へ

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!