ファイバーゲート(9450)とキュービーネットホールディングス(6571)の最終初値予想と気配運用記事になります。上場規模が大きいキュービーネットホールディングスの初値はかなり弱気のような気もしますが、VC売出し案件で注目度は高いと思います。


ファイバーゲート最終初値予想


ファイバーゲートは、集合住宅及び商業施設などにおけるWi-Fiサービスの提供を行っている企業です。平成29年から業績が急拡大しており、今期も増益見込みとなります。上場時には何の不安もないため良い初値が付くはずです。


東証マザーズで約12.1億円規模の上場、株数がやや多くOA含め1,152,300株、株価も1,050円と手掛けやすいため間違いないでしょう。セカンダリーはどうなるのか分かりませんが、この規模だとマネーゲームもあり得ると思います。ただ初値が高くなりすぎると大きく下落することもありそうです。ビジョン(9416)のように育つといいですね~


最終初値予想2,400円


企業詳細は下記の記事でまとめました。よかったら参考にしてください。200円の予想引き上げとなっています。
ファイバーゲート(9450)IPO新規上場と初値予想


東証から発表された気配運用は下記のようになっています。

項 目 気配運用の内容
板中心値段 1,050円(公募・売出価格)
上限値段 2,415円(更新値幅53円、更新時間10分)
下限値段 788円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲 263円以上 4,200円以下


キュービーネットホールディングスの最終予想は意外と弱気だった

キュービーネットホールディングス(6571)最終予想はやはり弱気でした。上場後が勝負でしょうか。東証1部に上場市場が決定していますが、日総工産とちがい初値段階において人気がないようです。


キュービーネットホールディングスIPO最終初値予想


ヘアカット専門のチェーン店「QB HOUSE」を運営している企業です。想定発行価が上限となり、仮条件は2,000円~2,250円で公開価格2,250円となりました。市場からの吸収は約253.2億円と大きく、11,253,700株の放出は厳しいようですね。


最終初値予想2,250円


増収増益見込みですが、ベンチャーキャピタル売出しIPOになるためやはり厳しいようです。
また、本日ヤフーファイナンスに執筆した記事が掲載されていました。IPO投資を行っている方には当たり前のことだと思いますが、お時間があれば見ていただけると嬉しく思います。




東証から発表された気配運用は下記のようになっています。

項 目 気配運用の内容
板中心値段 2,250円(公募・売出価格)
上限値段 5,180円(更新値幅113円、更新時間10分)
下限値段 1,688円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲 563円以上 9,000円以下


今日はIPO承認が2社となっています。
ゴールデンウィーク前の上場ラッシュにきたいしたいところです。1銘柄でも多く利益が出そうな銘柄をGET出来ると嬉しいですよね。


ベストワンドットコム(6577)とアイペット損害保険(7323)の2社です。ベストワンドットコムは当選が難しそうな株数ですが誰かに毎回当選しています。申し込みをするだけで利益がでる可能性があるため頑張りましょう!