FCE Holdings(エフシーイーホールディングス)IPOの上場直前の初値予想と東京証券取引所から発表された気配運用を調べました。


上場規模が約7.5億円と小さく、割高感がないIPOのため人気が見込めそうです。東証スタンダード市場への上場となっていますが資金が入る見込みとなっています!


FCE Holdings(エフシーイーホールディングス)IPOの上場直前の初値予想
※FCE Holdings公式ページ引用


東京証券取引所から発表された気配運用は下記のようになります。

項 目気配運用の内容
板中心値段1,560円(公募・売出価格)
上限値段3,590円(更新値幅78円、更新時間10分)
下限値段1,170円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲390円以上、6,240円以下


教育研修事業とDX推進事業等に強みがある企業になり、RPAソフトウエアの開発提供も行います。


現時点で教育研修からの収益が大きくなっていますが、今後は純国産RPAソフトウェアの「Robo-Pat DX(ロボパットDX)」からの収益が期待できるようです。


競合製品よりもトータルでは安い価格で提供できると観測されています。また、ターゲットとしている市場は中堅中小企業となっており、システムや価格のトータルで優位性があるようです。


PKSHA Technology(3993)からRPAソフトウェアの提供を受けており、今回のIPOではPKSHA Technologyが親引け先となります。多少話題になっているようです。


同社はサブスクリプションモデルを採用し継続率が98%と高く推移しているため、業績への不安はなさそうです。


RPAソフトウェアに関しては広告費用が重しとなっていますが、成長すれば大きな利益を期待できるそうです。グロース市場への上場ではないため業績に関しては安定のイメージがあります。


上場内容や業績などについては下記記事でまとめています。

FCE Holdingsの上場データと初値予想を考察
FCE Holdings(エフシーイーホールディングス)IPOの評価と業績を分析


FCE Holdings(エフシーイーホールディングス)の上場直前の初値予想はこうなる!

FCE Holdingsの上場直前の初値予想を調べてみました。


仮条件発表後に予想値が下げられていましたが最終的には持ち直しています!


上場直前の初値予想


大手の上場直前の初値予想は3,000円となっています。


大手情報によれば妥当価格は2,500円あたりとの観測が出ています。直近上場のIPOの初値が好調のため3,000円予想となっているようですね。


本日上場したリンカーズ(5131)とアトラステクノロジーズ(9563)の初値も好調だったため同社株も期待されているようです。


売られる材料はベンチャーキャピタルのロックアップが公開価格1.5倍の2,340円以上で外れることくらいでしょうか。某紙では株数が134,100株と多くないため、乗り越えられるかも?と観測されています。


事業自体は地味さも感じられますが、多角化経営で結果を出せているため期待されているようです。RPAソフトウェアからの収益が拡大するタイミングで上値を狙う可能性も今後ありそうです。


上場時の買い材料は業績が好調、そしてDXやRPAなどの材料、さらに日本政府がリスキリング支援を発表しリスキング関連銘柄に市場が注目していることでしょう。


同社経営には少子化が関係してきますが、現時点では業績が拡大しているため深刻な状況ではないと思います。


と言うことで2,500円~3,000円の間で初値が付くようです。公募組は利益が期待できるため明日の気配が楽しみだと思います!


穴吹興産が直接運営しているジョイントアルファに口座開設するとAmazonギフト券が1,000円分貰えます。


上場企業が直接運営しているクラウドファンディングなので安心感があります。インカムゲイン狙いの投資家に人気があります!!


クラウドバンクを使った投資を6年間続けています

1万円から投資できコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回り5.8%で融資元本回収率は100%を維持、楽天ポイントも貰えます!

クラウドバンク

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。