イーソル(4420)とデルタ・フライ・ファーマ(4598)が明日上場します。しかし、今日の日経平均は一時1,000円を超えるような暴落となり、マザーズ指数に至っては3か月前の950ポイントまで下げる始末です。NYダウ平均の暴落と円高による影響ですが、明日の上場2社は大丈夫でしょうか?


特にデルタ・フライ・ファーマ(Delta-Fly Pharma)は公開価格割れリスクが高い銘柄なので心配です。ノーベル賞の良い影響も帳消しでしょう。


イーソル(4420)気配運用


項 目 気配運用の内容
板中心値段 1,680円(公募・売出価格)
上限値段 3,865円(更新値幅84円、更新時間10分)
下限値段 1,260円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲 420円以上、6,720円以下


最終初値予想2,600円!


同社は組込み機器向けのOS開発などを行っている企業になりIPOでは底堅い業種になります。初値予想も妥当だと感じますが、今晩の地合いがポイントになるでしょう。NYダウ平均がそれほど動かなければよいと思います。また、NYダウが全戻しになるとIPOへの資金流入は減るのでそこそこ戻してくれると個人的には嬉しいと考えています。


暴落だとIPOへの資金流入は厳しいでしょう。期待としてはCRGホールディングスが意外と底堅かったことです。出来高は1,197,300と多く買いは入っていたようです。直近の銘柄ではプロレド・パートナーズ以外は全滅となります。個人的に狙っていた銘柄もありますが、保有株の下落を目の当たりにすると今日は買えませんでした。


明日暴落すれば買い向かいたいと考えています。


ベンチャーキャピタル出資はなくストックオプションもありません。ロックアップは90日間になり、この暴落でも前回の初値予想上限2,400円を超えてくるようです。どうなるのかわかりませんが楽しみにしておきましょう。


デルタ・フライ・ファーマ(4598)の最終初値予想は微妙だった

デルタ・フライ・ファーマ(4598)の予想は厳しいようです。公開価格前後の初値形成となりそうですが、あえて赤字企業の株を買うリスクがどこにあるのか?と考えています。前回の上限予想は5,200円でしたが、下方修正となります。


Delta-Fly Pharma(4598)気配運用


項 目 気配運用の内容
板中心値段 4,770円(公募・売出価格)
上限値段 10,980円(更新値幅240円、更新時間10分)
下限値段 3,580円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲 1,193円以上、19,080円以下


最終初値予想4,770円!


公開価格と同値の予想が出てきました。このパターンだと、公開価格を割る可能性があります。しかも想定発行価格から仮条件上限が100円も引き上げられ、公開価格も上限決定です。


VCシャブシャブ案件になりイメージは悪いと思います。初値売却で利益が出ることを祈りますが、地合い的にも厳しい気がしています。買い需要がある程度あればよいのですが、公開株数700,000株を吸収できるでしょうか?OAも105,000株存在し、約38.4億円規模の上場となります。


株数が少ないためマネーゲーム化すれば勝算はありますが、そこまでイベント化することはないでしょう。ちなみにイーソルの幹事引受価格は1,545.60円で、デルタ・フライ・ファーマの引受価格は4,388.40円になります。最悪デルタ・フライ・ファーマは、シンジケートの4,388円あたりの初値形成でしょう。


個人投資家の懐が壊滅的とは思いませんが、せっかくの含み益がなくなりモチベーションが下がっているのではないでしょうか。ソフトバンクグループ(9984)の株価が日経平均を押し下げているようですが、ここ3日で14.4%の下落は株価的にも怖いです。


話は脱線しますが、保有している仮想通貨も今日だけで相当下落しています。モチベーションが下がりますが、なんとか年末までに100万円くらい貯めたい妄想をしています。まだ暴落するには早いので買い出動を考えている方は多そうですね。それと円高に向かっているのでETFを買うにはチャンスかもしれません。


ロボットアドバイザーに10万円から投資ができます! 【業界NO.1の預かり資産】
⇒ Wealthnavi(ウェルスナビ)公式へ

ウェルスナビタイアップ特典横長画像

※Wealthnavi(ウェルスナビ)評判と運用実績まとめ記事へ