VALUENEX(バリューネックス)の初値予想暫定記事になります。同社の事業はアルゴリズムを基盤にしたビッグデータの解析ツールや、コンサルティングサービス・レポートの販売になり、IPO市場では特に人気がある分野になります。業績は赤字から一気に黒字へ転換しているため勢いが感じられます。


会社設立は2006年8月となります。社員は連結で18人(臨時雇用を合わせて29人)しかいません。売上は拡大傾向にあるため技術革新とともに利益が積み増しされる構造でしょうか。大手企業との取り組みもあるようです。


VALUENEX(バリューネックス)初値予想暫定


項目 株数データ
想定価格 1,520円
仮条件 1,700円~1,840円
公開価格 10月19日
公募株数 420,000株
売出株数 25,000株
公開株数(合計) 445,000株
オーバーアロットメント 66,700株
幹事団 SBI証券(主幹事) ←絶対に申込です
みずほ証券
大和証券
岩井コスモ証券 ←後期型抽選を採用
藍澤證券
エース証券
エイチ・エス証券
極東証券
東洋証券
むさし証券


初値予想3,500円~4,000円


2019年7月の連結業績予想では売上36.1%増、経常利益37.7%増(2,900万円増)の増収増益見込みとなります。PERが仮条件上限算出で約39.30倍となります。類似企業比較では割安だと思いますが、PER指標はあまりあてにならない業種でしょうか。


上場規模は仮条件引き上げによりオーバーアロットメントを含め約9.4億円となり、十分吸収可能な金額だと思われます。初値2倍でも普通にあり得るIPOでしょう。ベンチャーキャピタル出資も多いため上下に株価が大きく動くことが考えられます。筆頭株主のベンチャーキャピタルにはロックアップ解除倍率1.5倍(2,760円)が適用されるため要注意です。


VALUENEX(4422)の詳細については下記の記事にまとめているのでよかったら参考にしてください。

⇒ VALUENEX(バリューネックス)IPO新規上場と初値予想


SBI証券が主幹事をするためIPOチャレンジポイントの話題も盛り上がっています。過去の配分状況的に200株の複数配分が期待できそうです。大手予想から逆算すると200株当選で43万円程度の利益が出るようですね。
※不確実性が高いため参考値でお願いします


SBI証券IPOチャレンジポイントによる当選株数表


類似企業ではエステル(3967)あたりが意識される銘柄となりそうですが、上場2年近くでもPER125.15倍となります。データセクション(3905)はPER348.53倍にもなります。IPOチャレンジポイントは300ポイント超えになりそうです。


CRGホールディングスの初値結果と売却画像

CRGホールディングス(7041)が本日上場しました。私は初値売却せずにしばらく粘り1,930円あたりで売却をしました。初値よりも1万円高く売却できています。最安値が1,630円となりましたが、その後上昇しています。


CRGホールディングス約定画像


初値1,832円
高値1,964円
安値1,630円
引け1,890円


【モーニングスター社】
CRGホールディングス<7041.T>が、公開価格1120円の1.63倍に相当する1832円で初値を付けた。同社は、人材派遣紹介事業が主力の人材サービス会社。公開株式数は155万2500株。



今回は上手く売却できたようです。今日のPTSでは人気があり、高値1,935円を付けています。出来高も1万株を超えており人気となっています。逆にブリッジインターナショナルは爆下げとなっているため、短期決戦が望ましいのかもしれません。CRGホールディングスの値動きに注視したいと思います。


また、先日ご紹介しましたが松井証券が前受け金不要に変更されています。口座を開設していない方はこの機会に持っておくとよいでしょう。ソフトバンク上場にも絡んでくる可能性があります。その他にも一般信用売建サービスが人気なので口座を持っておくと得をする機会があるでしょう。


松井証券のIPO申し込みが前受け金不要になる! 【一般信用売建取扱いもあるぞ】
⇒ 松井証券公式