アースインフィニティ(7692)の抽選結果が出そろいました。IPO市場が活況となっていることで参加者が多くなり、当選確率が下がっているように思います。しかし1回当選すれば通常よりも大きな利益が出る可能性が高いため、落選続きでも精神力を持って抽選に参加しています。


今回はタスキ(2987)と日通システム(4013)に続く抽選になるため3銘柄の連続当選を願っていました。10月に入り運気が回復してきたようです!


アースインフィニティ(7692)IPO抽選結果と公開価格


同社の初値予想はそれほど利益が見込める雰囲気ではありませんでしたが、目を疑うような修正値が出ています。投資環境が良いことに加え、IPO市場に資金が流入しているためだと考えられます。


マザーズ指数も1,300ポイントあたりを推移し、ここ10年間では高い位置にあります。このまま最高値を更新するのではないか?とさえ思えるほどの勢いがあります。


新興市場に資金が流入するとIPO市場も活況が続くため、このまま市場活況の環境が続くことを願います。IPOに当選すれば数十万円の利益を手に入れることができる環境のため、投資家も殺到しているようです!


アースインフィニティ(7692)IPOの公開価格が決定

同社の仮条件範囲は1,820円~1,970円でした。公開価格は仮条件上限の1,970円に決定しています。


ブックビルデングは申告された総需要が公開株式数を十分に上回る状況だったそうです。また幹事引受価格は1,812.40円に決定しています。


発行価格と引受価格の差は1株につき157.60円になり、これが証券会社の収益になります。


アースインフィニティの事業は小売電気事業やガス小売事業などを行っているため、提携先が増えることで収益が拡大します。上場後は信頼の面でも契約数が増加する期待があると思います。


また、ストック型ビジネスのためIPOでは好まれると考えています。事業内容や業績などは下記記事でまとめています。
アースインフィニティ(7692)IPO上場承認と初値予想


アースインフィニティ(7692)IPOの幹事別抽選結果はこうなりました!

アースインフィニティの抽選結果がすべて出そろいました。


幹事名抽選結果
みずほ証券(主幹事)落選
SBI証券落選
丸三証券不参加
岡三証券落選
マネックス証券落選
岡三オンライン証券落選


アースインフィニティIPOの抽選結果


私は落選しましたが毎回のようにSNSでは当選された方が出ています。


どんだけ引きが強いんだよ?と思う時もありますがネット抽選だと全ては運なので仕方がありません。




落選続きの方はこれからも申込続ける努力を行っておきましょう。自分に足りないのは資金力なのか?それとも証券口座なのか?


又は、IPOに対しての取り組み方が間違っているのか?と考えるいい機会なのかもしれません!私は「運」がやや足らなかったようです。資金がもう少しあれば新しい取り組みを行ってみたいと考えています。


IPOに真剣に取り組みたい方は下記記事を参考にされると良いかもしれません。



アースインフィニティ(7692)IPOの最新の初値予想は?

想定発行価格1,970円の初値予想は3,000円~5,000円でした。仮条件発表後の修正値は5,000円~6,000円に上方修正されています。


最新のIPO初値予想


上場市場はジャスダックになります。新興市場への上場であればジャスダックでもマザーズでも関係ないくらい買われています。


上場規模が小さくことが大前提になりますが、アースインフィニティだと初値売却で利益が30万円~40万円見込めるようです。またこのような相場は長く続かない傾向にありますが、コロナ禍により長く維持できています。


利益が見込めるような企業しか上場承認されていないことなども要因の一つだと思います。ぜひこの機会に1つでも多くの当選を狙いましょう。


ユニコーン9号案件のディビイに投資を行うことを決めました!

個人的な話になりますがユニコーンの9号案件に投資を行うことを決めました。主幹事と監査法人が内定しているそうなのでIPOを行ってくると考えました。


人気があることは既に確認できているため、募集申し込み時間にアクセスして投資申込みを行います!立て続けに投資を行っているので若干不安もありますが、リターンに期待したいと思います。案件の内容は下記記事でまとめています。




資金調達企業は「ディビイ」になります。自然言語処理では日本でトップクラスの技術を持っているそうなので、今後の活躍に期待したいと思います。


IPOに当選し利益が出たためその利益を株式投資型クラウドファンディングで運用したいと思います!


ユニコーン10号案件も既に出てきているためこちらにも期待したいと思います。投資を行いたい企業がどんどん出てくるので不安もありますけど、5社投資を行い1社でも上場すれば資金回収もしくは投資額の数倍は利益が見込めると考えています。


ファンディーノでも投資を行っているので、保有株のどれか上場してくるでしょう。


ディビイは個人的に一押し案件ですが、必ず上場(IPO)が約束されたわけではありません。その辺りは注意が必要です。またファンディーノもユニコーンも口座開設でAmazonギフト券が期間限定で貰えます。


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!