フィナンシェトークン(FNCT)が大暴落しています。コインチェックのIEO第2弾として上場しましたが祭りは短期間で終了しています。


国内IEOとしては第3号になり短期的に儲かった投資家も多かったようです。数百万円の利益を手にできた投資家も意外といたようです!


フィナンシェトークン(FNCT)暴落とIEO結果
※コインチェック公式サイト引用


FiNANCiE(フィナンシェ)はブロックチェーンを活用したトークン発行型クラウドファンディングとなっています。


クリエイターとファンが構成するコミュニティを主体としてビジョンを実現していく仕組みを提供しているとあります。


イーサリアムブロックチェーン上で発行された暗号資産になり、FiNANCiEユーザーに報酬として付与できる仕組みとなっています。


また、FiNANCiEのコミュニティが成長するためのインセンティブとして活用する予定だそうです。


既に抽選が終わっているため大きな利益を狙えるわけではありませんが、値動きを確認しておきたいと思います。


フィナンシェトークン(FNCT)の募集内容を確認してみました

フィナンシェトークン(FNCT)の募集内容を確認しておきたいと思います。


公式サイトを確認するとFNCT取引所上場記念のキャンペーンが行われていました。いまさら参加しにくそうですが興味があれば面白いかもしれません。


フィナンシェトークン(FNCT)の募集内容
※コインチェック公式サイト引用


項 目その内容
申込開始2023年2月21日12時から
申込終了2023年3月07日12時まで
抽選日2023年3月07日
抽選結果連絡2023年3月08日~3月09日
取引所上場2023年3月16日


項 目その内容
総発⾏枚数20,000,000,000枚
販売総数2,600,000,000枚(総発⾏枚数の13%)
販売総額1,066,000,000円
販売価格0.41円/FNCT
申込単位(1⼝)10,000FNCT
申込上限⼝数2,000⼝
受渡⽇2023年3⽉08⽇~2023年3⽉09⽇まで


販売総額は10億6,600万円になりFNCT1枚当たりの金額は0.41円です。1口当たりだと4,100円になります。


販売総数は総発⾏枚数の13%になっています。今後かなりの売り圧力を抱えていると言っても良さそうです。


IEOは上場時に盛り上がりその後はダラダラと価格が下がるイメージがあります。


投機的な資金が集まり賑わう感じですね。かなりリスクがある投資だと個人的に感じます。抽選に参加した方は爆益みたいですけどね。


フィナンシェトークン(FNCT)の上場結果と暴落について確認!初値はいくら?

フィナンシェトークン(FNCT)の上場結果を確認してみたいと思います。


フィナンシェトークン(FNCT)の上場結果と暴落
※コインチェック公式サイト引用


上場時の初値(始値)はコインチェックの日足確認だと0.6150円になるようです。その後3.1110円まで高騰しています。


販売価格が0.41円なので高値で売却できた場合は約7.59倍になります。


1口当たり4,100円なので1口計算だと31,119円になります。よって差引1口当たり27,019円の利益だと試算出来ます。


10万円分購入していれば10万円が759,000円、100万円分購入していれば100万円が7,590,000円になります。


高値で売却するのは至難の業だと思いますが夢がある投資だと思います。売が殺到するため下げるスピードも速いでしょうけどね。




IEOって儲かるの?フィナンシェトークン(FNCT)まとめ

IEO(イニシャルエクスチェンジオファリング)とは暗号資産取引所が主となり、トークンによる資金調達を行う方法になります。


暗号資産取引所と仮想通貨取引所は同じです。取引所が介入するため審査面でメリットがあります。


ICOと比較されることもありますが投資する側から考えるとIEOのほうが安心できます!


フィナンシェトークン(FNCT)まとめ


フィナンシェトークン(FNCT)の抽選倍率は18.78倍以上になったと観測され、販売総額1,066,000,000円に対して申込金額が20,021,288,100円となったようです。


かなり人気があったと言えます。抽選に参加した方の多くは利益を得られた可能性が高いと言えそうです。結果的に抽選組が勝者と言えそうです。


しかしIEOならどれでも儲かるのか?と言えばそうではありません。国内第2号のFCRコインは良いところがなく損失を被った方も多くいます。GMOコインで取扱いが行われました。


ここで思ったのは取引所の力が関係してくるのでは?ということです。国内第1号もコインチェックのパレットトークン(PLT)でしたからね。


パレットトークンも爆益となり抽選に参加し当選された方はヤバイくらい利益を出された方もいました。そもそもIEOってリスクある投資だと思います。ただ、儲かるチャンスもありますよね!!


暗号資産(仮想通貨)をまだ始めたことがない方はコインチェックの口座は必須なのかもしれません。私も過去に200万円くらい含み益が出ていましたが売り時を逃がし失敗したことがあります。


投資チャンスはありますが値動きが激しいため余裕資金で取引を行うことをお勧めします。


上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフトカード1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じて最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。