ブリッジインターナショナル(7039)が上場しましたが、初値付かずで終了しています。公開価格の2.3倍まで上昇し、買方優勢となり5,320円で引けています。明日は即金規制で信用買いはできないため、価格を伸ばしてくるのか注目しています。10分で270円づつ株価が上昇しますが、どうやら9時台には売買が成立しそうです。


ブリッジインターナショナル上場2日目気配運用


項 目 気配運用の内容
板中心値段 5,320円(公募・売出価格)
上限値段 12,240円(更新値幅270円、更新時間10分)
下限値段 3,990円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲 1,330円以上、21,280円以下


【モーニングスター社】

3日、東証マザーズに新規上場したブリッジインターナショナル<7039.T>に買い注文が殺到し、上場初日をカイ気配のまま終えた。最終気配値は公開価2310円の2.3倍に相当する5320円だった。

電話やメールを用いたインサイドセールスのアウトソーシングなど、営業改革支援を手掛ける。ニッチ分野でビジネスを展開する、新興市場上場銘柄らしい企業で、働き方改革のテーマにも乗る。東京株式市場全般が堅調で投資マインドが改善する中、今週は同社のみの上場であるため、初値買い資金が集中した。



上場2日目の初値予想は5,300円を予想しています。その後、株価がどうなるのかわかりませんがストップ高になるようなことがあれば今後のIPOも好調でしょう。ナルミヤ(9275)やイボキン(5699)などの地味な業種にも資金が入っています。アズーム(3496)はS高となり10,000円の大台を軽々と超えているようです。


日経平均は24,000円を超え高値圏にありますが、新興市場の指標となるマザーズ指数は 1,054.04ポイントと低調です。新興市場に資金が流入し個人投資家から「億り人」がでるまでまだ猶予がありそうです。私は、ある銘柄に資金を投入しようと迷っていたら乗り遅れたようです。


NY市場が大きく下げたタイミングを狙っていますが、なかなか落ちてきません。為替も113円台と好調ですが、何となく毎日が怖く積極的になれません。ブリッジインターナショナルのセカンダリーに参加されている方の積極性には脱帽ものです。テーマ性があり人気となっていますがリスクも大きいですよね。


伊藤忠商事株主で話題のクラウドクレジットに投資しています! 【利回り10%以上も】
⇒ クラウドクレジット公式



※クラウドクレジットについて詳細を調べて記事にしました