鎌倉新書(6184)IPOがマザーズに新規上場承認されました。
ライフエンディングサービスを行っていますが益々需要が見込めるそうです!


鎌倉新書(6184)IPO初値予想


業種:サービス業
市場:東証マザーズ
公開予定:12/04
BB期間:11/18~11/25


【事業内容】
当社は、仏壇仏具業界向けの出版部門からスタートして以降、事業領域をライフエンディング市場に広げてまいりました。この歴史で培ってきた、葬儀、仏壇、お墓を中心としたライフエンディングにおける豊富な情報や、それに関わる多くの取引先を有していること等の強みを活かし、現在は運営するポータルサイトを通じて、ユーザーに対して様々な情報提供を行っております。
なお、当社を取り巻く事業環境については、我が国において死亡数の増加がしばらくの間続くことが見込まれることや、今後更に高齢化が進展するもの(内閣府「平成27年版高齢社会白書」より)と考えております。このような背景から、当社が属するライフエンディング市場は当面拡大傾向にあり、事業機会はますます増加していくものと考えております。

まとめると⇒ ポータルサイトを通じたライフエンディングサービスに係るマッチング事業及び書籍販売事業



【資金使途】
手取概算額121,960千円及び「1 新規発行株式」の(注)3に記載の本第三者割当増資の手取概算額上限63,258千円については、全額を今後の事業拡大のための運転資金(平成28年1月期:20,000千円、平成29年1月期:130,000千円、平成30年1月期:35,218千円)として充当する予定であります。
運転資金の使途としましては、上場による認知度及び信頼性の向上を図りながら、営業の販路を拡充していくこと、及び新規事業の開発を行っていくための人材の採用を主軸として考えております。
このような考えを踏まえ、当社の今後の成長に必要な人件費として185,218千円(平成28年1月期:20,000千円、平成29年1月期:130,000千円、平成30年1月期:35,218千円)を充当する予定であります。人件費の使途の詳細は、既存事業の営業活動の強化のための人材の採用、生前準備領域の新規事業の立ち上げ及び展開のための人材の採用、採用力強化のための人事部門の人材の採用、上記の採用に伴う採用活動費及び人件費関係の増加分であります。



100株単位
公募株数 150,000株
売出株数 350,000株
合計株数 500,000株(5000枚)  ←少し期待したいです


想定価格 920円 ⇒ 9.2万円
仮条件  920円~1000円に決定しました!


【幹事団】
SMBC日興証券
大和証券
岩井コスモ証券    ←申込忘れ多し!後期型申込です
極東証券
SMBCフレンド証券
丸三証券
東海東京証券
岡三証券     岡三オンライン証券
SBI証券         ←当選するかもしれない?





■ 鎌倉新書IPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出し75,000株
想定発行価格920円を基に吸収金額を算出すると4.6億円となり
オーバーアロットメントを含めて算出すると約5.3億円となります。
鎌倉新書HP⇒ 豊かな社会づくりに貢献します


鎌倉新書(6184)IPO評判 
↑クリックで拡大します      ⇒ SBI証券のIPOチャレンジポイントとは


売上・利益ともに順調で拡大傾向にあるようです。
誰もがお世話になるであろうライフエンディング事業です。
自社ポータルサイト運営を行っており、いい葬儀、いい仏壇、いいお墓等を運営
しています。事業は違いますがこの手の企業はたまに見ますね~


また、ライフエンディングに関わる書籍の企画・制作・販売も行っており抜かりない
収益構造?
さらにYahoo! JAPANとも提携しているようです。
最近お葬式にめっちゃ参加するので死を意識しています(私もそろそろ?)


会社設立は1984年となり、東京都中央区日本橋本石町に本社があります。
社長は清水祐孝氏52歳で株式保有割合は60.29%となります。
会社従業員数は45名で平均年齢38歳、平均勤続年数3.2年、平均年間給与
約523万円となります。臨時雇用は年間24名。


鎌倉新書(6184)ロックアップとVC 
↑クリックで拡大します      郵政IPOで幹事引受⇒ 立花証券 ・ 安藤証券 


【ロックアップの状況】
本募集及び引受人の買取引受による売出しに関し、貸株人かつ売出人である清水祐孝、当社株主である株式会社かまくらホールディングス、YJ1号投資事業組合、清水優紀及び清水啓太郎は、SMBC日興証券株式会社(主幹事会社)に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して180日目の平成28年5月31日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含む。)の売却等を行わない旨を約束しております。



ロックアップは180日間でロックアップ解除倍率は記載がありません。
VCのブレイン・アンド・キャピタルHDにはロックアップは付与されていないようです。
出版会社でネットを使っているとイメージしていましたが内容を見ると葬儀や仏壇
などのサイトを運営している企業でした。
時代の流れとはいえ、便利なようで寂しくもあります。
一般的な?檀家の流れも途絶えお寺も大変だと聞いております 


とは言えIPO的目線で全力申込間違いないです!!
しかしSMBC日興証券の幹事が続いていますので、資金があまり無ければ狙って
IPOの申込をした方が良いでしょう。
1番人気よりも、2番人気へ申し込むなど。銘柄別に資金が拘束されますので
資金がある方が多少優位になります♪


鎌倉新書(6184)IPO幹事やります!! ネット応募が可能になりチャンス
東海東京証券
 

※東海東京証券のIPO抽選ルール詳細はこちら



【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2014年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】



鎌倉新書(6184)初値予想とIPO分析 【ライフエンディング需要で初値も期待大】



上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!