アクシージア(4936)が明日上場します。化粧品及やサプリメントを製造販売している企業になり、日本よりも中国への売上げが大きい企業です。


中国の化粧品市場は拡大を続けている最中になり日本とは事情が異なります。そのため売上拡大が続いています。ただ上場時点の株価が割高となっているため、どこまで上値があるのか見ものだと考えています。


アクシージア(4936)最終初値予想
※アクシージア公式ページ引用


東京証券取引所から発表された気配運用は下記のようになります。


項 目気配運用の内容
板中心値段1,450円(公募・売出価格)
上限値段3,335円(更新値幅73円、更新時間10分)
下限値段1,088円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲363円以上、5,800円以下


地合いが良いため当選者の売渋りも起きそうな気がしています。大手予想を超える初値になる期待も十分あります。


先に上場したQDレーザー(6613)とアールプランナー(2983)の初値が好調だったことから同社も期待できそうです。


公開価格1,450円から吸収額を計算すると約110.1億円と大きく時価総額は約374.1億円になります。PERは39.6倍でPBRは5.09倍です。


またベンチャーキャピタル保有株はなく、ロックアップが180日間掛かっています。新株予約権の行使は上場時点で行えないようです。公開株数がOAを含め7,590,000株あるため初値形成時にどの程度の売りが出てくるのか確認しておきましょう。


中国越境ECでは日本製の化粧品を購入したいと関心を寄せている消費者が多くいるということで、同社の業績に表れているように感じます。


詳しい事業内容や株主構成などは下記記事にまとめています。

アクシージア(4936)IPOの初値予想


アクシージア(4936)の最終初値予想はこうなる!

大手予想を確認してみると事前予想と変化がありませんでした。急騰した銘柄の影響はあまり受けないようです。


上場後はECサイトだけではなく、店舗による販売も拡大させるとあり費用面も必要になりそうです。


最終初値予想


最終初値予想は2,000円となっているようです。


類似企業のPERだとI-ne(4933)が30.14倍、プレミアアンチエイジングが34.19倍になります。※2020年2月17日調べ


プレミアアンチエイジングの株価推移を確認するとアクシージアも買われると感じますが、そもそもの株価設定が高いとされているためセカンダリーで上げるのか微妙な気がします。


また300株の配分があったため何処で売ればいいのか私も悩んでいます。数日間売らないほうが良さそうな気もしますが初値が高ければ売ってしまいそうです。


機関投資家の買いが大量に入るようなので出来高次第で、しばらく売却を我慢する投資家も多い気がします。中国をターゲットにした成長企業と聞くと悩ますよね。


日経平均が30年ぶりにバブル状態だからIPOも買われる

日経平均が30年ぶりの高値となっています。2021年2月17日の日経平均終値は30,292.19円です。


30年前と言えば私は中学生でした。担任がよく日経平均をテストに出していたため覚えています。あれから景気は良くなったのか?と考えると良くなっていないと思います。


これって単にコロナ禍のために金融緩和が行われ、日銀やGPIFなどが買いまくっているのでは?なんて考えてしまいます。


ただIPO市場もコロナによりこれまでにないほど好調となっているため、この機会にガッツリ稼いでおきたいですよね。ということで2021年はIPOにたくさん当選できるよう祈りたいと思います。抽選申込忘れをなくせるように頑張ります!


当サイト独占!!未上場企業に投資ができるファンディーノさんとタイアップさせて頂いています。口座開設のみでAmazonギフト券をプレゼントさせて頂きます。投資額の数倍~数十倍のリターンを狙う投資になります。


EXIT(イグジット)した企業はファンディーノだけですからね。投資を行わなくても未上場企業の事業内容など詳細を確認すると面白いと思います。詳しくは下記記事でまとめています!


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!