アクシス(4012)IPOの初値予想と幹事割当などを今回も自己評価したいと思います。上場前の抽選参加スタンスや業績予想などについても調べています。


金融機関向けシステム開発を行う企業になり、業種カテゴリーは「情報・通信業」です。軒並みこの手のIPOが上昇しているため気になっている銘柄です。またプチ上場ラッシュ後半に位置するため、もしかしたら上場後に資金が入る可能性があります。


インタファクトリやニューラルのように上場した後に連続ストップ高の流れも期待できるかもしれません。重しとなるのはキオクシアホールディングスとDmMiXのIPOだと思います。


アクシスIPO初値予想と幹事割当


項目株数データ
想定価格1,020円
仮条件9月10日
公開価格9月18日
公募株数78,000株
売出株数440,000株
公開株数(合計)518,000株
オーバーアロットメント77,700株
幹事団SMBC日興証券(主幹事)
SBI証券
エース証券
岡三証券
極東証券
楽天証券
委託見込岡三オンライン証券
ライブスター証券


ここ数年の売上げが拡大し続け印象がよい銘柄です。利益は2017年12月を境にやや減少気味です。今期は前期を大きく超える増収増益を見込んでいます。


システムインテグレーション事業を手掛け、デジタル革命によりさらに需要が増えるとされている分野になります。金融機関や官公庁の公共機関などの一次下請けを行っています。


金融機関ではメガバンク系との提携もあるため実績面も評価できると思います。マザーズ上場となっていますが、会社設立は1991年6月となっており既に29年以上設立から経過しています。


類似企業も多いため最終的にはPER20倍~30倍に落ち着くと考えられますが、初値だけは短期的に異常値になると思います。IT系なら何でも買われる相場は見ていると面白いですが乗り遅れると気持ちがモゾモゾしますよね。


主幹事のSMBC日興証券からの申込みだけは忘れないようにしましょう。数万人が申込みを行ってくると考えられますが一番当選確率が高いはずです!IPO抽選ルールは下記記事でまとめてみました。


 

アクシス(4012)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値なので、投資家のブックビルディングスタンスにも影響を与えると考えています。


IPO初値予想


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想(A社)2,500円~5,000円
※注目度B


プチIPOラッシュ後半になるため初値が低ければセカンダリーで上向く可能性があると思います。初値は現在のところ2倍以上を予想しているようです。値幅が広いため上場直前まで判断が難しそうですね。


公募組は初値売却、もしくはリスクをとりセカンダリーにそのまま移行する方も出てくるでしょう。こちらも難しい判断を迫られると思います。


もっと詳しく知りたい
アクシスの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。
アクシス(4012)IPO上場承認と初値予想!フィンテック受注増でメガバンク御用達

Twitterでも情報発信しているのでよかったら参考にしてください。Twitterは投資材料の宝庫だと思います!


アクシス(4012)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

アクシスの幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事はSMBC日興証券になります。


幹事名割当株数引受割合
SMBC日興証券466,500株90.06%
SBI証券10,300株1.99%
エース証券10,300株1.99%
岡三証券10,300株1.99%
極東証券10,300株1.99%
楽天証券10,300株1.99%


SMBC日興証券以外の当選は厳しそうです。楽天証券だと単元株の申込みになるため少し期待できるかもしれません。SBI証券よりも当選確率は高いと思います。


エース証券や極東証券に証券口座を開設している方は忘れないように申込んでおきましょう。私は口座開設を行っていないためスルーします。


岡三証券は余裕があれば申込を行うスタンスです。株価が低いためこのままであれば十分参加できそうです。


また、岡三オンライン証券でも取扱いが決定していました。前受け金不要のため面倒でなければ申込を行っておきましょう。誰かに当選していますからね。




アクシス(4012)IPOの業績予想と抽選参加スタンス

アクシスの最新業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。人気が見込めれば積極的に参加しIPOで利益を狙いたいと思います!


業績予想とBBスタンス考察


業績を確認すると2020年12月期の単独業績予想が出ていました。それによると売上36.8億円となり前期34.1億円から7.9%増、経常利益2.7億円となり前期1.8億円から50%増、四半期利益は1.9億円となり前期1.3億円から46.2%増を見込んでいます。


ただし前期の営業利益が低いため、今期の業績が良く見えているだけのようです。利益を考えると2018年12月とほとんど変化がありません。


類似企業だとソルクシーズ(4284)やキューブシステム(2335)などが参考になりそうです。アクシスのPERは想定発行価格の1,020円算出で約10.21倍、PBRは16.13倍になります。


上場時の株主状況はベンチャーキャピタル出資がなく、ロックアップは180日間の解除倍率なしとなっています。また、ストックオプション(新株予約権)は2021年12月20日からしか行使できない条件が付けられています。


通常であれば初値2倍程度が妥当のような気もしますが、どこまで上昇するのか見ものだと考えています。続くIPOの発表が記事作成時点でないためセカンダリーで上昇すれば10月後半のIPOに期待ができそうです。


ここでお得情報です。期間限定になりますが、FXTFの新規口座開設で2,000円が貰えます。そして1取引完了で3,000円がプレゼントされます。合計で5,000円になるためビッグなキャンペーンです!


この他、2,000円分の当サイトタイアップ特典も付けて頂きました。


FXTFのスプレッドはMT4採用企業の中では最狭スプレッドを提供し続けています。ドル円だと0.1銭で提供しているので気になる方は公式サイトで確認してください。FXTFの詳細記事は下記でまとめています。よかったらこちらも参考にしてください。


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!