ANYCOLOR(エニーカラー)IPOの初値予想と幹事割当数などを自己評価したいと思います。事前人気が高く大きな利益を期待できそうです。


しかも株価設定が低いとされ初値2倍が既に視野に入っているようです。公開株数も多いことから複数株単元の当選も考えられそうです!


ANYCOLOR(エニーカラー)IPOの評価


項目株数データ
想定価格1,490円
仮条件5月23日
公開価格5月31日
公募株数50,000株
売出株数1,114,000株
公開株数(合計)1,164,000株
オーバーアロットメント174,600株
幹事団大和証券(共同主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(共同主幹事)
SBI証券
野村證券
松井証券
マネックス証券
委託見込CONNECT
auカブコム証券


約150名のVチューバーが所属している企業になり、VTuberグループ「にじさんじ」の運営を行います。


代表の田角陸氏の年齢は26歳と若く、会社もまだ5期しか経過していません。東証グロース市場への上場になりますがスピード上場企業としても注目されそうです。


しかも業績が急激に拡大している成長企業のため、個人投資家だけではなく機関投資家からも注目される観測が出ているようです。


某紙では「驚異的な成長」といったコメントも出ているようです。また、YouTube媒体と考えた場合に比較対象となる企業はUUUM(3990)になりそうです。こちらは株価1,312円でPER48.96倍になります。


エニーカラーは想定発行価格1,490円から算出されるPERが17.87倍になります。かなり差があるため外人の資金を呼び込む可能性もあるようです。


同社はVチューバー事務所になり、ライブストリーミングやコンテンツ販売(イベント)などを行います。


2021年4月の売上構成比はライブストリーミング領域31.4%、コマース(コンテンツ)領域43.9%、コマース(イベント)領域7.9%、プロモーション領域13.6%、その他領域3.2%となっています。


ANYCOLOR(エニーカラー)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値だと考えているため、個人投資家のブックビルディングスタンスにも影響を与えると思います。


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想3,000円~4,000円
※注目度A


初値2倍以上の予想が既に見込まれています。しばらく前に上場を行ったモイ(5031)も類似企業になるためPERなどを意識してきそうです。


しかしANYCOLOR(エニーカラー)の株主にはベンチャーキャピタル出資が多く懸念材料もあります。


ロックアップ解除倍率設定がなく180日間はロックアップ対象となっているため、ロックアップ期間を終えると売り込まれる可能性がありそうです。


短期的には上値を目指す展開も十分考えられそうです。マザーズ指数の下落が止まらないため地合いが大きく関係してきそうなことは注意が必要だと思います。


同社の事業内容や上場承認時のデータは下記記事でまとめています。

ANYCOLOR(エニーカラー)の上場データと初値予想を考察


ANYCOLOR(エニーカラー)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事は大和証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券が共同で引受けます。


承認時には平幹事の記載はなかったように思いますが、あたらめてデータを確認すると追記されていました。


幹事名割当株数引受割合
大和証券756,800株65.02%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券349,200株30.00%
SBI証券34,900株3.00%
野村證券17,300株1.49%
松井証券2,900株0.25%
マネックス証券2,900 株0.25%


大和証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券からの申込を中心として、平幹事や委託幹事から徹底的に申込を行っておきましょう。


当選確率が高いとは言えませんが、自分にできることをしっかりと行っておくことで落選しても悔いが残らないようにしましょう。


入出金が発生する方は早めに取り組んでおくとよいと思います。大和証券からの委託販売を行っているCONNECT(コネクト)からの参加も忘れないようにしましょう。


どうやら大和証券よりも抽選による個人配分が高くなる場合があるようです。




また、GMOコインでIEOが発表されたので詳しく内容をまとめました。新規暗号資産(仮想通貨)による資金調達になります。


GMOコインの口座開設を今らか行っても間に合うと思います。私も口座開設だけ先に済ませました。




ANYCOLOR(エニーカラー)IPOの業績予想と抽選参加スタンスまとめ

最新の業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。


事前人気が高いため少々地合いが悪くても積極的に参加したいと考えています!


ANYCOLOR(エニーカラー)IPOの業績予想
※エニーカラー公式サイト引用


業績を確認すると2022年4月期の単独予想を確認することができました。それによれば売上132.59億円となり前期76.36億円から73.63%増、経常利益37.53億円となり前期14.51億円から158.65%増となります。


四半期利益は24.97億円となり前期9.37億円から166.49%増と驚異的な増収増益になっています。


また想定発行価格1,490円から算出される指標は、EPS83.40からPER17.87倍、BPS201.01からPBR7.41倍となります。大手によれば保守的な株価設定になるようです。


設立から時間がそれほど経過していないにも関わらず、しっかりとした業績となっていることで機関投資家を巻き込んだ売買が期待できそうです。


IPO空白期間の追風もあり初値好調となる展開が期待できそうです!


TECROWD(テクラウド)でAmazonギフト券が3,000円分貰えるキャンペーンが行われています。内容を詳しく書いているのでよかったら参考にしてください。


上場企業に投資できるFundsのスキームが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)代表にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・口コミを徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!!