アクリート(4395)の初値予想暫定記事になります。主幹事はSMBC日興証券となり公開株数920,000株、オーバーアロットメント138,000株、上場よによる市場からの吸収額は約7.3億円と上場規模が小さい銘柄です。事業は個人認証やマーケティング、コミュニケーションなどを目的としたSNS配信を行い、携帯電話事業者大手との契約により事業拡大への期待が高い企業です。


SNS市場の拡大とともに売上増加も期待ができますが、同社は広告だけを配信するのではなく、人材サービスや債権回収、ユーザーサポート、マーケティング等の提供も行っています。さらに今後は金融機関や物流などへの市場にも開発を行いシェア拡大を狙っている企業になり、上手くいけば大きな市場を獲得する可能性があります。


アクリート(4395)初値予想暫定


項目 株数データ
想定価格 690円
仮条件 7月09日
公開価格 7月18日
公開株数 920,000株
オーバーアロットメント 138,000株
上場時発行済み株数 5,300,000株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額 約36.6億円
幹事団 SMBC日興証券(主幹事) ←口座必須
みずほ証券
SBI証券
岩井コスモ証券
エース証券
マネックス証券 ←完全平等抽選


初値予想1,400円~1,700円


2018年12月の単体業績予想は売上46.5%増、経常利益17.5%増(3,000万円増)の増収増益予想が出ています。PERは想定発行価格算出で約26.39倍になります。アクリート詳細は下記記事からご確認をお願い致します。

⇒ アクリート(4395)IPO新規上場と初値予想


筆頭株主であるBANA1号有限責任事業組合がベンチャーキャピタルとなるため少し不安材料はあるものの、180日間のロックアップが付与されています。他のベンチャーキャピタル保有株には公開価格の1.5倍でロックアップが解除されることになっています。ストックオプションは472,000株が存在し、行使期限に入っている株数はゼロとなっています。


どうやら上場初日に初値形成とはならない雰囲気となっており、大きく初値を伸ばしてきそうです。また同日上場にはエクスモーション(4394)があり資金分散が起きると思われますが、どちらも人気化すると思われるだけにIPO当選を狙いたいですね。とにかくIPOに申込んで当選すればガッポリの構造となっています。


アクリートの公開株数は少し多めなので当選を期待して申込んでおきましょう!


アクリート(4395)IPO主幹事です! 【私はネット口座だけで当選しています】
⇒ SMBC日興証券公式サイト