アルファパーチェス(7115)とダイワ通信(7116)、アップコン(5075)IPOの上場直前の初値予想と東京証券取引所から発表された気配運用を調べました。


公開価格割れ懸念がある銘柄が2つありますよね。アップコンは名証ネクスト市場への上場なので厳しそうです。まず、アルファパーチェスから確認してみたいと思います!


アルファパーチェス(7115)IPOの上場直前の初値予想
※アルファパーチェス公式ページ引用


東京証券取引所から発表されたアルファパーチェスの気配運用は下記のようになります。

項 目気配運用の内容
板中心値段880円(公募・売出価格)
上限値段2,024円(更新値幅44円、更新時間10分)
下限値段660円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲220円以上、3,520円以下


間接材の物販事業を中心とした経営を行っている企業です。親会社がアスクル(2678)になるため投資先として安心感があります。


業績規模が大きく緩やかな増収増益傾向にあるため一定水準まで買われると考えています。上場後はどこかのタイミングで株主優待設定の期待もできそうです。


上場規模は約20.2億円、時価総額は約81.6億円になります。上場規模はスタンダード市場としてはやや大きめとなっています!


配当金が13円出るため公開価格算出だと配当利回り1.48%になります。ないよりは嬉しい程度ですね。


上場企業を中心とした大手向けにマーケットプレース方式を用いてサービス提供を行うため透明性があるとのことです。上場により同社と提携する企業の増加が見込まれ、しばらくは業績面の心配はなさそうです。


競合はモノタロウ(3064)、トラスコ中山(9830)、ミスミグループ本社(9962)になるようです。


ジリジリ業績を伸ばし気が付けば株高状態となるパターンも考えられそうです。親子上場懸念はありますが3社同日上場の中では最注目銘柄になると考えています!


上場内容や業績などについては下記記事でまとめています。

アルファパーチェスの上場データと初値予想を考察


アルファパーチェス(7115)の上場直前の初値予想はこうなる!

アルファパーチェスの上場直前の初値予想について調べてみました。


上場直前の初値予想


大手の上場直前の初値予想は1,000円となっています。


アソインターナショナル(9340)が本日上場しスタンダード市場に資金が入りにくいと確認できました。ただ個人的には公開価格割れは心配していません。


買われる材料としては配当性向が18%から30%に拡大することを予定しているからです。中長期的な話になりますが配当性向拡大が予定されています。


株主優待も付けば個人投資家には人気となりそうです。親会社と似たようなインカムゲインになりそうな気がしています。


グロース市場のような派手さはないかもしれませんが、機関投資家主導の展開に期待しています。卸売業なので個人投資家には現時点で不人気だと考えています。


ダイワ通信(7116)の上場直前の初値予想と気配運用を調べました

ダイワ通信の上場直前の初値予想と気配運用について調べてみました。


ダイワ通信(7116)IPOの上場直前の初値予想
※ダイワ通信公式サイト引用


東京証券取引所から発表されたダイワ通信の気配運用は下記のようになります。


項 目気配運用の内容
板中心値段1,700円(公募・売出価格)
上限値段3,910円(更新値幅85円、更新時間10分)
下限値段1,275円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲425円以上、6,800円以下


大手の上場直前の初値予想は1,800円となっています。


監視カメラシステムの販売や施工、そして保守などを行う企業になります。この他、ソフトバンクショップの運営を行っています。


上場内容や業績などについては下記記事でまとめています。

ダイワ通信の上場データと初値予想を考察


同社は少し危ういIPOだと考えており、上場市場はスタンダード市場で卸売業になります。アルファパーチェスと同じなんですよね。


公開株式は全て売出株で無配、業績水準が低いわけではありませんがアルファパーチェスに比べると規模が小さくなります。


ベンチャーキャピタル出資がないことは好感できますが成長性は感じられません。2期連続の減収減益はイメージが悪すぎます。とは言え赤字企業に投資をするよりも安心感がありそうです。


上場規模は約13.9億円、時価総額約46.0億円になりPERは14.9倍になります。類似企業比較だと株価設定が割安ではないため公開価格付近で初値が付く可能性が高そうです。


期待はバリュー株意識と監視カメラやAI(人工知能)を利用した顔認証システムへの期待でしょうか。監視カメラ市場は引き続き拡大すると考えられているため公開価格をやや超えた初値が期待できそうです。


地合いが悪ければ割れるかもしれません。


私はアルファパーチェスとダイワ通信が100株ずつ当選しているため、合わせてプラスになればというスタンスです!!


ドコモユーザーは1万円からETF投資ができるTHEO+docomoがお勧めです。dポイントが貰えるキャンペーンも行われています。


dカードを持っていればよりポイ活に役立ちそうです。私は他社ユーザーですが利用しています。




アップコン(5075)の上場直前の初値予想と気配運用を調べました

アップコンの上場直前の初値予想と気配運用を調べてみました。


アップコン(5075)IPOの上場直前の初値予想
※アップコン公式サイト引用


名古屋証券取引所から発表されたアップコンの気配運用は下記のようになります。


項 目気配運用の内容
板中心値段1,280円(公募・売出価格)
上限値段2,944円(更新値幅64円、更新時間10分)
下限値段960円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲320円以上、5,120円以下


大手の上場直前の初値予想は1,280円となっています。


発泡ウレタンを利用した土木工事を行う企業になります。東京証券取引所TOKYO PRO Marketからの昇格になりますが人気はないと考えています。


上場内容や業績などについては下記記事でまとめています。

アップコンの上場データと初値予想を考察


業績水準が低く不安定さを感じるため3銘柄の中では一番選ばれないと思います。名古屋証券取引所ネクスト市場への上場は初値買い需要が見込めません。


名証メイン市場に上場したエージェント・インシュアランス・グループ(5836)にも資金が入らず公開価格割れとなっています。新興市場を対象にしたネクスト市場だとより需要が見込めません。


地合いが急激に悪化しているため流石に厳しいと思います。上場規模は約2.9億円、時価総額約17.9億円で主幹事はJトラストグローバル証券です。


PERも18.2倍と業種的に高く、今の地合いだと公開価格割れの可能性がありそうです。売出株削減効果も限定的でしょうね。


上場規模が小さいと感じる方もいると思いますが、地方上場で約2.9億円の吸収はなかなか大きなサイズです。


クラウドバンクで1万円投資を行うと2,500円分の楽天ポイントが貰えます。即時入金を用意している貴重な投資先だと思います!


ログインするだけで楽天ポイントが貰える凄い特典が付いています。今回のキャンペーンを利用して1万円の投資を行ってみるとクラファンに興味が湧くかもしれません。詳しくは下記記事にまとめています。


クラウドバンクに6年投資し元本回収率100%の実績

1万円から投資できコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回り5.8%で融資元本回収率は100%を維持、楽天ポイントも貰えます!

クラウドバンク

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。