AHCグループIPOの初値予想と幹事配分などを今回も自己評価していきたいと思います。予想以上の初値が期待できるようなので、できる限り資金を積み上げIPO抽選に参加したいと思います。


公開株数や上場規模も適度なので買い需要が多ければ初値持越しになる可能性もあります。ただ大手予想では福祉事業や介護事業を行う専業企業ではないためやや微妙な感じです。


AHCグループ幹事配分と初値予想


他のIPOとも日程が離れているため深刻な地合い悪化がなければ初値持越しも期待できると思います。ただし中国から始まったコロナウイルスの影響で市場が悪化傾向にあります。


歯止めがかからない状況が続くと投資どころではないため参戦者が大きく減り公開価格前後の発進となることも考えておきましょう。しばらくすれば落ち着くと思いますが、投資家心理が悪化すると良いことは起きません。


上場日の2月25日あたりには外部環境が落ち着いていると願いたいと思います。IPOと関係が深いマザーズ指数が一時840ポイントを割りこのままだとIPOにも影響が及びそうです。


項目 株数データ
想定価格 1,990円
仮条件 2月03日
公開価格 2月13日
公募株数 460,000株
売出株数 100,000株
公開株数(合計) 560,000株
オーバーアロットメント 84,000株
幹事団 みずほ証券(主幹事)
SMBC日興証券
SBI証券
マネックス証券 ←完全平等抽選
いちよし証券
エース証券
岩井コスモ証券
ちばぎん証券
東洋証券
委託見込 ライブスター証券
DMM.com証券


障害福祉事業と介護事業を行いながら外食事業も行っている企業になります。多角的経営と言えば聞こえが良いですが、どうやら投資家には微妙な感じみたいです。


障害者就労支援は成長過程にあり一定の評価が見込まれますが、その他は成熟感がある事業のようです。意外と外食事業の売上げが大きいので判断に困るかもしれません。


2020年11月の連結業績予想は売上46.5億円となり前期41.2億円から12.7%増、経常利益3.1億円で前期2.6億円となり19.6%増を予想しています。四半期利益を調べると2.1億円となり前期1.8億円から15.7%増を予想しています。


想定発行価格1,990円からPERを算出すると約18.83倍、PBR3.01倍となります。配当金は予定されていません。


もっと詳しく知りたい
AHCグループの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。
AHCグループIPO上場承認と初値予想!勢いあるテーマで爆益期待


初値予想3,500円~4,500円


kimukimu

株価設定は低めになっているけど類似企業的にはツクイ(2398)などが参考になるのかな~と考えています。


事業別売上では外食事業が24.7%となっているため外食事業(居酒屋)などと比べると少し無理がありそうです。とにかくIPO当選を目指して全力で抽選に参加するしかないでしょう!


幹事名 配分単位 引受割合
みずほ証券(主幹事) 504,000株 90.00%
SMBC日興証券 16,800株 3.00%
SBI証券 11,200株 2.00%
マネックス証券 5,600株 1.00%
いちよし証券 5,600株 1.00%
エース証券 5,600株 1.00%
岩井コスモ証券 5,600株 1.00%
ちばぎん証券 2,800株 0.50%
東洋証券 2,800株 0.50%


みずほ証券が90%を占めているようですね。基本は主幹事であるみずほ証券狙いだと思います。店頭口座を開設している方はエース証券やちばぎん証券狙いも有効かもしれません。


同社の「経営環境及び対処すべき課題」を確認すると、少子高齢化の加速や顧客嗜好の多様化、人材不足、人件費・原材料等の高騰、参入企業の増加による競合の激化等、今後も厳しい状況が継続すると想定しているようです。


AHCグループの直近業績は右肩上がりになり好調だと感じますが、常に課題解決に向け取り組むようです。


福祉事業では有資格者の確保問題があり、安定した事業所運営のため有資格者の安定雇用が重要な課題だそうです。介護事業はデイサービスを行っているため、ブランドの認知度向上とドミナント形成がポイントになるようです。合わせて事業所の安全性・信頼性を確保や一層のレベル引上げが求められます。


外食事業では類似企業(店舗)との差別化が求められていると考えているようです。タイムリーなメニューの刷新、集合教育も含めた人材の育成、顧客の嗜好の変化に合わせた業態の開発などに取り組むそうです。


また、FXに興味があればトライオートFXはいかがでしょうか?自動売買を行うだけで収益の機会があります。小額投資が可能なのでタイアップキャンペーンをついでに頂いてみると少しお得です。




3万通貨取引するだけで3,456円貰えるため自動売買に興味があれば貰ってください!期間限定で「チュートリアル本」もプレゼントさせて頂きます。これを読めばトライオートの概要を掴めるはずです。


話はもとに戻り、ロックアップは180日間で解除倍率設定はありません。またベンチャーキャピタル出資がないため需給の不安がありません。


IPOをこれまで行ってきた私個人の感覚では問題は見られません。それに仮条件を引き上げてきてもおかしくないと感じます。結局は2020年第1号で上場してくるジモティーやコーユーレンティアの初値に引っ張られる形になるはずです。


地合いが荒れなければ1枚の当選で10万円~20万円の利益が見込めるでしょう。IPO相場は地合いが少々崩れても売買が活況になることが多いため期待しています。普通株の売買もIPOで利益を上げていたら積極的になれるため当選狙いで頑張ります!


DMM.com証券がIPO取扱いをついに発表しました! 【前受け金不要で抽選に参加できる】
⇒ 株をはじめるなら、DMM.com証券

【DMM 株】口座開設

クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!