ミダック(6564)IPOが新規上場承認されました。トレードワークス(3997)とアトリエはるか(6559)に続いて岡三証券が主幹事をします。地方証券も岡三オンライン証券で取り扱いが行われることが分かったため、ミダックも取り扱いが行われるでしょう!名古屋証券取引所2部でも初値利益が狙えそうなIPOだと思います。


ミダック(6564)IPO新規上場承認


業種:サービス業
市場:名古屋証券取引所2部
公開予定:12月22日
BB期間:12月05日~12月11日


【事業内容】
当社グループは、廃棄物の適正処理を通じて循環型社会の確立を目指す企業集団であり、「ミダック」の社名は、環境を象徴する水、大地、空気の頭文字に由来いたします。かけがえのない地球を美しいまま次代に渡すことを使命とし、その前線を担う環境創造集団を目指して、事業者の廃棄物処理・管理等に関するソリューション事業を手掛けております。

まとめると⇒ 産業廃棄物の収集運搬、中間処理、最終処分一般廃棄物の収集運搬、中間処理



【資金使途】
手取概算額203,300千円及び「1 新規発行株式」の(注)5.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限57,270千円については、平成30年3月期における廃棄物処分事業の富士宮事業所の修繕費に50,000千円、平成31年3月期における廃棄物処分事業の本社事業所の水処理設備に42,320千円、富士宮事業所の焼却破砕設備に77,900千円、修繕費に22,490千円及び収集運搬事業の収集運搬車両に67,860千円充当する予定であります。修繕に関しては、設備の予防保全、故障防止及び耐用年数増加のためのものであり、設備投資に関しては、既存施設の更新及び設備新設であり事業基盤の保持及び拡大のために必要不可欠なものであります。



100株単位
公募株数 182,000株
売出株数 150,000株
合計株数 332,000株(3320枚)  ←少ないです


想定価格 1,250円 ⇒ 12.5万円必要!
仮条件  12月01日に決定予定
公開価格 12月12日に決定予定


【幹事団】
岡三証券  岡三オンライン証券
SMBC日興証券
SBI証券
マネックス証券   ←完全平等抽選方式
安藤証券



ミダック(6564)上場評判とIPO分析


オーバーアロットメントによる売出し49,800株
想定発行価格1,250円を基に吸収金額を算出すると約4.2億円、オーバーアロットメントを含めると約4.8億円です。
ミダックHP⇒ http://www.midac.jp/


ミダック(6564)IPO初値予想 ヒロセ通商タイアップ
↑クリックで拡大します      ⇒ 年末はFXデビューで食材と現金をGET  


ミダック(6564)評判


廃棄物処分事業、収集運搬事業、仲介管理事業の3つをグループで運営している企業です。
排出事業者から排出された廃棄物を処理施設において中間処理する業務であり、最終処分に先立って脱水、焼却、中和等により、減量化、性状の安定化等を行うそうです。


1.廃棄物処分事業としては、自社施設による廃棄物処理サービスを行っております。
2.収集運搬事業としては、廃棄物の収集運搬サービスを行っております。
3.仲介管理事業としては、処理業者への排出事業者紹介サービスを行っております。



廃棄物処分事業の売り上げが大きいようです。
目論見をみて気が付きましたが、株式会社ミダックはまな等の買収により発生したのれんが2,149,508千円あるそうです。現在のところ均等償却されているそうですが、業績によっては今後一気に償却される可能性もあります。
グループの固定資産が5,554,773千円なので一度の償却には額が大きいでしょうか。



ミダック(6564)従業員と株主の状況


会社設立1964年7月、静岡県浜松市東区有玉南町に本社を構えます。
社長は矢板橋一志氏(53歳)、株式保有率5.9%です。
従業員数は168人で平均年齢は42歳、平均勤続年数9.5年、平均年間給与約480万円となっています。


ミダック(6564)従業員と株主の状況 岡三オンライン証券120×120タイアップ
↑クリックで拡大します     ⇒ 岡三オンライン証券で2,000円貰えます



ミダック(6564)のロックアップ状況と私見


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受けによる株式売出しに関連して、貸株人である熊谷裕之及び、売出人である熊谷勝弘、当社株主である株式会社フォンスアセットマネジメント、高橋由起子、矢板橋一志、武田康保、加藤恵子、髙田廣明、鈴木清彦、井上正弘、鈴木隆、山口晃生、越智雅彦、砂山伸治及び木村清子は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成30年6月19日までの期間(以下、「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却(ただし、引受人の買取引受けによる株式売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)等は行わない旨合意しております。

当社株主である名古屋中小企業投資育成株式会社、株式会社三菱東京UFJ銀行、株式会社静岡銀行、浜松信用金庫、株式会社商工組合中央金庫、りそなキャピタル株式会社、日本アジア投資株式会社及び静岡キャピタル5号投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成30年3月21日までの期間(以下、「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、引受人の買取引受けによる株式売出し及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う名古屋証券取引所における売却等は除く。)を行わない旨合意しております。



ロックアップは90日間と180日間に分かれています。
ロックアップ90日間(平成30年6月19日)にはロックアップ解除倍率1.5倍が適用されます。


ベンチャーキャピタル保有株は少ないですが、名証2部上場のため数万株でも重いかもしれません。
業績は安定イメージですが、地方市場は流動性の問題があるため上場数日間だけ出来高が多くなるパターンでしょう。


当選は岡三証券からの申し込みに期待したいところですが、委託先の岡三オンライン証券の取り扱い銘柄がものすごく増えています。口座がある方はチェックしておきましょう。