シー・エス・ランバー(7808)初値予想とIPO分析記事になります。

住宅用木材のプレカット事業を行っている企業になり、初値が高くなるような業種ではないと思います。吸収金額が少ないことが最大の魅力なのかもしれません!
IPOに当選したいかと聞かれればもちろん当選したいです。


シー・エス・ランバー(7808)初値予想とIPO分析記事


業種:その他製品
市場:ジャスダックスタンダード(JQS)
公開予定:11月15日
BB期間:10月27日~11月02日


100株単位
公募株数 237,000株
売出株数 193,000株
合計株数 430,000株(4300枚)    ←株数は適度にある
※オーバーアロットメントによる売出し64,500株


想定価格 1,480円 ⇒ 14.8万円必要
仮条件  1,380円~1,480円に決定しました!
公開価格 11月06日に決定予定です


【幹事団】
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券    カブドットコム証券
ちばぎん証券
マネックス証券   ←完全抽選を採用している



シー・エス・ランバー(7808)IPOの評判と分析


仮条件上限は1,480円に決定しました。
市場からの吸収額は約6.4億円、オーバーアロットメントを含めて約7.3億円です。
上場規模が小さいため公開価格割れにはならないと予想しています。


シー・エス・ランバー(7808)IPOの評判と分析
↑クリックで拡大します        ⇒ 岡三オンライン証券入金だけで5千円


シー・エス・ランバーIPO販売実績
↑クリックで拡大します      ⇒ 新タイアップ!ライブスター証券2,000円


プレカット事業、建築請負事業及び不動産賃貸事業を主な事業としており、その他事業では不動産の販売を行っています。


プレカット事業では、在来軸組工法における設計(CAD:コンピュータ支援設計)、木材のプレカット加工及び販売、ツーバイフォー工法における設計、木材のプレカット加工、パネル(プレカット加工木材を枠組みしてパネルとしたもの)の製造及び販売を行っており、配送は子会社が行っています。


人口が集中する首都圏に生産・営業拠点を置き、エリアを絞ることで顧客のニーズに迅速に対応し、営業効率・配送効率の向上により、コスト競争力を高める特徴があります。また、不動産賃貸事業は長期契約に基づく安定収益の拡大を狙いとして推進しており、最近では都市部における保育所不足を背景に、需要の多い保育所の取得・賃貸を行っています。


【トレーダーズ・ウェブ】
2016年11月期の連結売上高構成比は、プレカット事業72.0%、建築請負事業24.4%、不動産賃貸事業1.5%、その他事業2.2%。主な販売先は飯田グループの東栄住宅10.2%




シー・エス・ランバーIPO初値予想と幹事引受株数




シー・エス・ランバー(7808)初値予想2,000円



【幹事配分株数】
みずほ証券 399,900株
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 17,200株 
ちばぎん証券 8,600株
マネックス証券 4,300株   ←完全抽選を採用している

※カブドットコム証券委託販売



シー・エス・ランバーIPOの上場類似企業


【業績等の概要】 平成27年12月01日~平成28年11月30日 
売上高13,635百万円(前年同期比8.8%増)
営業利益581百万円(前年同期比9.2%増)
経常利益537百万円(前年同期比7.2%増)
親会社株主に帰属する当期純利益は316百万円(前年同期比34.5%増)

第35期第3四半期連結累計期間(平成28年12月01日~平成29年8月31日)
売上高10,504百万円
営業利益325百万円
経常利益293百万円
親会社株主に帰属する四半期純利益は133百万円



【類似企業】
山大(7426) PER5.89倍 PBR0.46倍
キムラ(7461) PER12倍 PBR0.76倍
すてきナイスグループ(8089) PER25.39倍 PBR0.34倍
テーオーホールディングス(9812) PER83.84倍 PBR1.75倍



シー・エス・ランバーIPOのロックアップとストックオプション


ロックアップ期間は90日間、ロックアップ解除倍率は1.5倍です。
ベンチャーキャピタルはちばぎんキャピタル社の6,000株だけのようです。
ストックオプション総数は82,200株で発行価格は834円、行使期間は平成30年3月01日~平成35年2月28日です。
株主優待はありませんが株主配当金が30円予定されています。
 シー・エス・ランバー(7808)IPO新規上場承認記事へ


EPS214.69からPERを算出すると約6.89倍、BPS1,284.31からPBRを算出すると約1.15倍です。
上場時発行済み株式総数1,735,500株を基に時価総額を算出すると約25.69億円です。
2017年11月期の業績予想は売上8%増、経常利益11.9%増の見込みとなります。


    


配当利回りは2%程度になります。
上場日はシー・エス・ランバー1社の上場になり資金分散などはありません。
最近のジャスダック銘柄は予想外のことが起こるため初値後にひょっとするとS高とか?
無いとは思いますが、値動きには注視か!?
面白い値動きをしてくれることを期待しています。


SKIYAKI(3995)IPO委託幹事のむさし証券 前受け金不要でIPO申込み!
むさし証券公式


※むさし証券IPO抽選ルール詳細 【トレジャーネット口座まとめ】

--------------------------------------------------—

【少しレアなIPO口座】
① 岡三オンライン証券のIPOは委託幹事が多かったりする
② 立花証券のIPOは1口座1抽選の完全平等抽選なのだ
③ 楽天証券のIPOは委託幹事が狙い目かもよ?