MS&Consulting(6555)初値予想とIPO分析記事になります。

MS&Consultingの初値情報を集めるといまいちの展開になりそうです。
筆頭株主がベンチャーキャピタルになり、上場による市場からの吸収金も多いため、当たり前に考えて厳しいように思います。
また、2018年3月期の1Q実績で赤字になっているのはデータ的に良くないです。


MS&Consulting初値予想


業種:サービス業
市場:東証マザーズ
公開予定:10/05
BB期間:9/20~9/26


100株単位
公募株数 50,000株
売出株数 3,732,700株
合計株数 3,782,700株     ←株数が多くIPO当選確率は高い!
※オーバーアロットメントによる売出し株567,300株


想定価格 1,280円 ⇒ 12.8万円必要
仮条件  1,150円~1,280円に決定しました!
公開価格 9/27日に決定予定です


【幹事団】
SMBC日興証券(主幹事)     ←主幹事は当選確率が高い
大和証券
野村證券
マネックス証券       ←マネックス証券は口座毎の抽選です
SBI証券
いちよし証券



MS&ConsultingIPOの評判と分析


仮条件上限は想定価格が上限になり、下限方向に広げられています。
この地合いでも厳しいと言うことか?
西本Wismettacホールディングスも仮条件上限では決まらなかったため、同社も上限は厳しいか?
市場からの吸収金額は約48.4億円、オーバーアロットメントを含めて約55.7億円になります。


MS&ConsultingIPO評判と人気
↑クリックで拡大します      ⇒ ライブスター証券でIPO前受金が不要になる


MS&ConsultingIPO販売実績
↑クリックで拡大します      ⇒ マネックス証券のIPO配分が完全平等抽選  


顧客満足度覆面調査「ミステリーショッピングリサーチ(MSR)」を行っている企業です。
テレビにもたまに出てくる例のあれの事です。
その他には、従業員満足度調査とコンサルティングや研修などの各種サービスの提供を行っています。


2017年3月期には、国内においてMSRの顧客企業1,004社に対し年間21万回の調査を実施しています。
顧客店舗スタッフの働きがいやモチベーションを高め、自発的な改善活動に繋がるレポートを提供することを重視しており、評価するチェック主体の調査票ではなく「自由記入のコメント」を多用した調査票を導入している特徴があります。


調査の対象業界は下記の画像にてご確認ください。


MS&Consulting初値予想
↑クリックで拡大します



MS&ConsultingIPO初値予想と幹事引受株数




MS&Consulting初値予想1,200円



【幹事配分株数】
SMBC日興証券(主幹事) 3,001,700株
大和証券 116,300株
野村證券 116,300株
マネックス証券 33,200株       ←マネックス証券は口座毎の抽選です
SBI証券 33,200株
いちよし証券 33,200株



MS&ConsultingIPOの上場類似企業


【業績等の概要】 2016年4月1日~2017年3月31日
売上収益2,641,168千円(前年同期比8.0%増)
営業利益508,090千円(同1.5%増)
税引前利益506,065千円(同2.3%増)
親会社の所有者に帰属する当期利益339,511千円(同7.5%増)

第6期第1四半期連結累計期間(2017年4月1日~2017年6月30日)
売上収益576,517千円(前年同期比15.4%増)
営業利益90千円(前年同期は営業損失4,099千円)
税引前四半期損失287千円(前年同期は税引前四半期損失4,699千円)
親会社の所有者に帰属する四半期損失2,434千円(前年同期は親会社の所有者に帰属する四半期損失6,261千円)

人員増に伴う労務費及びレポートチェック外注費の増加や第2四半期連結会計期間にレポートを納品した一部の取引先において、当連結会計年度は第1四半期連結会計期間に納品するスケジュールへと変更された事も赤字の要因だそうです



【類似企業】
リンクアンドモチベーション(2170)PER32.1倍 PBR10.69倍
山田コンサルティンググループ(4792)PER21.16倍 PBR4.06倍
インソース(6200)PER40.43倍 PBR11.13倍



MS&ConsultingIPOのロックアップとストックオプション


ロックアップ期間は180日間、ロックアップ解除倍率の記載は無し。
ベンチャーキャピタルによる売出IPO案件のため、上場イメージは良くありません。
また、売出株中心のIPOになるためベンチャーキャピタルのよる資金集めとも言われかねません。


ストックオプション総数は439,100株になり、行使期限を迎えている株数は385,100株になります(発行価格は全て500円)
株主優待や株主配当金の設定はありません。
 MS&Consulting(6555)IPO新規上場承認記事へ


EPS84.71を基にPERを算出すると約15.1倍、BPS573.83を基にPBRを算出すると約2.2倍です。
上場時発行済み株式総数4,560,000株を基に時価総額を算出すると約58.4億円になります。
2018年03月期の業績予想は売上8%増、経常利益10.7%増の予想になります。


    


悩ましいIPOですが、私はスルーさせて頂きます。
リスクを取っても同日上場のウェルビー(6556)の獲得を目指します。店頭で申込んで大量に貰うと恐ろしいので、程々ですが当選するかどうかは不明です。


記事にすると申し込み者が増えると思いますが、自己責任でお願いしますよ!
MS&ConsultingのIPO申込は、SBI証券のIPOチャレンジポイントだけ頂くと思います。
仮に当選したら購入にチャレンジすると思います。


岡三オンライン証券はIPO抽選に資金が要らない! 入金だけで5,000円貰える
岡三オンライン証券
岡三オンラインIPO当選の秘訣   

※岡三オンライン証券タイアップ詳細とIPO抽選詳細

----------------------------------------------------------------------–

【少しレアなIPO口座】
① 立花証券のIPOは1口座1抽選の完全平等抽選なのだ
② 楽天証券のIPOは委託幹事が狙い目かもよ?
③ むさし証券でもIPOの取り扱いは1口座1抽選の平等抽選なんです