東欧金融事業者支援ファンドに投資をしました。
今回は為替ヘッジありで安全性を考量して投資を行っています。
利回りは9.2%とやや控えめですが、確実性を得るために選びました。


クラウドクレジット投資実績
↑クリックで拡大します


クラウドクレジットで募集が行われている案件ですが、人気となっており追加募集が行われました。私も便乗して申し込みをしています。
前回は「東欧金融事業者支援ファンド25号」で10.6%の利回りでしたが、為替ヘッジ無しなんですよね~


為替ヘッジが無いとリスクも生じるために出来れば為替ヘッジありを選びたいところです。逆に利益になることも考えられますが、投資期間が長いので余計なリスクは避けたいですよね!
クラウドクレジットの累計出資額も順調に伸びていて38億を突破しています。ソーシャルレンディングの中でも注目度は高いため人気の企業です。


クラウドクレジットデメリット
↑クリックで拡大します


これで20万円の投資金は使い切りましたが、今後も投資予定です。
最近IPO以外に使っているお金が200万弱ありますが、資金の有効活用が出来れば嬉しいと思っています。手広く投資を行っていますがリスク軽減にはなります。某社の20万円が早く帰ってくれば更に余裕資金が増えるのだが 


世界の事業者に高利回り投資が可能なんです! 1万円から投資可能
⇒クラウドクレジット公式サイトへ


※ クラウドクレジット評判 | 実際に投資をしてみる価値はあるのか?





① Wealthnavi(ウェルスナビ)評判と運用実績まとめ! 【新しい投資先の発見】
② クラウドバンク評判と運用利率が平均5.2%の真相。 【デメリットは無いのか?】