壽屋(7809)IPOが新規上場承認されました。ホビー関連品の企画や製造販売を手掛けている企業になり、IPOとして面白そうな企業です。製造は中国なのでコスト関係なのでしょうがパクリ疑惑などもあり何となく大丈夫でしょうか。主幹事は大和証券で公開株数は60万株となっています。


壽屋(7809)IPO新規上場承認


業種:その他製品
市場:ジャスダックスタンダード(JQS)
公開予定:09/26
BB期間:09/08~09/14


【事業内容】
当社は、フィギュア、プラモデル、雑貨等を中心としたホビーに関わるグッズ(以下、「ホビー関連品」)の企画・製造・販売・サービス活動を主として展開しており、顧客の要望に柔軟に対応できる製販一体型の事業展開を基本としています。なお、当社は、ホビー関連品製造販売事業の単一セグメントであり、セグメントごとの記載をしておりませんので、製品形態別に記載しております。

まとめると⇒ フィギュア、プラモデル、雑貨等を中心としたホビー関連品の企画、製造、販売等



【資金使途】
手取概算額586,000千円については、平成30年6月期の新製品の開発に係る製品の試作品を制作するための原型代として86,000千円、製品を量産するために必要となる金型代として500,000千円を充当する予定であります。なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。



100株単位
公募株数 300,000株
売出株数 300,000株
合計株数 600,000株(6000枚)    ←個人的に当選期待は大きいです


想定価格 1,980円 ⇒ 19.8万円必要
仮条件  1,980円~2,000円に決定しました!
公開価格 09/15に決定予定です


【幹事団】
大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
みずほ証券
SBI証券
岡三証券     岡三オンライン証券取扱あり! 
岩井コスモ証券      ←後期型IPOなので申込忘れ頻発
エース証券
※ カブドットコム証券取扱決まる  ライブスター証券も委託幹事に!


壽屋IPOの評判と分析


オーバーアロットメントによる売出し90,000株
想定発行価格1,980円を基に吸収金額を算出すると約11.9億円となり、オーバーアロットメントを含めると約13.7億円となります。
壽屋ホームページ⇒ 健全なるNo.1企業であり続ける


壽屋IPO初値予想
↑クリックで拡大します      ⇒ 前受金不要でIPO申込が可能なライブスター証券


フィギュアやプラモデル、雑貨等を中心としたホビーに関わるグッズの企画・製造・販売・サービス活動を主として展開している企業になります。
自社製品の製造にあたっては、該当製品に係る版権を取得し、製品の企画立案から製品開発、自社内の造形技術者による原型製作及び製品形態のデザイン業務を本社で行った後に、国内外の卸売業者から事前に購入意向を確認し、採算性の判断を行った上で生産に移行しているそうです。製造は主に中国に委託しているそうです。


会社設立は1954年01月、東京都立川市緑町に本社を構えます。
社長は清水一行氏(63歳)、株式保有率は31.99%です。
従業員数は166人で臨時雇用が65人、平均年齢33.7歳、平均勤続年数6.8年、平均年間給与約398万円です。


壽屋(7809)IPOのロックアップと株主
↑クリックで拡大します       ⇒ Wealthnaviの評判が実に良い! 


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である清水一行、当社の株主かつ当社取締役である清水浩代、当社の株主かつ当社取締役であり新株予約権を所有する吉野忍及び村岡幸広、当社の株主かつ当社監査役である佐々木孝、当社の株主である壽屋社員持株会、並びにその他の株主(新株予約権所有者を含む。)81名は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日(当日を含む)後90日目(平成29年12月24日)までの期間(以下、「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式(潜在株式を含む。)の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し及びグリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること等を除く。)を行わない旨を合意しております。

また、当社の株主である株式会社立飛ホールディングス、多摩信用金庫、西武信用金庫、株式会社山梨中央銀行、株式会社三菱東京UFJ銀行、株式会社商工組合中央金庫、株式会社三井住友銀行、盧瑞倫、CHUN NAM LAM、株式会社アークライト、宮沢模型株式会社、株式会社スミレ・ジョイント・ロジ、株式会社コーチ・エイ、張志恒、東洋システム株式会社、株式会社日本パートナー会計事務所、清水保之、マノ精工株式会社、株式会社川口商店、林盟人、川口哲生、山口耕平、株式会社M&Kフェイスフルオフィス、藤田真弘、石川恵子、内藤和代、松村文代、及び村岡牧子は、主幹事会社に対し、ロックアップ期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し、グリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること及び売却価格が本募集等における発行価格又は売出価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う株式会社東京証券取引所取引での売却等を除く。)を行わない旨を合意しております。



ロックアップは90日間(平成29年12月24日)、ロックアップ解除倍率は1.5倍となります。
必要な方は画像の株主とロックアップ状況を見比べてください~
老舗企業は新興市場でもJQSを上場先として選ぶ傾向が多いようです。
また製品は国内をはじめ北米、欧州、アジアのディストリビューター(販売代理店、卸売業者)へ販売しているそうです!


壽屋(コトブキヤ)IPO初値予想は1.5倍くらいでしょうか?
そこまで過熱化しないと思いますが、なんとなく当選したいIPOですね(笑)