フルテック(6546)初値予想とIPO分析記事になります。

東証2部IPOですが、吸収金額が少なく配当も予定されています。
人気があるとは言い難いですがほぼ全力申込を個人的に考えています。
申込を勧めている訳ではありません! 個人的に東証2部が好きなだけです 


フルテック(6546)初値予想とIPO分析記事


業種:サービス業
市場:東証2部
公開予定:03/22
BB期間:03/03~03/09


100株単位
公募株数 600,000株
売出株数 519,200株
合計株数 1,119,200株(11,192枚)   ←株数が多く当選期待あり
※オーバーアロットメントによる売出し167,800株


想定価格 540円 ⇒ 5.4万円必要
仮条件  540円~600円に決定しました!
公開価格 03/10に決定予定です


【幹事団】
野村證券
みずほ証券
SMBC日興証券     ←相性抜群の証券会社
いちよし証券
SBI証券
岩井コスモ証券   ←後期型IPOで申込忘れ頻発
エース証券





仮条件上限は600円となり想定価格よりも1割以上引き上げられています!
吸収金額は約6.7億円となり、オーバーアロットメントを含めると約7.7億円となります。
東証2部上場にしては軽量級のIPOです 


フルテック(6546)初値予想
↑クリックで拡大します            ⇒ ライブスター証券がIPO取扱いを発表


フルテック(6546)IPO取引先と販売実績
↑クリックで拡大します       ⇒ SBI証券でIPOをはじめる3つのポイント


自動ドア開閉装置の販売や設計、施工、保守サービスの製造・建築金物の
製作販売などを行っている企業です。
北海道から東北、関東地区を中心とした営業活動を行い、35ヶ所の支店や
営業所があります。


技術面では、国家検定である自動ドア施工技能士(1級・2級)の資格取得養成
にも力を入れ、平成29年1月末現在217名の有資格者がいるそうです。
次世代型自動ドアである「e-セービングドア」の販売や、自動ドアが太陽光で
作動する「SOLAD」の販売も行っています。


【トレーダーズ・ウェブ】
2016年3月期の連結売上高構成比は、自動ドア関連事業65.8%(新規14.7%、メンテナンス34.4%、リニューアル16.7%)、建具関連事業27.4%、その他6.9%





フルテック初値予想660円



【幹事配分】
野村證券 907,000株
みずほ証券 89,500株
SMBC日興証券55,900株
いちよし証券33,500株
SBI証券 22,300株
岩井コスモ証券5,500株
エース証券 5,500株


【業績等の概要】 平成27年4月1日~平成28年3月31日
売上高10,446百万円(前年同期比3.4%増)
営業利益806百万円(前年同期比7.2%増)
経常利益814百万円(前年同期比3.5%増)
親会社株主に帰属する当期純利益424百万円(前年同期比9.9%減)

第54期第3四半期連結累計期間(平成28年4月1日~平成28年12月31日)
売上高7,157百万円
営業利益416百万円
経常利益415百万円
親会社株主に帰属する四半期純利益169百万円



【類似企業】
日本空調サービス(4658)PER16.96倍 PBR1.66倍
三機サービス(6044)PER24.53倍 PBR5.8倍
ナブテスコ(6268)PER20.17倍 PBR2.61倍





ロックアップ期間90日間、ロックアップ解除倍率の記載は無し。
ベンチャーキャピタル出資は無く、ストックオプション残高もありません。
株主優待はありませんが、配当予想が22円(利回り3.66%)となります!
 フルテック(6546)IPO新規上場承認記事へ


EPS71.57を基にPERを算出すると約8.4倍、BPS1,002.92を基にPBRを算出すると
約0.6倍となります。
上場時発行済み株式総数5,200,000株を基に時価総額を算出すると約31.2億円です。
2017年3月期の業績予想は売上2.9%減、経常利益20.4%減を予想しています。
主幹事引受価格459円です。


 株ブログ IPO・新規公開株    


この手の銘柄はIPO初値が高くそのまま保有していた銘柄がいくつもありますが、
結局プラス収支になっている事が多いです。
しかし今回は、初値売りを心がけたいですね(当選した場合ですけどね)


フルテック(6546)IPO幹事です!! 私はネット口座だけで当選しています
SMBC日興証券公式へ


※SMBC日興証券のIPO概要はこちらの記事へ

-------------------------------------------------------

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2016年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】
③ 入金不要でIPOに参加できる貴重な企業です 【岡三オンライン証券】