ロコンド(3558)IPOが新規上場承認されました。

野村證券主幹事のECサービスを手掛けている企業になります!
業績を見るとやっと黒字化している企業ではありませんか 


ロコンド(3558)IPO新規上場承認


業種:小売業
市場:東証マザーズ
公開予定:03/07
BB期間:02/17~02/23


【事業内容】
当社は、「業界に革新を、お客さまに自由を」という経営理念の下、「自宅で試着、気軽に返品」できる、靴とファッションの通販サイト、「LOCONDO.jp」を軸とする「ECサービス」、また、ECサービスで構築したIT・物流インフラ等を共有・活用した「プラットフォームサービス」の2つを運営しております。
まとめると⇒ 通販サイト「LOCONDO. jp」の運営、プラットフォームサービスの提供



【資金使途】
手取概算額1,399,132千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限360,877千円と合わせて、①当社認知度向上のための広告宣伝費、②物流機能の増強に係る設備資金、③既存事業強化のための運転資金に充当する予定であり、それらの具体的な内容は以下に記載のとおりであります。なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。

当社認知度向上のための広告宣伝活動や販売促進活動の資金として、ECサービスにおける広告宣伝費に796,000千円を充当する予定であります。
当社では平成29年3月に物流機能増強のため物流倉庫「ロコポート」を移転する計画があり、かかる計画に従い設備資金173,000千円、移転資金52,000千円を充当する予定であります。なお、敷金及び保証金の総額は207,026千円でありますが、うち137,051千円については平成29年2月に自己資金を充当し、残額の69,975千円につき手取金を充当する予定であります。
事業拡大を図るための商品仕入の増加に係る運転資金870,000千円の一部として739,009千円を充当する予定であります。なお、不足額については自己資金により充当をいたします。



100株単位
公募株数 924,000株
売出株数 651,700株
合計株数 1,575,700株(15,757枚)   ←当選の可能性は高いでしょう!


想定価格 1660円 → 16.6万円必要!
仮条件  1660円~1850円に決定しました
公開価格 02/24に決定予定です


【幹事団】
野村證券
大和証券
マネックス証券   ←マネックス証券のIPO抽選が完全平等抽選
SBI証券
SMBC日興証券
みずほ証券
岩井コスモ証券   ←後期型IPOなので購入忘れ続出





■ ロコンドIPOの評判と分析
オーバーアロットメントによる売出し236,300株
想定発行価格1660円を基に吸収金額を算出すると約26.2億円となり、オーバー
アロットメントを含めると約30億円となります。
小粒とは言い難い上場なのでIPO初心者の方は気を付けた方が良いのかも?
ロコンドHP⇒ ロコンドは単なる靴とファッションの通販サイトではありません


ロコンド(3558)IPO初値予想
↑クリックで拡大します         ⇒ 安藤証券のIPO抽選ルールまとめ 


自社運営のショッピングモールサイト「LOCONDO.jp」、楽天株式会社が運営する
「楽天市場」及びヤフー株式会社が運営する「Yahoo! ショッピング」等の他社モール
にて展開する「LOCOMALL」を通じて各ブランドの商品を購入できるサービスを
展開している企業です。知っている方もいるのでは?


会社設立は2010年10月、東京都渋谷区元代々木町に本社を構えます。
社長は田中裕輔氏(36歳)、株式保有率は9.54%になります。
従業員数は70人で平均年齢は32.3歳、平均勤続年数2.44年、平均年間給与は
約368万円です。


ロコンド(3558)IPO株主とロックアップ状況
↑クリックで拡大します       ⇒ ライブスター証券のIPO抽選(前受金不要)


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である田中裕輔、田村淳、藤樹賢司、田村達裕、菊地鉄也及び浜口数馬は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成29年6月4日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し及びオーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)を行わない旨合意しております。

また、売出人であるアント・リード・グローバル投資事業有限責任組合、ジャフコSV4共有投資事業有限責任組合、テクノロジーベンチャーズ2号投資事業有限責任組合、秋里英寿、アント・リード2号投資事業有限責任組合、WiL Fund I, L.P及びネオステラ1号投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成29年6月4日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって主幹事会社を通して行う売却等は除く。)を行わない旨合意しております。



 


ロックアップ期間は90日間となり、ロックアップ解除倍率は1.5倍です。
VCにはロックアップが掛けられています。
もう少し精査しないと解りませんが、当選確率が高い割に業績にデメリットありです。
上場規模が違いますが、バロックジャパンリミテッド(3548)を思い浮かべます。
業績が良ければスタジオアタオ(3550)などが直近IPOでは意識されそうです。


ベンチャーキャピタル出資が多い企業ですが、筆頭株主はアルペン(3028)になります。
PTSの反応は何も無いようですね~
3月第1号IPOとなっています!


ロコンド(3558)IPO幹事です!! 幹事多数の実績あり
岩井コスモ証券


※岩井コスモ証券のIPO抽選ルール詳細はこちら



【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2016年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
③ 主幹事や幹事も引受ける企業でネット取扱いあり! 【東海東京証券】





ロコンド(3558)初値予想とIPO分析 | 結局IPOの申込はするの?記事へ