シャノン(3976)初値予想の最終は初値付かずとなります。
東証発表の気配更新を確認すると上限3,450円となっており初値付かず濃厚でしょう。


シャノン(3976)初値予想とIPO分析記事


シャノン初値決定前の気配運用
板中心値段(公開価格)1,500円
上限方向値段3,450円で気配更新は75円(更新時間は10分)
下限方向値段1,125円で気配更新は通常の更新値幅(更新時間は3分)
注文受付価格の範囲375円以上、6,000円以下



東洋証券主幹事になりますが、株数がわずか150,000株+OA22,500株になります。
ロックアップは90日間の1.5倍解除、VC出資保有率は全体の約26.9%(333,900株)
ストックオプション行使可能23,450株です。


インターネットで配分の方の記事を見ていませんが、成売りは少ないでしょう。
店頭とのお付き合いにて裁量配分でしょうか。
セカンダリーがどのようになるのか解りませんが、明日は初値付かず予想をされている
方も多いです。
 


大手予想も初値付かずのようですから株価形成は4,000円~になるのかもしれません。
2017年第一号IPOなので初値利益が出る可能性が高いと思いますが、今後のために
初値4倍などの驚異的な数値を記録してほしいですね 
4倍で6,000円になりますが、そんな予想もあるようですよ~


シャノン(3976)IPOの主幹事引受決定!! 超が付くほど穴場証券でしょう
⇒ 東洋証券公式HPへ


--------------------------------------------------------------------------------------

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2016年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
③ 主幹事や幹事も引受ける企業でネット取扱いあり! 【東海東京証券】