日本モーゲージサービス(7192)初値予想とIPO分析記事になります。

株数や吸収金額から公募割れするような銘柄ではないと考えられます。
だからと言って人気化するとも言えない銘柄ではないでしょうか。
VC保有や保険関係の株主構成が気になるIPOですね~  


日本モーゲージサービス(7192)初値予想とIPO分析記事


100株単位
公募株数 300,000株
売出株数 69,600株
合計株数 369,600株(3696枚)   ←多くは無いが当選が狙えるかも?
※オーバーアロットメントによる売出し55,000株


想定価格 2010円 ⇒ 20.1万円必要
仮条件  1810円~2010円に決定しました!
公開価格 12/07に決定予定です


【幹事団】
みずほ証券
SMBC日興証券     ←SMBC日興証券のIPO抽選ルール
SMBCフレンド証券
いちよし証券
SBI証券       ←ここ数年毎年IPO頂いています





仮条件上限は想定価格の2010円に決定しています。
吸収金額は約7.4億円で、オーバーアロットメントを含めると約8.5億円の小粒サイズ
になります。
ZMP(7316)IPOと上場日が被った事がかなりデメリットになりそうです。


日本モーゲージサービス(7192)IPO売上と評判
↑クリックで拡大します          ⇒ SMBC日興証券のIPO抽選ルール詳細


日本モーゲージサービス(7192)IPO販売実績
↑クリックで拡大します           みんなのクレッジット評判は本当なの? 


モーゲージサービスを主力とする住宅金融会社になります。
「フラット35」「MSJフラット35」などの長期固定金利型の住宅ローンを提供し、付随業務
として住宅建築業者らへの請負代金の一部支払いのための「MSJプロパーつなぎローン」
も提供しています。


子会社は3社あり、事業は住宅金融事業、住宅瑕疵保険等事業、住宅アカデメイア事業
を手掛けています。


住宅アカデメイア事業が急成長しているようで、住宅産業の合理化・システム化に向けた
各種情報・ツール・コンサルテーションなどのソリューションを提供する事業として、同社
グループにおける住宅金融事業や住宅瑕疵保険等事業で培ってきた多方面にわたる
住宅関連事業者とのネットワーク等を活かし、電子的情報処理を活用した住宅関連事
業者の課題解決のための支援業務等を行っています。




日本モーゲージサービス(7192)初値予想2500円



【幹事配分】
みずほ証券299,700株
SMBC日興証券44,300株     ←SMBC日興証券のIPO抽選ルール
SMBCフレンド証券11,000株
いちよし証券11,000株
SBI証券 3600株       ←ここ数年毎年IPO頂いています


【業績等の概要】 平成27年4月1日~平成28年3月31日
営業収益5,253,417千円(前年同期比32.1%増)
営業利益549,976千円(同228.8%増)
経常利益553,302千円(同227.2%増)
親会社株主に帰属する当期純利益376,169千円(同513.3%増)

第12期第2四半期連結累計期間(平成28年4月1日~平成28年9月30日)
営業収益は2,944,452千円
営業利益は444,730千円
経常利益は445,772千円
親会社株主に帰属する四半期純利益は308,757千円



【類似企業】
あんしん保証(7183)PER52.93倍 PBR7.87倍
全国保証(7164)PER14.03倍 PBR3.43倍
イー・ギャランティ(8771)PER19.72倍 PBR4.07倍





ロックアップ期間は90日間、ロックアップ解除倍率1.5倍となります。
ベンチャーキャピタル出資があり保有割合で見るとそこそこ高い割合になります。
ストックオプション株は存在しません。
株主配当金や株主優待などはありません。
⇒ 日本モーゲージサービス(7192)IPO新規上場承認記事へ





EPS194.30を基にPERを算出すると約10.34倍となり、BPS1064.93を基にPBRを算出
すると約1.89倍となります。
上場時発行済み株式総数2,324,000株を基に時価総額を算出すると約46.7億円規模
になります。
2017年3月の業績予想は増収増益見込みとなり、売上10.5%増、経常利益4%増となります。
公開価格割れしないと見込んだIPOには当選したいですね 


グレイステクノロジー(6541)IPO幹事来ました! ネット応募が可能になりチャンス
東海東京証券
 

※東海東京証券のIPO抽選ルール詳細はこちら



【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2016年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
③ 主幹事もする店頭系ネットでお勧めしている記事へ【SMBC日興証券】