JMC(5704)IPOが新規上場承認されました。
マザーズ案件で株数が多いので当選出来る可能性はそこそこあります。
個人的には狙います!


JMC(5704)IPO新規上場承認


業種:非鉄金属
市場:東証マザーズ
公開予定:11/29
BB期間:11/10~11/16


【事業内容】
「この国のものづくりを置き去りにする」という経営理念のもと、3次元CADデータ技術を用いて「樹脂を素材とする3Dプリンター」と「金属を素材とする砂型鋳造」の両成型法を利用、発展させながら、製造業を中心に幅広い業種の「試作品」から「最終製品」づくりをトータルサポートすることを主たる事業としております。

まとめると⇒ 3Dプリンター及び砂型鋳造による試作品、各種部品・商品の製造、販売



【資金使途】
手取概算額811,008千円については、「1 新規発行株式」の(注)5.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限126,960千円と合わせて、平成30年12月期までに全額を設備投資資金に充当する予定であります。
具体的には、鋳造事業における生産能力拡大のため、コンセプトセンターの拡張に伴う第5期棟の建物建設資金に350,000千円(平成29年12月期)及び機械装置購入資金に125,000千円(平成29年12月期)、新設する伊豆木センターの製造棟・共有棟の建物建設資金に462,968千円(平成29年12月期334,000千円、平成30年12月期128,968千円)に充当時期順に充当する予定であります。上記の機械装置は、使用した鋳物砂を再利用するための再生装置や自動で鋳型に金属を流し込む機械など鋳造工程の生産性を向上させる設備であります。
なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する方針であります。



100株単位
公募株数 970,000株
売出株数 30,000株
合計株数 1,000,000株(10,000枚)   ←そこそこ当選確率高めです


想定価格 920円 ⇒ 9.2万円必要
仮条件  920円~960円に決定!
公開価格 11/17に決定予定


【幹事団】
野村證券
SBI証券     ← SBI証券でIPOをはじめる3つのポイントはこれだ!
SMBC日興証券   ← 主幹事が多いので良くIPOに当選します
静銀ティーエム証券





■ JMCIPOの評判と分析
オーバーアロットメントによる売出し150,000株
想定発行価格920円を基に吸収金額を算出すると9.2億円となり、オーバーアロット
メントを含めて算出すると約10.6億円となります。
JMCホームページは⇒ この国のものづくりを置き去りにする


JMC(5704)初値予想
↑クリックで拡大します         ⇒ JR九州が完全抽選で当選しました 


売上横ばい、利益も横ばいですが平成27年12月期(第24期)の売上が急激に伸びて
います。今期も第2四半期確定では利益の伸び率が良いので、四半期に期待か?


事業は主に製品開発を行う顧客向けに、機能・形状検証用の試作品を4方式の3Dプリン
ターを駆使し作製している事業になります。
顧客からの仕様書やサンプル品をもとに3Dプリンター用のCADデータを作成し、内部形状
を持つような複雑なものまで、あらゆる製品づくりの要望を受け付けています。


会社設立は1992年12月、神奈川県横浜市港北区新横浜に本社を置きます。
社長は渡邊大知氏(42歳)、株式保有率は41.41%となります。
会社従業員数は78人、平均年齢31.4歳、平均勤続年数2.8年、平均年間給与は
約423万円となります(臨時雇用は年間3人)


JMC(5704)IPOロックアップと幹事 
↑クリックで拡大します            穴場証券⇒ 立花証券東海東京証券


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、貸株人である渡邊大知並びに売出人である鈴木浩之並びに当社株主である渡邊商事株式会社、山﨑晴太郎、森谷知子及び山下芳生は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成29年2月26日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)等を行わない旨合意しております。

当社の株主であるJMC従業員持株会は、主幹事会社に対して、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成29年5月27日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等を行わない旨合意しております。

また、当社株主であるDCIハイテク製造業成長支援投資事業有限責任組合、EEIクリーンテック投資事業有限責任組合、東京都ベンチャー企業成長支援投資事業有限責任組合、静岡キャピタル5号投資事業有限責任組合、かながわ成長企業支援投資事業組合及びTNP中小企業・ベンチャー企業成長応援投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成29年2月26日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、その売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う売却等は除く。)等を行わない旨合意しております。



ロックアップ期間は90日(平成29年2月26日)、ロックアップ解除倍率は1.5倍になります。
JMC従業員持株会については180日(平成29年5月27日)です。
ベンチャーキャピタル保有株の多くはロックアップが付与されています。


 株ブログ IPO・新規公開株    


社長の渡邊大知氏は元プロボクサーのようで異例の起業家でしょう。
また事業は面白みがあり、医療モデル制作なども手掛けており、社会に役立つニワンス
が個人的にあります。3Dプリンター出力事業と鋳造事業の一体経営が強みですが、
量産出来ない事がデメリットのような気もします。
販売件数は両事業を合わせ約2300件実績もあり、今後に期待したい事業です。

一時期流行った3Dプリンターのキーワードでそこそこ人気のIPOとなると予想します 


JMC(5704)IPO副幹事のSBI証券! ネット証券の中でIPO引受け最多数
SBI証券公式HPへ


① SBI証券のIPO詳細記事はこちらへ
② SBI証券のIPOポイントを貯めておけばいずれIPOに当選します

-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】  
② 入金不要でIPOに参加できる貴重な企業 【岡三オンライン証券】
③ 主幹事や幹事も引受ける企業でネット取扱いあり! 【東海東京証券】





JMC(5704)初値予想とIPO分析 | 初値利益は出そうな雰囲気か記事へ