デュアルタップ(3469)初値予想とIPO分析記事になります。

業績好調のIPOで公開株数も少なく吸収金額も少ない、そして参加しやすい価格帯
となり初値利益が見込めそうです。
主幹事SBI証券で獲得したいIPOです!


デュアルタップ(3469)初値予想とIPO分析記事


業種:不動産業
市場:ジャスダックS
公開予定:07/21
BB期間:07/04~07/08


100株単位
公募株数 200,000株
売出株数 240,000株
合計株数 440,000株(4400枚)    ←当選出来るかもしれない
※オーバーアロットメントによる売出し66,000株


想定価格 1060円 ⇒ 10.6万円必要
仮条件  1010円~1110円に決定しました!


【幹事団】
SBI証券(主幹事)     ←SBI証券の口座は早く開いた方がIPOに当選する
SMBC日興証券
ひろぎんウツミ屋証券
エース証券
東海東京証券   ←IPO口座が少なくIPO取扱いも多い
東洋証券
水戸証券





仮条件上限が想定よりも50円引上げられ1110円となりました。
これに伴う吸収金額は約4.9億円となり、オーバーアロットメントを含め約5.6億円
となります。吸収額的に小規模上場ですがマザーズでは無くジャスダックスタンダード
上場となります。


デュアルタップ(3469)IPO初値予想
↑クリックで拡大します      SBI証券でIPOをはじめる3つのポイントはこれだ


デュアルタップ(3469)IPO販売実績
↑クリックで拡大します         東海東京証券のIPO抽選ルール詳細はこれだ


東京都心部及びその周辺において不動産販売事業を中心として事業展開して
いる企業になります。
不動産販売事業、不動産賃貸管理・仲介事業、海外不動産事業を行っており
主力は不動産販売事業で売上の87%程を占めています。


特徴としては、東京都心部及びその周辺を中心に主として資産運用を目的とした自社
ブランドマンション「XEBEC(ジーベック)」シリーズの企画、開発を行っており、国内外の
個人を主要顧客として販売活動を行っている事が上げられます。
(第9期2015年6月期の国内顧客販売戸数189戸、海外販売戸数16戸)


自社ブランドマンション「XEBEC(ジーベック)」シリーズは、ワンルーム型マンション
の事を指し、提供するワンルーム型マンションの多くが投資用として賃貸に供されるため、
利便性を重視し、駅から10分以内を基本とした土地選定を行っているようです。
デザイン性や機能性も求められる時代であり、いかにして入居者のニーズに合った開発
が出来るかなど、立地条件以外の物件の品質も意識して開発を行っています。




デュアルタップ初値予想2100円



【幹事配分】
SBI証券(主幹事) 374000株
SMBC日興証券 22000株
ひろぎんウツミ屋証券 22000株
エース証券 8800株
東海東京証券 4400株
東洋証券 4400株
水戸証券 4400株


【業績等の概要】 平成26年7月1日~平成27年6月30日
売上高は60億29百万円(前期比24.1%増)
営業利益は5億10百万円(同31.4%増)
経常利益は4億72百万円(同24.9%増)
当期純利益は2億93百万円(同68.5%増)


当第3四半期連結累計期間(平成27年7月1日~平成28年3月31日)
売上高49億50百万円
営業利益3億7百万円
経常利益2億54百万円
親会社株主に帰属する四半期純利益1億61百万円



【類似企業】
アーバネットコーポレーション(3242)PER7.08倍
プレサンスコーポレーション(3254)PER5.82倍
プロパティエージェント(3464)PER7.1倍
ケイアイスター不動産(3465)PER8.62倍





ロックアップは180日間となり、ロックアップ解除倍率の記載はありません。
ベンチャーキャピタル出資はありません。
ストックオプション総数は61,200株存在しており、上場時点で行使期間を迎えるのは
約27,400株となります。株主配当や優待はありません。
⇒ デュアルタップ(3469)IPOが新規上場承認記事へ


 


EPS254.37を基にPERを算出すると約4.36倍となり、不動産という業種から見ても
低めの設定になります。
時価総額は約11.5億円とかなり少ないようです。
SBI証券主幹事になり、複数配分を得る方もいるでしょう!
IPOに資金が入っているので思わぬ高値になる事も考えられます。

インソース(6200)IPOと同日上場となりますが、どちらも規模が小さいため影響は
少ないと思われます。
業績見通しでは、増収減益を見込んでいるようです。
材料費高騰などの影響から前期比、営業利益20%減、経常利益29%減となる見通しです。


デュアルタップ(3469)IPO主幹事のSBI証券 ネット証券の中でIPO引受け最多数
SBI証券公式HPへ


① SBI証券のIPO詳細記事はこちらへ
② SBI証券のIPOポイントを貯めておけばいずれIPOに当選します

-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】  
② 入金不要でIPOに参加できる貴重な企業 【岡三オンライン証券】
③ 主幹事や幹事も引受ける企業でネット取扱いあり! 【東海東京証券】