KeePer技研(6036)初値予想とIPO分析記事になります。
2015年一発目のIPOなので公募価格を超える初値が付くと思われます。
売上や利益も順調のマザーズ上場なので期待したいですね!


KeePer技研(6036)初値予想とIPO分析


業種:サービス業
市場:東証マザーズ
公開予定:02/12
BB期間:01/26~01/30


100株単位
公募株数 600,000株
売出株数 200,000株
合計株数 800,000株(8000枚)
※オーバーアロットメントによる売出し120,000株


想定価格 2120円 ⇒ 21.2万円必要!
仮条件  2000円~2120円に決定


【幹事団】
東海東京証券(主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
東洋証券
岡三証券
安藤証券
SMBC日興証券
※au カブコム証券が引受決定


仮条件は想定発行価格である2120円を上限として設定されておりPERを算出
してみると約16.86倍と予想されます。
吸収金額は約約17億円でオーバーアロットメントを含めると約19.5億円です。
売上順調で直営店の店舗数も増加傾向、主力のガラスコーティングも伸びており順調です。


KeePer技研 初値予想
↑クリックで拡大します


キーパー技研初値予想
↑クリックで拡大します


全国のガソリンスタンドを中心としたカーアフターマーケットに、キーパーコーティングのための
ケミカルやそれに伴う機械類の開発・製造、販売を行うキーパー製品等関連事業により、
キーパーコーティング施工技術を普及させている企業です。
ただ単に車の洗車という事では無くコーティング技術の向上を狙った企業になります。
平成26年には約3万人を超す研修生の受け入れもあり知名度も高い企業です。
そもそもキーパーコーティングとは、塗装を磨く工程で削ることなく綺麗にする事ですが、
個人的には削れると思っています。
新車時に戻す工程で削らなくて出来るって本当なの?
事業はキーパー製品等関連事業とキーパーLABO運営事業の2本立てとなります。


KeePer技研 売上分析
↑クリックで拡大します


個人的な直感ですが、買い意欲が高まっている状態での上場はgoodですね。
IPOが集中している時期であればあまり人気にならない銘柄かもしれません。
昨年度のアサイー銘柄のフルッタフルッタなどは枚数が少ないので高騰しましたが
勢い尽きてますからね・・・

KeePer技研初値予想3800円



【幹事配分】
東海東京証券    688,000株
三菱UFJM・S証券 40,000株
SBI証券  32,000株
東洋証券 16,000株
岡三証券 8,000株
安藤証券 8,000株
SMBC日興証券 8,000株
※au カブコム証券の委託決定!


【業績等の概要】
売上高は52億29百万円(前事業年度比17.8%増加)
営業利益は4億50百万円(前事業年度比36.5%増加)
経常利益は4億51百万円(前事業年度比48.0%増加)
当期純利益は2億62百万円(前事業年度比49.0%増加)


【類似企業】
ソフト99コーポレーション(4464)PER13.3倍


ロックアップは180日間となり、ロックアップ解除倍率は記載なしとなります。
配当が8円でるようです(利回り0.37%)少ないですが出るだけまし?
EPS125.73でPER約16.86倍。
ストックオプション残が多数ありますが、平成27年7月11日から行使可能となるので
当面は関係が無いと思われます。
⇒ KeePer技研(6036)IPOが新規上場承認記事へ


ベンチャーキャピタル保有は少ないので、需給は良いと考えれます。
2015年1発目IPOでご祝儀相場になりそうですが、実際のところ業績が何処まで伸びるのか
微妙でもあります。人口減少と車に興味がない世代に突入しており上場時が最高益の
可能性も・・・新興銘柄でたまにあります 
ガラスコーティングを好まない方もいますし、他メーカーのコーティング剤も多数あり
今後激戦となる気がしています。材料費7000円程度で1台4万円程度貰えるのでガッポリ
なのは知ってます~ (16.300円~96,200円まで)
上場時の評価は悪くないと思われます。



上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!