郵政グループ3社が11月4日上場しました。
賛否ありましたが、最後の大型国策という事で初値は好調になり、その後も続伸
しています。


かんぽ生命保険IPO株価
※かんぽ生命保険株価推移


上場3日目はやや下げていますが、日経平均2万円説も浮上しており今後も好調に推移
する可能性があります。
アメリカ雇用統計の結果から連邦公開市場委員会(FOMC)が12月に利上げをする観測
が濃厚となりましたが、日本株は円安で大丈夫ではないかと言われているようです。


備忘録ですが、ネット媒体で色々な記事を見ますと郵政IPOは口座数に応じた当選者が
多かったように思います。当たり前ではありますが(汗)
また店頭配分はあるもののまとまって数千株を得た人はあまりいないようでした。
500株以下の配分が多かったように思います。


よってネット口座をたくさん持っていた方は数千株の取得に成功しており
数十万円の利益を得た方もかなり見かけました。
まったく参加されていない方もいらっしゃいましたが 


【幹事配分一部】

野村証券 98,920,800株
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 98,920,800株(カブドットコム証券
大和証券 38,610,000株
みずほ証券 38,610,000株
SMBC日興証券38,610,000株
岡三証券 5,662,800(岡三オンライン証券
東海東京証券5,662,800株
いちよし証券 3,366,000株
SMBCフレンド証券3,366,000株
岩井コスモ証券1,742,400株
藍澤証券 1,742,400株
東洋証券 1,742,400株



一番目にしたのは野村證券だったように思います。
配分的には野村證券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券が同等の引受株数に
なりますが、三菱は自社グループの銀行経由にかなりの株を回したような
記事をみました。個人へ幅広く配分するための戦略が評価され野村と三菱タッグが
行われたようです。


今回は三菱の評価がかなりアップしたのではないでしょうか!
さらに予想した通りにカブドットコム証券への配分もかなりありご当選された方も
多かったようです。
 カブドットコム証券が穴場証券だって? 【日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険】


また東海東京証券立花証券なども穴場だったように思います。
藍澤は口座を持っていましたが、ログインさえしていませんw
むさし証券や岡三証券は当選しにくかった気が私はします。


エイチエス証券や岡三オンラインは読者様がちらほら当選されていました。
丸三なども当選確率は高かった気がします。
電話申込のいちよし証券なども良かったようです♪


岩井コスモ証券や松井証券の後期型IPO抽選は個人的に良く忘れるので注意が必要ですが、
こちらでも当選されていた方を見かけました!
今回は手間が利益に変わったようなものですね 
東洋証券でも今回は受けつけていたと思いますが、私はスルーしてしまいました。
手間と利益の関係が初めから解っていれば良いのですが・・・


 株ブログ IPO・新規公開株    


年間通すと数回程度しかマイナーな企業からは申込が出来ませんが
口座開設は無料なので、結局は手間がかかります。
この手間が今回は利益に結び付いたのではないでしょうか?
もちろん購入資金が必要なので自己資金と口座数のバランスが必要です。


岡三オンライン証券は抽選に資金が要らない! 口座開設で書籍プレゼント
岡三オンライン証券
   

※岡三オンライン証券IPO詳細記事へ(1口座1抽選)

----------------------------------------------------------------------–

【少しレアなIPO口座】
① 立花証券のIPOは1口座1抽選の完全平等抽選なのだ
② 楽天証券のIPOは委託幹事が狙い目かもよ?
③ むさし証券でもIPOの取り扱いは1口座1抽選の平等抽選なんです
④ 安藤証券のIPO取扱いが始まって超穴場口座だったりする