ネオジャパン(3921)初値予想とIPO分析になります。
分析する前から解り切っていますが前評判がとにかくよいIPOだと思います。

ITクラウド系でマザーズ上場の吸収金額も少なく、株数も少ない!!
しかも株価が高いので初値利益も相当上がるのではないかと考えております 


ネオジャパン(3921)初値予想とIPO分析


業種:情報・通信業
市場:東証マザーズ
公開予定:11/27
BB期間:11/11~11/17


100株単位
公募株数 110,000株
売出株数 110,000株
合計株数 220,000株(2200枚しかないプラチナチケット!)
※オーバーアロットメントによる売出し33,000株、1株につき2,303.50円引受け!


想定価格 2710円 ⇒ 27.1万円
仮条件  2710円~2900円に決定しました!


【幹事団】
SMBC日興証券
SBI証券      ←必ずIPOに当選出来るかも?
岩井コスモ証券
いちよし証券





仮条件上限は2900円となり吸収金額は6.38億円となり、オーバーアロットメント
を含めると約7.3億円となります。
VC保有株もなくIPOでは人気のITクラウド事業、そして小粒な吸収金額で株数も
少なくネガサ株!これ以上は無いと言っていいほどの条件がそろっています。

しいて言えば郵政IPOが終わった直後の銘柄だとさらに初値は飛んだと思われます。


ネオジャパン(3921)初値予想と業績推移 
↑クリックで拡大します      タイアップで1.5万円GET可能⇒ シストレ24公式へ


ネオジャパンIPO評判と実績 キムさんタイアップ_0529
↑クリックで拡大します         ⇒ マネックス証券のIPOは平等抽選


desknet’s NEOが主力製品で、グループウェア及びその関連製品をインターネット
経由で提供するサービスを行っている企業です(クラウド事業)
販売先は中規模・小規模ユーザーを対象としており、販売については広告宣伝や
セミナーの開催を契機とする自社販売に加えて、販売代理店及びASP事業者を通じて
販売しています。


プロダクト事業ではグループウエアや関連製品をライセンスを販売しています。
中規模・小規模ユーザーに対してはスモールライセンス、大規模・中規模ユーザー
に対してはエンタープライズライセンスを販売しています。
取引先大手はダイワボウ情報システム、ソフトバンクコマース&サービスなどになります。
参考売上構成比クラウドサービス47.2%、プロダクト51.1%、技術開発1.6%




ネオジャパン初値予想7000円!



【幹事配分】
SMBC日興証券198,000株
SBI証券 11,000株
岩井コスモ証券6,600株
いちよし証券 4,400株


【業績等の概要】 平成26年2月1日 至 平成27年1月31日
売上高は1,724,851千円(前年同期比11.1%増)
営業利益は251,142千円(前年同期比23.3%増)
経常利益は265,378千円(前年同期比25.3%増)
当期純利益は172,523千円(前年同期比33.2%増)


【類似企業】
コムチュア(3844)PER14.75倍
サイボウズ(4776)PER-倍


ロックアップは180日間となりロックアップ解除倍率の記載は無いようです。
ベンチャーキャピタルからの出資も無い。
ストックオプション残数は100,600株存在していますが、行使期限を迎えているのは
84,600株になります。
ボリュームは大きくないので需給面で心配になる事はないでしょう。
 ネオジャパン(3921)IPOが新規上場承認記事へ


   



EPS223.72を基にPERを算出すると約13倍となり上値余地はあります。
配当も22円を予定しているようです。
2016年1月期の非連結営業利益が前期比36%予想と好調ですし、とにかく吸収
金額と公開株式が少ないので目をつぶっていても利益が転がり込んでくるでしょうか。
クラウド事業を前面に押す企業で初値需要は高いと言えます。

IPO上場タイミングによっては株価1万円が見えてくる銘柄でしょうか 
※自論なので参考程度にお考えください


ネオジャパンIPO幹事のSBI証券!! ネット証券の中でIPO引受け最多数
SBI証券公式HPへ


① SBI証券のIPO詳細記事はこちらへ
② SBI証券のIPOポイントを貯めておけばいずれIPOに当選します

-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】  
② 入金不要でIPOに参加できる貴重な企業 【岡三オンライン証券】