郵政グループ3社である、日本郵政、かんぽ生命保険、ゆうちょ銀行の
公開価格が大きく割り込まなければその後は上昇相場になるとSBI証券の
相場展開(レポート)に書かれていました。


SBI証券郵政IPO初値予想
↑やや拡大します


問題は外国人投資家への配分が2割なので2800億円分は既存株を売って郵政IPO
を買わなければいけない事です。
さらに国内機関投資家0.5割分の560億円分も入替えされるようですから3360億円
分の株式が売られて郵政IPOの株を買う事にあります。


レポートによるとゆうちょ銀行では予定の5倍以上のブックが積み上がり、
かんぽ生命保険では10倍以上の申込があったと書かれています。
個人も既存株を売って資金を用意された方もいると思いますし、新規資金で
購入・申込された方もいるでしょうか。
口座をお持ちの方はメールで案内が来ていると思います 


来週から発表される日本郵政の倍率なども知りたいところです。
郵政上場まであと7営業日しかありません!!!
グレーマーケット推移のニュースもどこかで出ると一気に広がりさらに盛り上がり
そうな気がしますが、公開価格以上の値段が付いた事以外は出てないようです。



上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!