日本郵政グループIPOが11月に上場する事が発表されました。
まだIPO承認はされていませんが、間違いないでしょう。


日本郵政グループIPO


【日本経済新聞】
日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の郵政グループ3社が、11月に株式を同時上場する見通しになった。東京証券取引所が9月10日にも上場承認する見通しで、上場日は11月4日を軸に調整している。1987年のNTT以来となる大型の新規株式公開(IPO)が実現に向けて動き出す。郵政3社は今秋の株式同時上場を目指し、東証に対して6月末に上場を本申請していた。すでに社長へのヒアリングなどの手続きは終えており、審査は最終段階まで進んでいるもようだ。

東証による審査と並行して、3社がそれぞれ1対30の株式分割を実施するといった準備も進めている。株式を分割することで1株あたりの株価が下がるため、個人投資家にも株式を販売しやすくなる利点がある。上場承認後、郵政3社は海外を含む投資家向けの広報(IR)活動を本格化する。並行して主幹事証券各社が投資家の需要調査を行う。10月中下旬にかけて、まずゆうちょ銀、かんぽ生命の金融2社、続いて日本郵政の順に売り出し価格を決める流れだ。

上場後の時価総額はグループ全体の持ち株会社である日本郵政で7兆~8兆円になるとの試算がある。政府は郵政3社株を売却し、得た資金を復興財源に充てる方針。今回の新規上場時を含めて総額4兆円を充当する。郵政グループは傘下の日本郵便が5月に豪物流大手のトール・ホールディングスを買収した。加えてゆうちょ銀行が三井住友信託銀行、野村ホールディングスの2社と共同で個人向け資産運用会社を設立することを決めるなど、上場後を見据えた成長戦略づくりを進めてきた。

しかし、郵政グループの収益が成長する余地は限られているのが現状だ。本業である郵便・物流事業は赤字が続いている上、グループ収益の約8割を占めるゆうちょ銀行も金利低下で運用収益が減っている。



いよいよ日本郵政グループ3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命)の上場です。
少し調べたんですが、2015年4~6月期の連結決算は前年同比で-11%だった
ようです。(でも2427億円)
ゆうちょ銀行、かんぽ生命の株式の5割は日本郵政が保有し続けるようですが、
足を引っ張るのは日本郵政なんですよね・・・・
株主構成が変わり今後数年でどうなって行くのか楽しみというか心配です。
参考⇒ http://www.nikkei.com/


某証券よりリサーチが行われている事をしばらく前に聞きましたが、
昨日はガリバー○○が自宅に名刺をおいて帰っていました 
間違いないでしょう~ 皆さんの所にも来るのでは??



上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!