メルカリ(4385)IPOの当選を狙う方法を考えてみた。上場による吸収額はオーバーアロットメントを含め約1,067億円となっています。しかし日本でIPO当選を狙うには国内分の株式に目を向けなければなりません。全体の公開株数は40,714,300株ですが、国内募集は18,936,900株となっています。そう考えると当選を狙うには少し頑張らなければならないと感じます。


想定発行価格は2,200円~2,700円の平均価格2,450円ということで、国内分の吸収金額を算出すると約464億円となります。通常であればこの規模だとIPO当選は容易ですが、すでにメディアでも話題となっている銘柄なのでそう簡単には当選できないかもしれません。ちなみに想定価格ベースの時価総額は約3,316億円になります。


時価総額では上場予定の東証マザーズ市場で第1位になる見込みです。ただ、人気になると言われていますが実は赤字企業なので、人気と業績を天秤にかけた申込になりそうです。利益は出そうですが地合いによっては微妙になることも考えられます。とはいえ大和証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券が共同主幹事をする2018年最注目株が公開価格割れを起こすとも考えにくいでしょう。個人的な感想なので参加スタンスはご自分で答えを出してください。


メルカリ(4385)IPOの当選を狙う方法


赤字とはいえ海外への先行投資も含まれていることから悪いことばかりではなさそうです。ただ現実的なところだと平成30年3月第3四半期売上高は約261.5億円、経常利益-19.5億円、当期利益-34.3億円という数字が出ています。上場による調達資金は借入金の返済やオンライン広告やCMなどの広告宣伝費に充てるとあります。


支店に電話してみた感じではブックビルディング前から相当な問い合わせがあるようなことを聞きました。雰囲気的には良い感じなのでこのまま人気があるのであれば資金の限り申し込みをしてもよいと感じています。また、市場の雰囲気がどうも「IPO参加型」に傾いているため簡単に当選するようなことはなさそうな気がします。


それなりに準備をしてIPOの申込みをしないとIPOブログ運営者でも当選できない可能性があるように思います。何度も書いていますが、LINE(3938)の上場の際には失敗して配分無しの結果でしたからメルカリでは失敗はしたくありません。日本唯一ののユニコーン企業としてすでに有名なので上場規模が大きくても複数配分を狙うには少し頑張らないとですね!


メルカリIPOを購入する方法とは?初心者は何をすべきか?

メルカリIPO株を購入する方法は、証券口座を作り抽選に申込むほかありません。自己資金が数百万円から数千万円ある方は店舗に出向いて対面口座を開設しましょう。店舗に電話をして資料請求してもよいかもしれません。こそっと教えますが、〇〇証券の店頭口座に1,200万円入金し手数料を落としてもIPOの配分が無かったのでそんな人も中にはいます。私のケースになりますが、担当者との相性が悪かったのかな?と感じます。


ということで店頭証券(対面口座)を希望する方も多いと思いますが、無難にネット口座から申込をするのもありです。申込み方法としては数で勝負することになります。


項目 株数データ
公募株数 18,159,500株
国内募集4,288,700株 海外募集13,870,800株
売出株数 22,554,800株
国内募集14,648,200株 海外募集7,906,600株
公開株数(合計) 40,714,300株
※国内募集は18,936,900株になります
オーバーアロットメント 2,840,500株
幹事団 大和証券(共同主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(共同主幹事)
カブドットコム証券 ←狙い目かも
SMBC日興証券
みずほ証券
野村證券
マネックス証券 ←完全平等抽選です
SBI証券
岩井コスモ証券
極東証券



メルカリの上場承認データや業績などは下記の記事から確認をお願いします。少し記事が長いですが画像もあるため参考になるかと思います。


メルカリ(4385)IPO新規上場と初値予想記事


※追記
初値予想3,500円~4,000円の事前発表から、初値予想4,000円~4,500円に上振れしています。これはかなり期待できると思うため口座と資金がある限り申し込みをしておいてよいのではないかと考えています。仮条件範囲は2,700円~3,000円となり、公開価格は6月11日に決定します。


メルカリ上場のころには市場が一段高なのか?

メルカリに限ったことではありませんが、昔から注目される銘柄が上場することには不安定な市場が回復していることが良くあります。現在は円安に為替も傾いていることも要因となり、日経平均は回復基調となっています。下記は日経平均6か月の日足になります。


メルカリ上場の株式地合い


メルカリが上場するマザーズ指数を見てみるとまだ回復には至っていないため6月11日ころにはマザーズ指数も大きく反転していると嬉しく思います。JASDAQ指数も似たような動きとなっています。下記はマザーズ指数の6ヶ月の値動きです。


2018年5月マザーズ指数の値動き


日経平均と違いマザーズへの資金流入はまだのようです。
日経平均が回復しても新興市場への資金流入は遅れますが、視点を買えるとメルカリ上場に合わせて換金売りも出てくる可能性もあります。上場までまだ日数があるため今後の市場の動きも気にしたいところです。


メルカリIPOを購入(当選)するにはどうすればいいのか?

メルカリのIPOを購入したい方は多いと思います。2018年最大の上場規模になるため投資初心者も巻き込んだ大相場になる可能性があります。投資初心者がメルカリを購入する方法は、抽選に参加するしか方法がありません。資産があれば店頭口座の開設をお勧めします。


店頭口座とインターネット証券口座を合わせて申込するのもありですが、資金が分散されるため自分の納得できる方法が望ましいでしょう。私の場合は店頭とインターネット口座の両方を使って申込をしたいと考えています。戦略がうまくいくのかどうかは全くわかりません。


共同主幹事の大和証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券からの申込みはしておきたいところですが、ネット申込ではカブドットコム証券とマネックス証券は外せません。今回の期待値はかなりあると思います。


マネックス証券メルカリ募集


マネックス証券は全面的にメルカリ取扱いを露出しているので既に口座を開設されている方も多いことでしょう。IPO抽選方法が引き受けた株数を全て抽選に回すため取引実績が関係ないことが嬉しいですよね。


私の場合は極東証券以外からの申込みを全て行いと思います。極東証券には証券口座がありません。地域限定の対面口座なので熊本に住んでいる私には皆無でしょう。現在のところ500株は最低でも欲しいと考えています。積極的に申し込みをしてもそれほど当選できない気がしているためいつもより多めに申し込みをしたいと思います。


頑張ってマネックス証券でも未成年口座を最近開設しましたからね!また某媒体に嬉しいことが書いてあり初値50%上昇も?と言った内容がありました。マジですか?と思いますが、私は大手予想の発表を待ちたいと思います。上場してみないとわかりませんが、市場はかなり期待しているようです。私も2018年上半期の利益を稼ぐために狙っています。


メルカリ(4385)IPO幹事入りしています! 【完全平等抽選のマネックス証券】
⇒ マネックス証券公式へ