2015年のIPO上場数は100社程度と推測されるようです。
2014年のIPO数は77社で5年連続増となっており、今年も上回る見込みとなります。


2015年IPO数は約100社
ラクト・ジャパンの取扱開始⇒ au カブコム証券  


リーマンショック以前の水準に株価も戻り、相場の勢いは続いています。
また、上場後に赤字転落する企業がいくつか見受けられ東証からの警告なども
あり、新規上場数が減ると思われましたが以前好調に上場申請が行われています。


既に今年は51社の上場が終わっており、上場を待つ企業は8社となっています。
また今から承認される企業も年末に向けて多くなると思われますので、
100社の上場は可能でしょう。
残りのIPOでどれだけ利益を出せるのかが個人的に気になりますが、200万円
程度は何とか確保したいと思います。



日本経済新聞に書かれていましたが、IPOを好む個人投資家は多く、
IPOをしようとする企業も資金確保が出来ているようです。
業種的にはクラウド系やIoTが控えているようですね。
それって、IPO的には大人気の部類なのでどんどん出てきてほしいですね!


ネットマーケティングIPO幹事です!! 幹事多数の実績あり
岩井コスモ証券


※岩井コスモ証券のIPO抽選ルール詳細はこちら



【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2014年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
③ 主幹事もする店頭系ネットでお勧めしている記事へ【SMBC日興証券】



上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!