スマートバリュー(9417)IPOが新規上場承認されました。なんとヘリオス(4593)IPOと上場日が同じとなり、やや勿体ない感があります。主幹事は大和証券で公開株式が少なく340,000株となっています。


スマートバリュー(9417)IPO初値予想


業種:情報・通信業
市場:ジャスダックS
公開予定:06/16
BB期間:06/01~06/05


【事業内容】
当社は、「社会課題をクラウドサービス(注1)で解決する企業」を標榜し、事業を展開しております。当社の事業は、『クラウドソリューション事業』と『モバイル事業』の2つのセグメントに分類されます。クラウドソリューション事業は、地域情報クラウド、クラウドプラットフォーム(注2)、モビリティ・サービス(注3)の3つの分野により構成されます。地域情報クラウドでは、都市型データセンターを基盤とし、自治体及び公的機関等特定業種業務向けSaaSを提供しております。クラウドプラットフォームでは、同データセンターにおいて、IaaS/PaaS等のクラウド基盤のサービスを提供しております。また、モビリティ・サービスでは、当社創業以来の事業である車載分野において、安全運転支援機器の販売をベースにモビリティ・クラウドソリューション(注4)への展開を図っております。

まとめると⇒ 自治体向けクラウドサービス等の提供及び移動体情報通信機器の販売



【資金使途】
手取概算額394,080千円については、「1 新規発行株式」の(注)5に記載の第三者割当増資の手取概算額上限72,449千円と合わせて、以下の投資等に充当する予定

データセンター設備の容量拡大及びサービスレベルの向上を目的として、新たに蓄電池装置、空調管理装置、消火設備装置、セキュリティ監視装置等の設備投資資金として139,000千円を投資する予定であります。
データセンターにおいてクラウドプラットフォームの収益拡大を目的とした、高性能サーバ及びネットワーク機器等の増強等の設備投資資金として50,000千円を投資する予定であります。
クラウドサービス提供目的のソフトウェア開発投資資金として86,000千円を投資する予定であります。
管理会計、顧客管理等の管理機能の強化及び営業進捗管理等の業務効率化を目的とした全社基幹システムの導入に34,000千円及び基幹システムの機能追加・改修に8,000千円を投資する予定であります。
今後の企業規模拡大に備え、即戦力となる中途採用及び積極的な新卒採用を行う上での人材採用費用として64,000千円を充当する予定であります。
残額については、将来の設備投資資金に平成30年6月までに充当する予定であります。



100株単位
公募株数 280,000株
売出株数 60,000株
合計株数 340,000株(3400枚)


想定価格 1,550円 ⇒ 15.5万円必要!
仮条件  1500円~1580円に決定


【幹事団】
大和証券
みずほ証券
岩井コスモ証券
エース証券
マネックス証券


          



■ スマートバリューIPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出し51,000株
想定発行価格1550円にを基に吸収金額を算出すると約5.3億円となり
オーバーアロットメントを含めて算出すると約6.1億円です。
上場規模が小さく全力参加でよいと思われますが、OA含め3910枚しかありません。

スマートバリュー(9417)IPO分析
↑クリックで拡大します  


スマートバリュー新規上場承認
↑クリックで拡大します


売上げは横ばいで経常利益は増益、しかし当期利益は微妙です。
事業はクラウドソリューション事業とモバイル事業に分かれており売上げ構成は
第67期比較でクラウドソリューション事業32.9%、モバイル事業67.1%となっています。
クラウドS事業では自治体及び公的機関、法人へのサービス提供を行っており、
モバイル事業ではドコモショップの運営も行っているようです。


会社設立は1947年6月と中々の老舗系の企業となりますが、事業の切欠は
堺バッテリー工業所を1928年に創業した事に始まります。
NTTドコモ(ドコモショップ)事業も元々は指定代理店を1990年に始めているようです。
企業の信頼度は高いと思われます。
本社は大阪府大阪市西区靭本町で、社長は渋谷順氏となり51歳(株式保有率38.48%)
従業員数は223人で平均年齢は31歳、平均勤続年数は4年で平均年間給与は396万円
となっています。
平成24年に大きなグループ編成が行われており上場準備に入っている感があります。


スマートバリュー(9417)IPO ベンチャーキャピタル株主
↑クリックで拡大します


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人である渋谷一正及び渋谷順並びに当社の株主である株式会社SDVは、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日(当日を含む)後90日目(平成27年9月13日)までの期間(以下、「ロックアップ期間」という。)、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し、グリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること及び売却価格が本募集等における発行価格または売出価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う株式会社東京証券取引所取引での売却等を除く。)を行わない旨を合意しております。



ロックアップは90日間でロックアップ解除は1.5倍となります。
ベンチャーキャピタルはいませんので株主構成的には妙味ありですが、配当などは
今のところありません(優待もありません)
ヘリオスIPOと同日上場ではありますが、スマートバリューIPOは公募価格を上回って
初値が付くと予想します。詳細は考察記事で書きます!


スマートバリューIPO幹事です!! 完全抽選で私も多数GET
マネックス証券

※マネックス証券の当選履歴などはこちらで確認
※マネックス証券で端株を貰いながらIPO口座として利用する方法はこちら

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額50万円強でソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!