Aiming(3911)初値予想とIPO分析記事になります(エイミング)
野村主幹事案件のIPOでゲーム系の企業となります。
想定価格よりも仮条件上限が上がっており主幹事的な勢いがやや感じられる案件です。


Aiming(3911)初値予想とIPO分析記事


業種:情報・通信業
市場:東証マザーズ
公開予定:03/25
BB期間:03/09~03/13


100株単位
公募株数 2,400,000株
売出株数 3,200,000株
合計株数 5,600,000株(56000枚)
※オーバーアロットメントによる売出し840,000株


想定価格 900円 ⇒ 9万円必要!
仮条件  900円~920円に決定


【幹事団】
野村證券(主幹事)
SMBC日興証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
高木証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
※au カブコム証券委託販売あり

      




仮条件は想定発行価格よりも20円のアップとなっています。
これに伴い吸収金額も約51.5億円となり、オーバーアロッオメントを含めると約59.3億円
となります。マザーズにしては大きな吸収金額となります。


Aiming(3911)初値予想と評判
↑クリックで拡大します


スマートフォン向けのオンラインゲーム事業を主力としている企業で、
オンラインゲーム自体は無料で提供されていますが、一部のアイテムや有料機能を
利用する際に課金が必要となる部分を収入としています。また保有するゲームライセンス
を他の配信事業者に提供する事で利用料収入を得ています。他には運営受託サービス
などの収入が発生するゲームも保有しています。


Aiming(エイミング)の特徴としては、主にネットワークを通じて複数人で遊ぶオンライン
ゲームを開発・配信しており、中でも高度な通信技術が必要なMMO ジャンルのゲームの
開発を積極的に進めています。


【MMOとは?】
Massively Multiplayer Onlineの略で、日本語では、「大規模多人数同時接続型(ゲーム)」などと表され、ゲーム内の仮想世界に、現実世界の何百人・何千人のユーザーがリアルタイムで集まってプレイする種類の大規模なゲーム



代表作は「剣と魔法のログレスいにしえの女神」で、520万ダウンロードを超える人気と
なっており、100万通りを超える多彩な装備の組み合わせや、スマートフォンならではのチャット
やキャラクターの動作によるコミュニケーションを楽しみながら、簡単なタッチ操作で本格バトル
が可能のようです。
「Lord of Knights」470万ダウンロードを記録
「VALIANT LEGION」190万ダウンロードを記録などあり


経常利益が大幅増益見込みとなっており期待したいIPOです。
株数も多く当選出来そうな銘柄ですが、株主構成などに多少問題があり初値的には
あまり伸びなさそうです。
ただ1枚当たりの単価は920円となる見込みで個人投資家も手掛けやすい価格
となっています。悩ましいですね。

Aiming初値予想予想970円



【幹事配分】
野村證券  4,760,000株
SMBC日興証券280,000株
みずほ証券   168,000株
三菱UFJMS証券168,000株
SBI証券   112,000株
高木証券   56,000株
岩井コスモ証券28,000株
マネックス証券28,000株
>※au カブコム証券委託あり


【業績等の概要】
連結業績における売上高2,626百万円(前年同期比66.4%増)
営業損失278百万円(前年同期は営業損失626百万円)
経常損失283百万円(前年同期は経常損失632百万円)
当期純損失210百万円(前年同期は当期純損失641百万円)
※平成25年1月1日~平成25年12月31日 第3期連結会計年度データ

当第3四半期連結累計期間の連結業績における売上高は4,079百万円、営業利益は91百万円
経常利益は81百万円となり、四半期純利益は74百万円
※平成26年1月1日~平成26年9月30日


【類似企業】
カヤック(3904)PER71.88
オルトプラス(3672)PER192.4倍
ドリコム(3793)PER-倍


ロックアップは90日間となりロックアップ解除は1.5倍となります。
ストックオプションも存在しており、上場直後に行使可能な株があり注意が必要です。
ベンチャーキャピタル保有が多い案件となっておりIPO的には微妙です。
ただスマートフォンゲーム企業として有名なだけに初値は公開価格を超えてくると思います。
 Aiming(3911)IPOが新規上場承認記事へ


PERを算出してみると約25倍となり、他社と比較した場合にPER的な魅力はあります。
筆頭株主のジャコフ系ファンド所有は28.28%もあり、第3位のインキュベイトファンドは
16.84%です。合わせると株式総数の45%以上にもなりす。
なかなか酷いですが、それなりの注目もあり上場日の需給は見ものかもしれません。
という事で、私は程々に参加させて頂きます。

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!