店頭証券とネット証券ではどちらがIPOに当選しやすいと思いますか?と、たまに聞かれますが、資金力があれば断然店頭証券口座が良いです。資金力や営業電話が面倒だったらネット口座をお勧め致します。また手数料をたまに落とさないとIPOの配分はない傾向にあります。


IPOと資金力


店頭口座でIPOの申込をしても普通は中々当選する事は出来ません。
店頭口座で勝負するという事は、どれだけ手数料を落すことができるか、又は担当者とのやり取りがポイントになります。
しかし、担当者の思惑にはまる顧客も多く一概にこうすればよいとも言いにくいのです。


私が担当者とのやり取りでチャレンジした事は月に20万円程度の手数料を無理やり落とした後に優良IPOを頂いた事も過去にはありますが、私ごときでは割にありません。
この時は貰えましたが、貰えない方も多くいる事を知りやめました。


IPOを店頭で貰うなら口座開設時が一番貰えるタイミングですが、最近ではあまり貰えない
ようです。IPO狙いの顧客が増えたのが原因でしょうか。
資金的に言えば1000万は欲しいところです。3000万円程度あればそこそこお付き合いも
出来ますが、私なら手広くネット口座を酷使して参加した方がストレスも無く良いと思います。
リアルに50万円程度でも当選する方もいますので運に影響される部分もありますよね~


でもね。
まだ一発屋でよければ「はったり口座開設」などをされる方もいらっしゃいますので、
そこ数十万の利益であれば、担当者次第で通用するときもあるみたいですよ!!!
私はみずほ証券、三菱UFJMS、だけの店頭口座です。
大和は以前店頭でしたが、営業に負けてネット口座へ(汗)
野村は相変わらず店頭から営業がありますが、ネット口座維持です。
SMBC日興証券は投信パンフが良く届きますが、ネット口座のままですね。


中堅で店頭口座になるとあまり良い噂は聞きませんので、積極的口座開設は良くないのかも?
ともあれ資金力により店頭口座は使えますので、お金がある方は使ってみるとよいでしょう。
資金力が無い方は少し頭を使ってみましょう♪


毎年IPOに当選している証券会社なので大事です! 【私はネット口座だけで当選しています】
⇒ SMBC日興証券公式サイト

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!