ヒューマンウェブ(3224)初値予想とIPO分析記事になります。
私は牡蠣(カキ)が食べれないので店舗に行く機会もないでしょうが、IPOには申込みます 
地味に売上は伸びています。


ヒューマンウェブ(3224)初値予想とIPO分析記事


業種:小売業
市場:東証マザーズ
公開予定:03/19
BB期間:03/04~03/10


100株単位
公募株数 200,000株
売出株数 182,300株
合計株数 382,300株(3823枚)
※オーバーアロットメントによる売出し57,300株


想定価格 1700円 ⇒ 17万円必要!
仮条件  1700円~1800円に決定しました


【幹事団】
SMBC日興証券(主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBCフレンド
岡三証券
藍澤證券
SBI証券
マネックス証券

※「岡三オンライン証券」と「au カブコム証券」が裏幹事です


          




仮条件は100円のアップとなり上限が1800円となります。
これに伴う吸収金額は約6.88億円となり、オーバーアロットメントを含めると
約7.91億円となります。
初値が付いた後は微妙な展開が待っていそうな銘柄ですね(個人的に)


ヒューマンウェブ(3224)の初値予想 売上利益
↑クリックで拡大します    12,000円と食べ物貰える⇒ ヒロセ通商公式へ


国内最大級のオイスターバーチェーンを東京を中心とした首都圏で展開中の企業です。
主に百貨店や商業施設を中心に「ガンボ&オイスターバー」をはじめとする複数の当社ブランド
による飲食店舗の運営を行っており、10のブランドと28店舗のオイスターバーを運営
しています。さらに卸売り事業を展開。


直営店では顧客のリピートを狙ったオイスター・ピース・クラブという会員制度を導入しており、
会員数は30万人を突破しています。
「利用料金の5%をポイント還元」「誕生月にワインをプレゼント」「お得情報のメール配信」
などが行われるようです。


卸売り事業では、紫外線で殺菌した海水を用いた浄化施設及び海洋深層水を利用した浄化
施設を保有しており、自社基準は厚生労働省の指定する基準よりも厳しく規定しているとあります。
2014年3月期の売上高構成比は、直営店舗事業92.7%、卸売り事業7.3%



ヒューマンウェブ初値予想2800円



【幹事配分】
SMBC日興証券336,700株
三菱UFJモルガン・スタンレー証券15,200株
SMBCフレンド11,400株
岡三証券 7,600株
藍澤證券 3,800株
SBI証券  3,800株
マネックス証券3,800株

※岡三オンライン証券とau カブコム証券が裏幹事ですが裏幹事です


【業績等の概要】
売上高は3,164,183千円(前連結会計年度比18.2%増)
営業利益222,843千円(同21.6%増)
経常利益216,631千円(同21.3%増)
当期純利益153,969千円(同21.0%減)


【類似企業】
東京一番フーズ(3067)PER22.01倍
関門海(3372)PER21.54倍


ロックアップは90日間と180日間です。
ベンチャーキャピタルは1.5倍の2700円売却可能もしくは90日間ロックなのでこの辺りの
価格がポイントとなりそうです(公開価格1800円を基に)
株式総数に対して23%程度がVC保有となっています。
ストックオプションの未行使残高もかなりありその殆どが行使可能となっています。
ヒューマンウェブ(3224)IPO新規上場承認記事へ


PERを算出してみると約13.6倍となり多少の上値余地はあるのかもしれません。
増益見込みで新たな事業展開も控えているようなので、さらなる利益追求となるか?
飲食業ですが新鮮味がある業態なので多少人気になるのかもしれません。
その前にIPOに当選しないと意味がありませんね 
優待などが出れば人気になりそうですが私はカキが駄目なので・・・・
配当はありません。

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!