ショーケース・ティービー(3909)初値予想とIPO分析記事になります。
吸収金額が少ないのでここも初値は飛ぶと思います。
初値2倍は確定でしょうか?大手予想も良好ですからね。


ショーケース・ティービー初値予想


業種:情報・通信業
市場:東証マザーズ
公開予定:03/19
BB期間:03/02~03/06


100株単位
公募株数 150,000株
売出株数 150,000株
合計株数 300,000株(3000枚)
※オーバーアロットメントによる売出し45,000株


想定価格 1680円 
仮条件  1680円~1800円に決定しました


【幹事団】
野村證券
SBI証券
みずほ証券
SMBC日興証券
東海東京証券
エース証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
高木証券


           




想定発行価格が仮条件下限となり上限は1800円となります(120円のアップ)
仮条件上限1800円に伴う吸収金額は約5.4億円となり、オーバーアロットメントを
含めて計算すると約6.2億円となります。


ショーケース・ティービーの初値予想とIPO分析記事
↑クリックで拡大します   トラリピFXで楽天スーパーポイント最大95,000ポイント分!



ショーケース・ティービーIPO販売実績
      IPO口座開設で書籍GET⇒ 岡三オンライン証券



事業はeマーケティング事業とWebソリューション事業に分かれており。売上の8割程度
はeマーケティング事業となっています。
eマーケティング事業とは、コンバージョン率アップ(成約率アップ)を支援する事業で
入力フォームの最適化サービス、サイト内誘導最適化サービス、スマートフォンやスマート
デバイスの最適化サービスなどを行っています。国内特許取得をしているサービスや海外
特許を取得しているサービスもあります。
※コア技術に関しては国内・海外で7つの特許を取得


平成26年12月発表では、インターネット通販業界、金融業界、人材サービス業界、不動産業界
などの企業にサービスを提供しており、その数は累計5,000アカウントに達しているそうです。
また独自の開発ツールを用いており、売上・利益共に拡大傾向となります。


Webソリューション事業では自社のECサイトを運営しており、eマーケティング事業で
販売をしている自社のクラウド型ソフトウエアを使いこなし、そのノウハウを蓄積し、
主軸であるeマーケティング事業にフィードバックを行い、その運用実績を活用し他の
ECサイトへのセールスや利用向上に結びつけています。
安定的な利益が見込めそうですね。





ショーケース・ティービー初値予想4000円



【幹事配分】
野村證券  255,000株
SBI証券   15,000株
みずほ証券  9,000株
SMBC日興証券6,000株
東海東京証券  3,000株
エース証券   3,000株
岩井コスモ証券 3,000株
マネックス証券 3,000株  
高木証券    3,000株


【業績等の概要】
売上高887,806千円(前期比23.5%増)
営業利益219,863千円(前期比63.9%増)
経常利益220,874千円(前期比67.0%増)
当期純利益139,579千円(前期比75.0%増)


【類似企業】
フリークアウト(6094)PER74倍
サイジニア(6031)PER235.19倍


ロックアップは90日間で、ロックアップ解除は1.5倍となります。
ベンチャーキャピタル保有分はロックアップ対象なので解除されない限りは問題ないです。
ストックオプション未行使残は上場時から行使可能分があります。
⇒ ショーケース・ティービー(3909)IPO新規上場承認記事へ

 

PERを算出すると約16.77倍となります(EPS107.29)
配当金はありませんし、優待もありません。
時価総額は上場時で約31億円程度となります(1800円算出)
IPOブロガーの中に当選者は出るのだろうか?と個人的に思っています。
毎回思いますが、当選する人は奇跡みたいな当選確率でも当選するもんなんですよね。
その為にはIPOに申込していなければ当選はできません 


ショーケース・ティービー副幹事のSBI証券!! ネット証券の中でIPO引受け最多数
SBI証券公式HPへ


① SBI証券のIPO詳細記事はこちらへ
② SBI証券のIPOポイントを貯めておけばいずれIPOに当選します

-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】  
② 安藤証券のIPO取扱いが始まって超穴場口座だったりする
③ 主幹事もする店頭系ネットでお勧めしている記事へ【SMBC日興証券】