ヒューマンウェブ(3224)IPOが新規上場承認されました。ネーミング的に予想外のIPOでした(笑)これはあまり人気が無いと思いましたが、公開株は少なめなので取りに行きたいと思います。飲食業だろうがなんだろうが、取れるIPOを取らないとまだIPOに当選できていないのでやばいです。


ヒューマンウェブ(3224)


業種:小売業
市場:東証マザーズ
公開予定:03/19
BB期間:03/04~03/10


【事業内容】
当社グループ(当社及び当社の子会社)は、当社、100%出資子会社の株式会社日本かきセンター及び株式会社中尾水産テクノロジーの3社で構成され、「オイスターの未来を創り、食文化の進歩発展に貢献する」という企業理念の下で、牡蠣を主体とするレストラン(オイスターバー)を経営する直営店舗事業と、安全性の高い牡蠣の生産研究、産地の開拓、牡蠣の安定供給を目的として、牡蠣の卸売事業を展開しております。 (~省略~)また、身入りが充実して加熱しても身が縮まず、死骸ロスが少ない高品質な牡蠣の生産を目的として、連結子会社である株式会社中尾水産テクノロジーで牡蠣種苗生産を開始するなど、当社グループは、牡蠣の生産から販売まで一気通貫で手掛ける体制の構築を目指しております。

まとめると⇒ 牡蠣を主体とするレストラン(オイスターバー)の直営店舗経営及び牡蠣の卸売事業




【資金使途】
手取概算額301,800千円及び「1 新規発行株式」の(注)3に記載の第三者割当増資の手取概算額上限89,303千円については、直営店舗事業における新規出店予定店舗の内装設備費等の支払の一部に使用する予定であり、その内訳は平成28年3月期に324,000千円を、残額は平成29年3月期に充当する予定であります。上記新規出店予定店舗の内装設備費等として充当する設備投資の具体的内容は、以下の通りであります。
なお、上記調達資金は、具体的な充当時期までは安全性の高い金融商品等で運用する方針であります。




100株単位
公募株数 200,000株
売出株数 182,300株
合計株数 382,300株(3823枚)


想定価格 1700円 ⇒ 17万円必要!
仮条件  1700円~1800円に決定


【幹事団】
SMBC日興証券(主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBCフレンド
岡三証券
藍澤證券
SBI証券
マネックス証券


■ヒューマンウェブIPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出し57,300株
想定発行価格1700円に基づく吸収金額は約6.5億円となります。
オーバーアロットメントを含めて算出すると約7.5億円です。
現在のところ3月19日上場分が3社ありますが私は全力で行きます!!!
ヒューマンウェブHP⇒ 世界最大のオイスターバーカンパニーだって


ヒューマンウェブ(3224)IPO 売上と利益
↑クリックで拡大します


売上・利益共に上げていますが、横ばいと言ってもよいかもしれません。
利益が一気に拡大する業種ではないため売上が伸びていればよいのかも知れません。
赤字にはなっていませんがやや危険な時あったようです。


会社設立は2000年4月で、東京都中央区日本橋茅場町に事務所を構えます。
社長は吉田秀則氏となり、47歳となります。
従業員数は88名を抱え、平均年齢は36歳です(連結では98名を抱えています)
平均勤続年数は4.1年となり平均年間給与は439万円となっています。
また臨時従業員数が243名と多いようです。


ヒューマンウェブ ロックアップ状況とベンチャーキャピタル状況
↑クリックで拡大します


【ロックアップの状況】
本募集及び引受人の買取引受による売出しに関し、売出人かつストック・オプション保有者である当社代表取締役吉田秀則、当社株主かつ当社役員かつストック・オプション保有者である森田博全、渡邊一博、柴田和彦、津久井研悟、松倉弘幸及び松本好正、当社子会社役員かつストック・オプション保有者である柏木伸介及び鷲足恭子、貸株人かつ株主である株式会社グッドフィールド並びに当社株主である小林敏雄及び有限会社ティーズ・キャピタルは、SMBC日興証券株式会社(主幹事会社)に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して180日目の平成27年9月14日(月)までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含む。)の売却等を行わない旨を約束しております。
売出人かつ株主である三菱UFJキャピタル3号投資事業有限責任組合、西武しんきんキャピタル商店街ファンド1号地域商業育成投資事業有限責任組合、ニッセイ・キャピタル4号投資事業有限責任組合及びSB・安田外食育成1号投資事業有限責任組合並びに当社株主であるHWO1号投資事業組合は、主幹事会社に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出し係る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して90日目の平成27年6月16日(火)までの期間、主幹事の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式の売却等(ただし、その売却価格が募集における発行価格又は売出しにおける売出価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く)を行わない旨を約束しております。



ロックアップは90日間と180日間に分かれています。
またベンチャーキャピタル企業は1.5倍でロックアップの解除となっています。
内部保留が充実していないので創業以来配当を行っていないとの事です。
株主優待についても行っていません。
個人的には頼むからIPOに当選したいと妄想していますが、もうどれでもよいです(笑)
公募割れだけ引かなければ良いです!