今村証券(7175)初値予想とIPO分析記事になります。
個人的に攻めてみたいと思っていた案件ですが、なんか人気ないみたいです 
みずほ店頭だと取れそうな気がしたんですが・・・


今村証券IPO 初値分析


業種:証券・商品先物業
市場:ジャスダックS
公開予定:12/17
BB期間:12/01~12/05


100株単位
公募株数 500,000株
売出株数 0株
合計株数 500,000株(5000枚)
※オーバーアロットメントによる売出し75,000株


想定価格 1300円 ⇒ 13万円必要!
仮条件  1150円~1350円決定しました


【幹事団】
みずほ証券
東海東京証券
岡三証券
マネックス証券  ←当サイト特典あり
香川証券


       




仮条件幅が下限方向に下げられましたが、上限方向には50円上がった格好です。
吸収金額を1350円で算出するとオーバーアロットメント込みで約7.76億円と小粒
ではあります。公募割れはしないと思われますが、初値も飛ばないようですね。
類似企業と思われる丸八証券や高木証券、水戸証券なども公開価格から下落しています。
上場時期が違いますので関連性は何処まであるのか微妙ですが・・・


今村証券IPO評判
↑クリックで拡大します


今村証券のような対面取引証券は不人気だと聞きました。
日程を見てみるとフルッタフルッタ竹本容器と重なります。
ただ日本PCでさえ上に行ったので少しくらいなら参加してもいいかな~と考えます。
そもそも当選出来るのかも微妙ではありますが(汗)


今村証券 営業収益と受入手数料等
↑拡大します(手数料収入等)


今村証券は北陸の地場証券最大手と言われているようです。
株式売買の委託手数料と、EB(他社株転換社債)や投資信託の募集が収益の柱となって
おり地域密着型の対面営業型証券となります。
インターネット証券には出来ない事を対面営業で補っていく方針を今後も続けるそうです。
5年で15000人の新規顧客獲得とありますが、ネット証券と比較してはダメなのかもしれませんね。

今村証券IPO初値予想1500円



【幹事配分】
みずほ証券  475,000株
東海東京証券10,000株
岡三証券   5,000株 
マネックス証券5,000株
香川証券   5,000株


【業績等の概要】
営業収益は、40億9百万円(前年同期比61.9%増)
純営業収益は39億94百万円(前年同期比62.4%増)
経常利益は15億75百万円(前年同期比237.5%増)
当期純利益は8億52百万円(前年同期比211.2%増)


ロックアップは90日間となり倍率記載なし。
配当は7.5円ですが出るようです。
ベンチャーキャピタルもありませんし、ストックオプションの該当事項もありません。
詳細⇒ 今村証券(7175)IPOがJQスタンダードに新規上場承認記事へ

 

PERは仮条件上限で算出すると約6.69倍となり控えめに設定されています。
それだけ人気が無いのか?と疑問を持ちますよね・・・
減益見込みなので織り込み済みなのかもしれませね。






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事